« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

「セキレイ」DVD1巻のあれ

 やっと、「セキレイ」DVD1巻を見ました。

 一部で話題になっている、編集ミスな部分ですが
この情報を知ったあとに、注意しながら見たのに
全然、分かりませんでしたw

 考えてみれば、普通に気が付く程度なら製品版に
なる前に修正するでしょうからねぇ。(^-^;

Photo

2

 これが問題の修正ミスですけど、静止画でも上の
画像は分かりにくいのに、これが動いてたら普通
気が付きませんよ。
 もし、コマ送りとかじゃなく、普通に見て気が付いた
人がいたら、動体視力は超人レベルでしょう。

 あ~っ、イチローならどうかなぁ??
 見せてみたいような気がwww

 

 ちなにみ、知らない人の為に編集ミスの正解は

(上) 結の乳首が浮いている
(下) 左側の体が切れてる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマのブラッディ・マンデイが面白い

 TBS系で放映中のブラッディ・マンデイが面白い。

 正直言って、このマンガがアニメも含めて映像化されると
思ってなかったので、ドラマ化を知ってビックリしましたが
見てみるとこれが、良い感じ。

 原作はまだ連載中で、どのように展開して行くのか気に
なってましたが、基本はドラマオリジナルストーリーですが
ポイントを抑えて、マンガ版のエピソードを使用した展開が
違和感を感じさせない出来で、原作を知らない人はもちろん
知ってる人もハラハラドキドキですね。

 2話目でやっと藤丸の相方の九条音弥が物語りに本格
参戦してきましたが、後半のマヤとの絡みは3巻が元に
なってますが原作では音弥が、その後も度々使用する
例の武器を使うのか来週が気になるとこです。
 使うか使わないかで、音弥の今後の活躍度や展開も
変わってきそうだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクロスFギャラクシーツアーFINAL@パシフィコ横浜

 なんとかチケットを手に入れることが出来て10月13日
行ってきました「マクロスFギャラクシーツアーFINAL」。

 ネタバレがありますが、最後まで覚えきれずタイトルとか
順番が不鮮明でいい加減なところもあると思います。(^-^;

 さて、会場に着くと公式痛車が止まってたので早速、撮影。

Mf1

Mf2

Mf3  

 会場に入るとJOYSOUNDがあって、マクロスのカラオケ
大会が始まっていて、開演前から既に会場内は大盛り
上がり大会で嫌でもテンションは上がっちゃいますw

 このテンションを維持しつつ早速開演し、まずは最終回の
「アナタノオト」のエンディングがスクリーンに映し出され
そして記念すべき第1曲目は「トライアングラー」
 もちろん、May’nちゃん愛ちゃんバージョンなので
わ~たし? それとも わ~たしぃ~?♪」ですよ。

 「トライアングラー」の後、最終回の戦闘シーンに合わせて
2人のメドレーが終わったらMay’nちゃんのソロが続き
ノーザンクロスが終わると会場を指差し、そして・・・

 わたしの歌をきけぇー!!

 もちろん「射手座☆午後九時Don’t be late」ですよ。
 やっぱり、「射手座☆~」はこうじゃなくっちゃね。
 何回やっても「もってっけぇ~♪」「とんでっけぇ~♪」は
気持ちよく、会場も最高潮で、開始早々こんなテンションで
どうなっちゃうんだろ?とちょっとした不安もw

 「射手座☆~」が終わると、今度は愛ちゃんの「アイモ」で
ホッと一息し、ある意味、一番の見せ場でもある「私の彼は
パイロット」を歌いつつ、ルカ、ミシェルのバトロイドそして
アルトのガウォークが映し出され、その手に乗って手の
上がる動きに合わせて、舞台もあがったり歌に合わせて
踊るルカとミシェルのバルキリーが絶妙での面白さは
見た人じゃないと分からないかもね。
 「蒼のエーテル」では、愛ちゃん、色々な事を思い出した
のかちょっと泣いてしまい、声にならないところもあり
こちらもちょっと感動・・・。
 そして「星間飛行」で皆でキラッ!☆
 

 
「射手座☆~」もそうですけど、皆で合わせてやれるのって
一体感があっていいよね?

 2人のソロが終わり再びMay’nちゃんも登場し「アイモ」を
アカペラで愛ちゃんが前半を後半をMay’nちゃんが歌う
ところがあったのですが、May’nちゃんの歌唱力というか
歌い方を聴いていて、「君が代」をアカペラで歌ったら
似合いそうだなぁって何となくおもっちゃいましたw

 最後に「What ’bout my star?@Formo」を歌って終了・・・
ん?違ったかな?(;;;´Д`) 

 で、アンコールはダブルアンコールで1回目はMay’nちゃんの
リクエストによって2人での「星間飛行」で、2人も、みんなを
あおって
キラッ☆
 
さすがに2回目ということもあるだろうし、1回目よりキラッ☆
人口が増えてるみたいw
 折角、この空間にいるのだから楽しまないと損だよね?

 2度目のアンコールは会場中央に意味深に置いてあった
ピアノに座り菅野さんが「SMS小隊の歌」を弾き始めると
みんなで大合唱♪
 続いて、May’nちゃん、愛ちゃんもピアノの前にやってきて
バラードのメドレーで終了。

 時計を見ると8時30分過ぎで、MCもほとんど無く歌のみだし
アンコールを含めても2時間程度の感覚しかなかったので
2時間30分もやってたと知ってビックリ。
 楽しいと、ほんと時間の流れって早いね。

 後は大阪と武道館ですけど、風邪などひかずに無事に
終了することを願って・・・。

 ところでDVDやブルーレイ化はしないのかなぁ?
 というかお願いギアスw

 最後に会場内に飾ってあった色紙とビジョンカーの
写真です。

Photo_3

Photo_2

Mf


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダム00 #01「天使再臨」

 ファーストシーズンのエンディングで伏線を張りまくった
ガンダム00のセカンドシーズンがついに始まりました。

 開始早々、派手な戦闘シーン。
 そしてなりよりMSがカッコいい。
 4年という歳月はあの無骨だったMSのデザインを
こうも変えるのでしょうか?w

00_4  
 
 ラグランジュ4で真面目に働いてたのに何故か先輩の
とばっちりを受け無実の罪で捕まって収容所で過酷な
労働をしてる沙慈。
 このあたり、セカンドシーズンになっても不幸を背負う
キャラなのかなぁ^^;

 そこにアロウズの襲撃。
 そして偶然、調査をしてた刹那に助けられ、刹那が
ガンダムのパイロットだということを知り、ルイスや姉が
ソレスタルビーイングに関わったため不幸になったり
殺されたと迫り刹那の銃を奪い殺そうとする沙慈。
 それを見ていたティエリアは言う「君は現実を知らなすぎる。
自分のいる世界ぐらい自分の目でみたらどうだ?」

 この展開、ソレスタルビーイングに入りそうな気配がする
のですが、襲撃したアロウズにはMSに乗るルイスの姿。
 戦闘中、頭痛にくるしむルイスはリボンズあたりにでも洗脳か
何かされてるっぽいですが・・・。
 なんか怪しげな薬を飲んでるしね。
 沙慈とは敵として再開するのでしょう。(ノ_-。)

002_2   

 そういえば、1期の最後にルイスの前にいたティエリアっぽい
キャラはリボンズの側近のリジェネだったのね。

 そして・・・
 キタ━━━━━y=-(゚∀゚)・∵.━━━━━ン!!
そうか、現れてくれたか。自分が乙女座であった
ことをこれほど嬉しく思ったことは無い。

 
颯爽に、そして怪しげに仮面の男、ついに登場ですよ。

003_2

 すごいセリフw
 乙女座じゃなくて射手座の間違いでは?www

 ともあれ、これで掴みはOKと言う事でしょうかw
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜四重奏 第一話「サクラサク」

 夜桜四重奏(ヨザクラカルテット)は好きなマンガで
アニメ化の噂の頃から楽しみにしてきた作品の一つ
です。

 第一話「サクラサク」は原作と同じサブタイトルで
ストーリー的にも原作とほぼ同じで展開し原作ファンに
とっては安心して見れた第一話じゃなかったかな?と
思いますね。

 アニメは1クール12話の予定で最新刊の5巻の
あとがき漫画に、原作と違う設定や当然、原作は
完結して無いのでオリジナルストーリーとして
展開していくらしいので、アニメはアニメとして
割り切って見て欲しいとのことですが、作画
クオリティ、主要キャストも違和感無い感じで
見ることが出来たので今後が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コードギアスR2 第25話 最終回

 やっと、コードギアスR2 最終回「Re;」を見ました。

 衝撃の結末。
 そして、最後に思わず涙が・・・。

 ダモクレスの鍵を渡せと迫るルルーシュにひたすら
抵抗し、ギアスを使い力によって支配しようとする
兄を軽蔑するナナリーに対し、ダモクレスも同じだと
反論するルルーシュに「ダモクレスは憎しみの象徴
憎しみはここに集めます」と考えるナナリーの言葉に
ナナリー、お前も・・・」と今までためらってたギアスを
かけダモクレスの鍵を奪うルルーシュはきっと、自立した
妹、そして自分の考えと同じだったことに嬉しさを
感じつつも、この役目は自分の仕事、そして未来を
ナナリーに託して、ギアスをかけたのでしょう。

 フレイヤを使い、絶対的な力によって支配し憎しみや
恨みを全て背負ったルルーシュはゼロレクイエムの
最後の仕上げとして、ゼロとなったスザクに討たれ
ゼロ神話を復活。
 これがゼロレクイエムで、本当に死ぬなんて。

 正直、どんなに卑劣でも主人公なのでゼロに
討たれた時もルルーシュは影武者とかでゼロは
ルルーシュだと思ってたし。

 ルルーシュはきっと、世紀の大悪党として名を残すの
でしょうが、ナナリーとカレンには本当の狙いを理解して
くれたのが、せめてもの救いで愛するナナリーに
愛してます。お兄さま・・・」と言われ、安らかに眠る
ルルーシュはきっと満足したことでしょう。

 個人的にはカレンには、ルルーシュとスザクの考えに
早く気が付いて最終回の少しだけでも良いからスザクとの
反則なくらい最強ナイトメアコンビが見たかったのが
残念ですね。
 
 コードギアスは、予測がつかない展開でついつい次週が
気になるけど、特にシャーリーがロロに撃たれ、いまわの際で
ルルーシュに気持ちを打ち明けるシーンとか死人があまりにも
多すぎて見るのが辛いとこもある作品でした。

 結局は、ブリタニア家の大迷惑な親子喧嘩、そして兄弟
喧嘩の物語ですけど。┐(´-`)┌
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »