« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年1月

日経に「らき☆すた」が

25日の金曜日の日本経済新聞に「らき☆すた」町おこしで
萌え効果で沸いているとの記事が埼玉版に載ってますw

まあ、いまさらテレビ等で報道されてるので驚くことでは
ないですが、地方版とはいえ日経の記事になるとはね。

この萌え特需がこれからも続くとは考えにくいですが
これだけ、普通のメディアに掲載されると、町おこしを
考えてる地方の市町村は、漫画家さんやアニメ製作会社に
「ぜひ我が町をモデルに」なんて交渉がありそうですw

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロザリオとバンパイア

「ロザリオとバンパイア」が先日から、てれ玉でも放送が
始まりましたが、もともと原作は今は無き月刊少年
ジャンプで連載開始された訳ですが(いまはジャンプ
スクエアで第二部が連載中)連載当初から注目してた
作品で好きなマンガはいっぱいありアニメ化されたケースも
たくさんありますが、その中でも”絶対アニメ化になる”と
確信に近いものがあり、連載開始当初から友人には
「アニメに絶対なるから注目しておいて」と話したもの
ですが、聴いては無いですがドラマCDとなり、やっと
念願のアニメが始まりました。(^^)

といいつつ、ちょっと不安だったのが「赤夜萌香」役の
水樹奈々・・・^^;
「みなみけ」の南冬馬とか声の幅は広くなったとは言え
萌香のキャラに合うのかなぁってドラマCDでキャストが
決まったときから疑問に思ってたのですが、正直いって
可愛すぎというのが第一印象w

もう少し、大人っぽい声でも良かったような気もしますが
それでもバンパイアに覚醒した時の声なんかは逆に
ぴったりで良い感じ。
もしかしたら、このギャップを演出するためにあえて
可愛い声にしてるのかも。
とか言いつつも、あと1、2回も見れば違和感なしで
見てるんでしょうけどw

何話放送するのか分かりませんが、1話を見る限り
原作に近いので第一部までやるのかな??
とにかく、出だしは良い感じなので楽しみです。

それにしてもローアングルが多すぎですがwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷲宮神社で初詣

あけましておめでとうございます。
去年の秋頃から始めたブログですがこれからも
だらだらと更新していきたいと思いますw

鷲宮神社へ初詣に行ってきました~。
本当は大晦日にでもと考えもしましたが、大混雑必死なので
ちょっと弱気に昨日の3日に。^^;

神社近くにある町役場が臨時駐車場になっていて、ここから
ちょっと(15分ぐらいかな?)歩いて神社まで行くような感じに
なります。

すると、どうみても普通の初詣客とは異彩のオーラを
放つ同業者の集団たちがやっぱりいますwww

神社に向かう途中、鷲宮商工会館 の看板には「らき☆すた」で
町おこしの記事を書いてある新聞のコピーやポストカード販売
店のポスターが貼ってあったりと知ってる人には勿論、知らない
人にも宣伝しようとしてるのか商魂たくましくって良い感じですw

Photo

そんなこんなで神社に到着すると・・・

何?!この人の多さ!!!
しかもコスプレしてる人も並んでるしwww

由緒ある神社ですし、ずっと前に普通に?ここに
初詣に来ている友人から初詣は混むよと聞かされて
いたし「らき☆すた」巡礼初詣で予想はしていましたが
並んでから約1時間も初詣にかかるという想像以上に
混んでました。

実際、毎年ここに来ている方たちが自分の近くに並んでまして
「今年はすごく混んでるね」って会話が聞こえてきました。
初詣も終わり、お守りでも買おうと見てたらコスプレの方を
見たのでしょうか?商工会らしき人が話をしていまして
「大晦日は凄かったよ。福岡やら北海道から来ましたって
人たちがいましたよ。」という会話が。

そりゃそうでしょ。
31日までコミケやってたし、ついでに巡礼(逆かな?)は当然の
流れかな。
自分が同じ立場ならきっと、同じだろうしその会話を聞いて
1人で納得。

一躍有名?になった絵馬が掛かってる場所には相変わらず
イラスト入りの絵馬が多数。
一般の参拝者もこれを見て「絵がうまいね」とかの好意的な
会話は聞こえてきても、否定的な声は周りからは聞こえて
こなかったのでそれだけオタク文化も定着してきたので
すかね。

絵馬といえばブランチ&参拝の時は人が多くて撮れなかった
石の絵馬の写真を撮ることが、もう一つの目的だったので
無事達成できました♪

Photo_2

ブランチ&参拝といえば、町役場から神社に来る途中に
あるカメラ屋さんの窓ガラスには巨大な参拝の時の
写真が貼ってました。

興味のある方は巡礼ついでにどうぞw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »