« 「黒神 The Animation」 第6話『サブの契約者』    | トップページ | 「RIDEBACK-ライドバック」 第6話『電光石火ライド』 »

「鉄腕バーディ DECODE:02」 第6話『A PRISONER OF THE PAST』  

 第6話「A PRISONER OF THE PAST」

 バーディの記憶が消える、それはバーディが死ぬこと。
 バーディを助けるため、バーディの記憶の”旅”マインド
ダイヴをする、つとむ。

 10歳頃の幼いバーディはヴァイオリンと仲良く暮らしていた。
 今日から新しい学校であるオリオテラ幼年学校へ通うことに
なったが、いきなりイジメにあうバーディ。
 だが、それはテロを行うアルタ人への差別が原因であった。
1210    

 学校から帰ると連邦警察研修生の実践トレーニングを行う
バーディ。
 それは強靭な肉体や常人を超える能力を持つイクシオラで
あるが為に、野放しには出来ないと考え政府が監視する為に
警察や軍関係等に就かざるを得ないという。

 その頃、自宅で痛みと戦うナタルは
「バーディ・・・。あと、どれくらい持つのか・・・」

 ある日、アルタ人の男の子が大人の集団にイジメられて
いるのを見かけ助けに入るバーディ。
 その男の子こそ、幼い頃のナタル。
 それを見て驚く、つとむに「知っているのかね?」と尋ねる
メギウスに「地球にいるのです。この人。」
 そして、ためらいながらも「こんな事、僕が話して良いか
分からないけど、この人のお父さんも元イズダルタで脱走犯
達に便宜を図ってたんです。」と答えるのであった。
3_245
689

 ナタルは父であるダスクに、つれて来いと言われバーディを
つれて来ると、知らないものばかりで興味津々のバーディ。
 
 ダスクは、バーディを食事に誘い、やさしく、そして諭すように
 「バーディ?イクシオラの力は何の為にあると思う?
 「えっ?だからその・・・友達を助けたり・・・
 「そうだな・・・しかし、その力に溺れてはいかん。
そして君はイクシオラである意味を見つけなくてはならない。
この世に生まれてきた者には、必ず役割がある・・・。
 私にも、君にも、ナタルにも・・・。
 ただ、それは運命などでは無い。
 自分で見つけられるもんなんだ。
 未来は自分の手で切り開くことが出来る。
自分自身を大切にしろ・・・。未来の為にも・・・分かったね?

 小さく頷くバーディであった。

 他人種のアルタ人への恨みや差別、そしてイクシオラに
対しの差別もかなり根が深そうな感じです。
 説明などありませんが、迫害されてるからこそアルタ人街と
して、逃げて閉鎖的に生きているように見えました。
 これを考えるとアルタ人が見た目が同じな地球にやって
来るのは、ある意味当然のことかもしれません。
 バーディは、その明るさから、すぐに友達になったみたい
ですけどね。

 メギウスに地球にいることがバレれしまったナタルは当然の
ように、捜査の対象になるでしょうから連続殺人犯だと分かる
のは時間の問題でしょう。
 そしてナタルの体ももう、限界に来ているようで・・・。

 ダスクのバーディへの語らいは、何か重大な決意があり、
自分自身にも言い聞かせてるようにも感じます。
 思いつくのがセントラルタワーの爆破テロであり、爆破を
止めさせようと、そして組織を抜けようとする決意と、もし
阻止できずに、爆破テロが起きてしまってからのアルタ人たちに
対しての、待ち受ける運命に対してだったのかもしれません。
 それに負けるなよと・・・。

 それと、疑問なのがダスクはバーディ・シフォンの”シフォン”
という名前でイクシオラと分かりました。
 この”シフォン”はイクシオラのみに、付けられる名前と
いうことなのでしょうかね?

|

« 「黒神 The Animation」 第6話『サブの契約者』    | トップページ | 「RIDEBACK-ライドバック」 第6話『電光石火ライド』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

鉄腕バーディ DECODE:02」カテゴリの記事

コメント

ごめんなさいいつも気をつけているつもりなのですが、TB送信して記事を読ませていただこうとしたところで、誤送信に気付きました。
お手数ですが誤送付TBのほうを削除願います…ごめんなさい。

>アルタ人への恨みや差別
これが相当あるようですね。第2期はじまってからもこれについての描写がありましたけど、これを頭に入れてないとダスクやナタルの気持ちの理解も半減しそうです。
そしてアルタ人が起こしたセントラルタワーテロで、もう決定的になったのでしょうか。

来週でテロ勃発のようなので、期待しましょう(・∀・)ノ
内容は悲劇だと思うのですけどね(´・ω・)

投稿: Chel | 2009年2月15日 (日) 21時01分

 TBではいつもお世話になっております。
 早速、誤送付のTBは削除させていただきます。
 次回は、確かに悲劇な内容には間違いない
でしょうが、2期の最大のポイントとなりそうな
感じですね。

投稿: 七瀬いくな | 2009年2月15日 (日) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222507/44072090

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄腕バーディ DECODE:02」 第6話『A PRISONER OF THE PAST』  :

» 鉄腕バーディー DECODE02 6話 [帝立貴族院図書館~読書日記~]
鉄腕バーディー DECODE02 オフィシャルHP 精神融合を起こし始めたつとむ... [続きを読む]

受信: 2009年2月15日 (日) 19時13分

» 鉄腕バーディー DECODE:02 第6話 「A Prisoner of the Past」 感想 [Little Colors]
鉄腕バーディー DECODE:02 第6話 「A Prisoner of the Past」 今回はバーディーの過去篇の導入部でした。 [続きを読む]

受信: 2009年2月15日 (日) 20時11分

» 鉄腕バーディー DECODE:02 第六話 [ぶろーくん・こんぱす]
 バーディーの精神消滅を防ぐべく、彼女の精神にダイヴしたつとむ。そこで10歳当時 [続きを読む]

受信: 2009年2月15日 (日) 21時32分

» 鉄腕バーディーDECODE:02 第6話「A PRISONER OF THE PAST」 [TALKING SHOP]
バーディーの過去へつとむが迫る。... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 00時38分

» [アニメ]鉄腕バーディー DECODE:02 #06 [Vanishing Point-バニシング・ポイント-]
鉄腕バーディー DECODE:02 公式サイト 『A Prisoner of the Past』 脚本:水上清資 演出:鎌仲史陽 絵コンテ:笹木信作作画監督:石川準 作画監督補佐:名倉智史 亀谷響子 バーディー(千葉紗子)の記憶を辿るつとむ(入野自由)。彼が見たバーディーの過去とは。 ◆イクシ... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 12時36分

» 大人が子供を虐めちゃダメだ!「鉄腕バーディー」 [Animeinmylife3号店]
こんな色っぽい幼女のドラマを見せてくれるのは日本だけ。 そもそも幼女の売春や虐待が日常茶飯事の国では、微妙繊細且つ香り立つ色香を描こうなどという試みなど起こり様もないですからね。 公式ホームページ http://www.birdy-tv.com/ WEBラジオ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 20時22分

« 「黒神 The Animation」 第6話『サブの契約者』    | トップページ | 「RIDEBACK-ライドバック」 第6話『電光石火ライド』 »