トップページ | 2007年12月 »

2007年10月

どうしちゃったの?てれ玉

忙しくて見れなかった録画したアニメの新番組をみてたら
何か”世界びっくり映像”みたいな番組が・・・。
あれれ?!間違えちゃったかな?と録画時間と番組表を
確認してもやっぱり「こどものじかん」に間違いないし。

何があったのかと早速ホームページを見ると、てれ玉での
放送中止の文字が。 ( ̄▽ ̄;)!!

原作を知らないので良く分からないけどちょっとロリエロ萌えな
ところもあるらしいけど公式ブログを見ると中止の原因は、例の
斧事件だそうです。

ちょいロリエロでも斧とは関係ない内容だし、放送OKの
許可をだしておいて、いまさら中止だなんて。

この番組も不可解な中止だけど、先日同じように打ち切りに
なった「ひぐらしのなく頃に 解」は中止でも「アイドルマスター」
の斧振り回し少女はOK。
放送局側の倫理基準っていったいどうなってるんでしょう?

麻生太郎氏が内閣総理大臣になってたら?とちょっと
思ったりしてwww
そういえばテレビで”2ちゃんねる”で書き込みもしてるという
発言にはビックリw

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ひぐらしのなく頃に解」の放送中止

結局「てれ玉」でも「ひぐらしのなく頃に解」の放送中止が
決まってしまいました・・・。(ノ_・。)

理由は今更言うまでもなく斧を使った事件がアニメや
ゲームが影響されてるとかいう、この手の残虐事件等が
おこるとマスコミ等がいつものようにアニメなどを批判する
常套手段ですが、最近では「スクールデイズ」まあこれは
普通に放送出来ないでしょという内容みたいなので
なんともいえませんが「ひぐらし解」レベルで中止なら
前作の方が残虐だと思うし、この「ひぐらし解」は
おおげざに言えば”皆で仲間の為、正義の為、力を
合わせて未来に向かって進もう!”ってテーマがあり
この内容には見向きもしないで殺人の場面があるから
”悪”と決め付けるのは毎度のことながら疑問を感じ
ます。
結局、アニメなどは一般の方はなかなか見ないし
特に深夜となればなおさら見る機会は無いですから
残虐な場面だけ見せて”ここがこの殺人と似てる”とか
報道しても非難されにくいメディアということでしょうか?

これをダメというなら例えば、鈍器で殴るという
事件があったとしたら夜の9時ごろからやる
おきまりのサスペンスで鈍器で殴る場面がでたら
これも放送できないはずなのにこれはOKだし、
それよりニュースやワイドショーで繰り返し騒ぎ
立てるほうがよっぽど、模倣犯を生み出す土壌に
なりそうな気がするんですがね。^^;

アニメ、しかも深夜放送という一部のオタクなコア層を
ターゲットをした番組なら放送中止にしてもCMの金額的
損失も少ないだろうし(もしかしてこれが話題で逆に
DVDが売れる??w) そういった中止にしやすい大人の
事情とかもあるのかもしれませんね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年12月 »