« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

「黒神 The Animation」 第8話『緋馬一族』   

 第8話「緋馬一族」

 飛行機で沖縄に向かう慶太たち。
 エクセルが慶太にキスしたことを、思い出して思わず
慶太と腕を組む茜。

 沖縄に到着し慶太の祖父である永嶺隆人の家を訪ね早速
写真を見せるが、死ぬ直前に来た記憶は無いと言う。
 事情を詳しく説明できなくて、悩む慶太の姿を見て「まあ、
無理に話すことは無い。」と色々と察するじいちゃん。
1_223
456      

 翌日、海で茜さんの水着姿の胸を見てクロは「茜さんは
やっぱり胸に無駄な脂肪がついてますねぇ。」と無邪気な
セクハラ発言w
 
3人は久々の休息を楽しみ、じいちゃんの家に帰る途中で
2人組みの元霊神の襲撃が!
 2人はクロたちが霊石を狙う『あいつら』と勘違いし戦いを
仕掛け、クロは素早い2人のコンビネーションに苦戦をしいられ
シンクロしようとした慶太を縄でクビを締め宙吊りに。
 慶太は気が遠くなりながらも思い出すエクセルの言葉。
 「忘れるな・・・。真の危機に陥った時、元神霊を救いえるのは
契約者だけだという事を。」
そして「クローー!!」と叫び、ついに発動するサウザンド。
 危機を脱しシンクロすると形勢逆転し、勝敗は決した。 

 2人は元霊神、カクマとマカナの双子で霊石を代々守ってきた
緋馬一族であり、7年前に”やつら”獅子神一族に霊石を求めて
一族を皆殺しにされ残ったのは2人だけだという。

 霊石とはその地にあるテラを投与し共存均衡を保つものであり
魁音寺グループの目的は霊石を破壊しテラのバランスを崩し
そのテラを使って支配することが目的であった。

 「世界は一度破壊されねばならない。長く続いた共存均衡に
よって、この人間世界は堕落してしまった・・・。我々はこの
世界を破壊し元霊神と選ばれし人間、マスタールートによって
新世界を作らなくてはならないのだ。
」と魁音寺雪に語る黎真。
789
101112      

 蔵木は元神霊の雷牙から慶太の報告を受け
 「伊吹・・・やはりこの地に来たのか。
確かに受け取った。そのまま彼らを追ってくれ。
ああ・・・今はまだ、上の指示通り動いておいて構わない。
 全ては霊石への道筋が開けてからだ・・・。
 伊吹・・・楽しみだよ。君と再会する時が・・・。


 そして、沖縄にクロを追ってきた比瑢は
 「すげぇ・・・。なんていうテラの量だ・・・。
 こりゃ楽しめそうだなぁ、忍・・・


 その頃、里央奈たちに魁音寺グループの本部に案内された
エクセルたちノーブルワンは、そのビルへと向かうのであった。

  

 エクセルに嫉妬したり、泡盛を飲んで酔っ払ってる茜さんに
久々、萌え五つ★★★★★星です。
 それにしても慶太はサブなのに、あんなに、かわいい茜さんに
好かれちゃってもう、十分すぎるほどマスタールートですよw

 クロたちや、緋馬一族の生き残りのカクマたち、そして蔵木や
比瑢と行動を共にする慶太の母親似の七瀬忍と、さまざまな
思惑をもった、人物が沖縄に集結したり、ノーブルワンと黎真の
直接対決が見れるのか、楽しみになってきました。

 黎真が何故、共存均衡を壊そうとしてるか、説得力は無い
ものの、とりあえずは明らかになりましたが、次なる疑問は
蔵木は何故、慶太を監視しているのか?
 マスタールートを作るべく、サブの慶太を監視している感じ
とは違うので別の思惑がありそうですが・・・。
 黎真に今後、反逆し対決の為のキーとなるのか?
   
 それと見逃せないのは、じいちゃんの決めポーズを見ると
中国拳法の崩拳(ぽんけん)っぽく見えたり、動き全体も
拳法の流れを感じますが、琉球空手の使い手みたいですし、
今後トライバルエンドと対決したり、クロに戦い方を教えたり
する事があるのかな?
 じいちゃん、強そうですしw
 

| | コメント (0) | トラックバック (12)

「RIDEBACK-ライドバック」 第7話『罪と×』

 第7話「罪と×」

 GGPと警察により、拷問され殺人犯に仕立てられようと
している堅司は、必死に抵抗するが琳をかばう為に
仕方が無しに自殺を認める。

 珠代は警視正で兄の龍之介に調べてもらい捕まったのは
琳であると確認し、岡倉に、こう質問する。
あなたは何者?」と。
123   

 そして世間ではGGPの思惑通り、賛否両論あるものの
各都市で白ライドの追加配備が決まっていく。
 そして更に彬の拘留延長とGGPへ身柄受け渡しを警察に
要求し、龍之介は抵抗するが・・・。
 
 「私はただ、しょう子を助けて、堅司を助けて、それだけ
だったのに・・・。
 見知らぬ誰かを傷つけてしまった・・・。お母さんだったら
どうしてた?ねぇ・・・踊ってばかりいないで答えてよ。

 と憔悴しきった表情で考える琳であった。
 そして彼女はいつの間にか夢を見ていた・・・
「お前は選ばれたのだ・・・」
「選ばれた?誰に?」
「力を行使するために。」
「誰に?何のために・・・?力って一体・・・」
「戦うため、勝利を勝ち取るため、お前の敵を倒すため。」
 
 車のスクラップ場にやってきた岡倉はコンテナを開けると
尾行してた珠代にフェーゴの鍵を渡し「後の事は頼む。」そして
亡霊を叩き落す。」こう告げて、立ち去る岡倉。
456   

 拘置所からGGPの施設へと輸送される彬だが、その途中
BMAの襲撃により拉致される琳。
 そしてBMAは岡倉のもとに現れ「ゴブリン中尉ですね?」と。
テロリストまでも、なぜライドバック少女にこだわる?
キーファ中尉がお待ちです。ご同行願います。
そうか・・・。尾形は俺を呼ぶ為のスケープゴートか・・・。

 意識を取り戻した琳の元に、近寄ってきたキーファ。
 「あなたは・・・?
 「またあったな。

 岡倉のゴブリン中尉とは、上手いこと言ったものですねw
 その岡倉のGGPとBMAの争奪戦に琳や堅司は結果的に
巻き込まれたという形になるのでしょうか?
 そして、琳はBMAのキーファと再び出会いました。
 琳としてはGGPの強引なやり方に対し、不満があるでしょうし
ライドバックに乗ると後先考えずに暴走してしまう彼女としては
展開的にはBMA側について、GGPと戦う構図になりそうな感じ
です。

 物語での世論はGGPの白ライド導入など強引な所はあるに
しても正義であり、BMAはテロ組織=悪という構図ですが、
実際はGGP(ロマノフ個人)の方が曲者であり、正義はBMAの
方に分がありそうですし、それを日本から排除する事こそが
BMAの大義名分ですからね。
 そして珠代の兄の片岡警視正もロマノフの強引な、やり方に
不満があるようですし、BMAと裏で接触したりして行動したり
するのか?
 珠代も岡倉からフェーゴを託され琳にどうやって、渡すのか
(琳と一緒にBMA入り?)兄妹そろって、今後の行動が気に
なります。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

秋葉原「マクロス超時空進宙式典」イベント日記

 秋葉原で開催された
 マクロス超時空進宙式典」ほんとうに2009年に
なっちゃった・・・2・22だよ デカルチャー!
 イベントに行ってきました。

 秋葉原のイベント会場であるUDXに着いたのは10時
30分頃、既にショッピングモールには予想通り長蛇の列。
 相変わらずマクロス人気は健在ねと思いながら待つ事
約1時間やっと、入ることが出来て無事に購入♪

 そして、次はイベント券を当てる為に、スタンプを集めた
3枚の台紙のうち、既に2枚はハズレで最後の1枚は、
どうせグッズは買いに行くしイベント当日なら、前日まで
当選枚数が少なかったら残りの定員分、大盤振る舞い?
(前日までに沢山、出たら少なくなるけどw)になるはずで
当選確率が上がるかな?という単純な発想から、残して
置いた最後の1枚のクジをひく事に。
 くじ引き会場である「東京アニメセンター」に着くと予測が
当たってるのか?目の前で当選者が!
 当選者の後に引くのも、何となく嫌でちょっと後に運命を
賭けた最後のチャレンジw
 ガラガラ?(くるくる回して玉が出るやつ)を回すと・・・

 いつもの白玉ではなく、出たのは・・・赤玉。
 「やった~~!」と思わず声を出してガッツポーズw
 単純な発想は、見事に当たったのかプロメテウス賞である
「超時空トークショー」入場券を奇跡的にゲット。

 イベントまで、しばらくあるので、会場にある展示物や
ランカとシェリルのコスプレイヤーさんの写真を撮らして
もらったり、公式痛車のラッピング実演を見てるとあっと
いうまに時間になり、いよいよ「超時空トークショー」です。
123

10_21112

☆シェリル・ノームのコスプレの方が ray ya さん。
☆ランカ・リーのコスプレの方が 如月 蓮 さん。


 Aパートは「超時空要塞マクロス」誕生秘話 と言う事で
河森正浩、美樹本晴彦、宮武一喜の登場です。

 実際に2009年を迎えて、携帯電話やお掃除ロボットなど
実現された物もあれば、特に携帯電話の進化は想像以上
だったようで、逆に月や衛星軌道上あたりまで進出してると
思ってたそうです。
 それとアイドルの低年齢化は想像以上だとかw
 あと、製作発表の貴重な映像とか、製作当時の苦労は
河森総監督、美樹本先生ともに大学生で、両立が大変で
時には講義中に仕事をしてて、追い出されたことが度々
あるそうです^^;
 こんなトークが約20分ぐらいで終了し、次は「ど~なる?
マクロスF劇場版」で中村悠一、遠藤綾、中島愛、そして
Aパートに引き続き河森正浩。
 以前あった、マクロスFのDVD発売イベントの時もそう
でしたが、相変わらず河森総監督は、何か言えば劇場版に
取り入れるかもという、適当さw
 会場からは「シェリルをバルキリーに乗せて。」との要望や
遠藤さんや、まめぐからは、シェリルを選んでとかランカじゃ
ダメですか?発言で、中村さんは「Aパート、Bパートの
2本立てでw」とか「ゲーム化」とか言いたい放題。
 そして、なんと劇場版の初歩的PVでランカの新曲「そうだよ」が
流れつつ、劇場版で使われるセリフでの生アフレコがあるなど
大サービスで約30分ぐらいかな?トータル1時間ぐらいで
終了しました。

 その後、入場フリーになり、超時空カラオケ大会で選考に
残った方々のカラオケでしたが、流石に残っただけあって
皆さん上手でした。

 このカラオケが終わり既に午後6時近く・・・。
 出来上がった公式痛車も撮影したし、1日中いたので
疲れてきたので、名残惜しかったですけど、秋葉原を後に
して帰りました。
456
789      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鉄腕バーディ DECODE:02」 第7話『WE WILL MEET AGAIN』  

 第7話「WE WILL MEET AGAIN」

 働きすぎのヴァイオリンを心配するバーディ。
 仲が良い2人は本当の親子のように見えるが、ヴァイオリンは
マリオネットでプログラムで動いてるにすぎず、つとむの見て
いるのは、バーディの理想の姿が夢となっているのであった。

 バーディはスクルツォ教官に連れられてメンテナンス中の
ヴァイオリンを向かえにセントラルタワー内の病院に向かうが
教官これは、ついでと言い、警備や追悼式典の見学が本来の
目的で、武装警察の装備などを見せて回る教官。
123
456      
 
 そんな時、セントラルタワーの南南西に時空の揺らぎが
発生し 「来るぞ、つとむ君」とメギウス。
 その時、あの事件が起こる。
 セントラルタワーのテロ発生である。
 多数の侵入者が入り込み抵抗するが、苦戦する武装警察。

 そしてクリステラ・レビの犯行声明が放送される。

 タワー内部まで侵入され、バーディは1人取り残され、最下層
まで落ちてしまい助けに来たヴァイオリンは多数の帝国時代の
兵器、バーサーカーユニットを、次々と倒すが巨大なボスに
捕らえられ、”壊され”ながらも「バーディ・・・逃げ・・・なさい・・・
バーディ・・・
」と必死に抵抗するも・・・
 ヴァイオリンがやられ切れたバーディはボスを無我夢中で
破壊し、涙を流しながら
違う!違う! あんなのヴァイオリンじゃない!違う!」と。
 力つきて、寝てしまったバーディは、男に抱きかかえられ
助けられる。
 そして、崩壊するセントラルタワー。
789
101112
131415
 
 ベッドで寝てるバーディは夢の中でヴァイオリンの声で
目を覚ますと
 「バーディ・・・
 「つとむ・・・?
 「さっ、帰ろう。
 やさしくバーディに手を差し出した、つとむ。
 そしてバーディは目を覚ました・・・。

 ねえ、つとむ・・・ヴァイオリンはマリオネットだけど自分の
命を懸けて私を守ってくれたよね?

 「そうだね・・・」
 「それが、マシーンのプログラムに従ってのことだったと
しても、私は今でもヴァイオリンが好き・・・。

 「バーディ聞いてもいい?
 いつかバーディが言ってた、もう一度会いたい人って・・・
あの時、助けてくれた・・・?

 「そう・・・もう一度会ってありがとうって言いたいの。
 でも、その前に・・・ありがとう、つとむ。助けてくれて。


 ついに、テロが起こり、本来ならシリアスムードで
BGMも
良く涙なしでは見られないのでしょうが・・・。
 あのBパートの作画崩壊は凄すぎ。
 夢の中だからデフォルメされてるのかな?と思ったりも
しますが、どうなんでしょ?
 多少の崩壊は、作画監督の違い(個性?)とかで、よく
あったりしますが、今回は明らかにそれとは違いますし
間に合わずに線画に色を付けただけとかかな?
 まあ、ここまで開き直ってくれると、清々しく潔くて好き
ですけどねwww
 DVD発売では修正するような気はしますが、どうせなら
これも映像特典として収録希望ですw
 
 物語としては、ナタルとヴァリックが面識があり、フードを
被ったナタルが式典に来て、あたりをキョロキョロと不審な
動きで何やらテロに関わってるような素振り・・・。
 そして、バーディを抱きかかえた人の正体は謎のままで
気になりますがダスクあたりでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (8)

「黒神 The Animation」 第7話『クロの過去』   

 第7話「クロの過去」

 クロたちは、結局一緒に沖縄に行くことになった
茜さんの車で空港に向かう途中にトライバルエンドに
追われる、男女を見かけて心配そうな茜をよそに
安心して見ているクロ。

 逃げるのを諦め、戦う男は、簡単にトライバルエンドを
退け、クロはその男に「揶雲(やくも)」と話しかけると
「あっ~!、姫様!ずっと探してたんです。ご無事でなに
よりです。姫様」と近寄る。
 揶雲はクロと同じ獅子神一族の元霊神であり、女性は
マスタールートの契約者、小暮里央奈と名乗り、マスター
ルートを作り出そうとしてる魁音寺グループから、何かの
実験をされそうになり逃げだし、その途中で揶雲と出会い
契約したのだと。
123
456      

 そして魁音寺グループは、偉そうな人がマスタールートを
つれて沖縄に向かったという。
 その偉そうな人が黎真では?と話す2人に慶太は誰だとの
問いに、黎真は兄であり、そして全てを話す決意をしたクロ。

 クロたち元神霊は人とは違う世界結界に守られた清き
世界で暮らし、人間界の共存均衡を見守ってたという。
 そして、霊石を祭るある日、黎真は一族の者を次々と
殺め、ついにはクロと黎真の母でまでも・・・。
 クロに黎真に何故と問い詰めると
 
 私は、これより下界に下りる。新世界を造る為に・・・。
 私に従わぬ者は滅ぼす。そして世界の運命を破壊する。
お前はこの清き所で朽ち果てるがよい・・・


 こう言い残し立ち去るのであった。

 クロの話が終わると、突如、比瑢が現れクロは
 「清き所へ人間をさらってきては契約の実験を繰り返し
追放された男です。」と慶太に話すと、比瑢は更に、この
実験のおかげで元霊神の力を人間に分け与えトライバル
エンドを大量に作れるようになり、黎真も、この成果を
認めてくれたと・・・。
 比瑢は慶太を殺しクロを自分の物にしようとするが抵抗
する慶太に「契約者ならシンクロしてみろ。見せてみろよ、
お前のテラを、この俺に!」
 慎吾を思い出し、ためらう慶太だがシンクロを決意し
メガエグゼを撃つが比瑢は耐え切りピンチになるクロだが
揶雲と里央奈が助けに入り撤退する比瑢。
789   

 慶太はクロも母を失ってたことを知り気丈に振舞うクロに
お前はいつもそうだな・・・辛い時は泣いてもいいんだぞ。
 一気に泣き出すクロ、そして慶太は決意する。

 俺も覚悟を決めたよ・・・。
 たとえサブだとしても契約した以上お前と一緒に戦う。
 命を助けてもらった借りを返すまではな・・・。



 
クロや元霊神のことが大分、分かってきました。
 クロって獅子神一族のお姫様でビックリw

 黎真の凶行は、夢見の儀式が終わった母であり巫女の
「禍々しい夢ではありません。」と言いながらも何かを思い
詰めている表情を見てから何かを決意したようですし
母を霊石に縛りつけ「まだ壊れぬか。」と言っている所を
見ると、何か真意があるのは明らかですね。

 そして、ついに慶太が戦う決意をしました。
 それに合せたかのように、エクセルの指輪型の戦闘
送信具『サウザンド』のプレゼント。
 どの様な能力が発揮されるかは、今後のお楽しみですが
契約者のテラに感応するらしいので、発動すると更に老化が
進みそうですが・・・^^;

| | コメント (0) | トラックバック (11)

「RIDEBACK-ライドバック」 第6話『電光石火ライド』

 第6話「電光石火ライド」

 琳と叔母である深雪は、母親の遊紀の墓参りに来るが、
弟の堅司は結局来なかった。
 
 その頃、堅司は先輩である暴走族の仲間と一緒で、そこには
闇ルートから持ち込まれたらしいというライドバックが4台もあり
派手にあばれようとする暴走族ら。

 琳を探していた依田は、しょう子を学生時代の思い出の海に
誘いテロの、そして自分のせいで、人ごみが怖くなったしょう子を
心配し気遣う琳の姿を見つけ接触する彼女。
123   
 
 「すいません・・・。私、急いでるんで。」と依田から逃げようと
する琳の前に、ある暴走族の集団が走り去る。
 そしてライドバックに乗った暴走族のメンバーの中に堅司が
乗っているのを発見した彬は依田と車で追跡。
 途中、警察の検問で止められるが、暴走族を止める為だけに
GGPも出動していたのを見て「予想外のネタにありつけそうね。」
と検問を回避するため山道を走り出す依田。

 「道交法違反だけじゃ弱いな。」
 「構いませんよ。後で何とでもなりますから。」
 と会話するGGP。
 そして、導入前にも関わらず起動する白ライド。

 その圧倒的な力に次々とやられるメンバー。
 最後まで逃げようとする堅司だが、ついに、白ライドに捕まり
それを見ていた彬は、助けようと倒れてたライドバックを
動かし、白ライドに応戦するのだった。
 GGPの、横山みさをは「尾形琳。なぜ彼女が?」と微笑み
「その搭乗者はGGPの包囲を突破したテロリストよ。容赦は
無用。・・・いいテストが出来そうね」と。
456
789      

 攻撃を避け、白ライドを倒した琳だが、警察、そしてGGPに
完全包囲されるのであった。

 闇ルートのライドバックを暴走族に渡したヤクザっぽい男は
GGPと繋がっていて、暴走行為は白ライドの実験の為に
仕組まれモルモットとして使われましたね^^; 

 それにしても堅司は、部屋にライドバックの多数の月刊誌?や
学術書の本みたいのが、あったり「ライドバック少女」の拡大
画像を壁に貼ったり、そうとうのライドバックマニアですが、
カメラマンの佐藤が琳と分かって弟は姉が「ライドバック少女」と
分からないのですかねw
 身内は気が付かない・・・ある意味、王道ですけどw

 前回のテロやGGPから、しょう子を助け出し逃げる時は、親友を
助け出したい正義感からの暴走と言えなくもないですが、今回は
導入前の白ライドの実験に使われたというGGPの思惑があり、
やり過ぎという事はあるにしても、堅司が捕まったからといって
警察である白ライドから助けようとするなんて、どう考えても
普通の性格じゃないですよ。
 依田は「姉弟そろって、随分やんちゃなのね。」と言ってますが
そういうレベルじゃないですよねw
 
 今後、琳がどのような、キレっぷりで大暴走するのか不安で
あり楽しみなとこです。 
 あまり無茶しないでねw

 そして、ちょっとした疑問として、フェーゴではないバロンに
乗った時は、上手く操縦出来なかったのに、今回は上手く
操縦出来たのは何故でしょう?
 ライドバックに慣れてきたのか、それとも姉弟愛?!w

| | コメント (0) | トラックバック (13)

「鉄腕バーディ DECODE:02」 第6話『A PRISONER OF THE PAST』  

 第6話「A PRISONER OF THE PAST」

 バーディの記憶が消える、それはバーディが死ぬこと。
 バーディを助けるため、バーディの記憶の”旅”マインド
ダイヴをする、つとむ。

 10歳頃の幼いバーディはヴァイオリンと仲良く暮らしていた。
 今日から新しい学校であるオリオテラ幼年学校へ通うことに
なったが、いきなりイジメにあうバーディ。
 だが、それはテロを行うアルタ人への差別が原因であった。
1210    

 学校から帰ると連邦警察研修生の実践トレーニングを行う
バーディ。
 それは強靭な肉体や常人を超える能力を持つイクシオラで
あるが為に、野放しには出来ないと考え政府が監視する為に
警察や軍関係等に就かざるを得ないという。

 その頃、自宅で痛みと戦うナタルは
「バーディ・・・。あと、どれくらい持つのか・・・」

 ある日、アルタ人の男の子が大人の集団にイジメられて
いるのを見かけ助けに入るバーディ。
 その男の子こそ、幼い頃のナタル。
 それを見て驚く、つとむに「知っているのかね?」と尋ねる
メギウスに「地球にいるのです。この人。」
 そして、ためらいながらも「こんな事、僕が話して良いか
分からないけど、この人のお父さんも元イズダルタで脱走犯
達に便宜を図ってたんです。」と答えるのであった。
3_245
689

 ナタルは父であるダスクに、つれて来いと言われバーディを
つれて来ると、知らないものばかりで興味津々のバーディ。
 
 ダスクは、バーディを食事に誘い、やさしく、そして諭すように
 「バーディ?イクシオラの力は何の為にあると思う?
 「えっ?だからその・・・友達を助けたり・・・
 「そうだな・・・しかし、その力に溺れてはいかん。
そして君はイクシオラである意味を見つけなくてはならない。
この世に生まれてきた者には、必ず役割がある・・・。
 私にも、君にも、ナタルにも・・・。
 ただ、それは運命などでは無い。
 自分で見つけられるもんなんだ。
 未来は自分の手で切り開くことが出来る。
自分自身を大切にしろ・・・。未来の為にも・・・分かったね?

 小さく頷くバーディであった。

 他人種のアルタ人への恨みや差別、そしてイクシオラに
対しの差別もかなり根が深そうな感じです。
 説明などありませんが、迫害されてるからこそアルタ人街と
して、逃げて閉鎖的に生きているように見えました。
 これを考えるとアルタ人が見た目が同じな地球にやって
来るのは、ある意味当然のことかもしれません。
 バーディは、その明るさから、すぐに友達になったみたい
ですけどね。

 メギウスに地球にいることがバレれしまったナタルは当然の
ように、捜査の対象になるでしょうから連続殺人犯だと分かる
のは時間の問題でしょう。
 そしてナタルの体ももう、限界に来ているようで・・・。

 ダスクのバーディへの語らいは、何か重大な決意があり、
自分自身にも言い聞かせてるようにも感じます。
 思いつくのがセントラルタワーの爆破テロであり、爆破を
止めさせようと、そして組織を抜けようとする決意と、もし
阻止できずに、爆破テロが起きてしまってからのアルタ人たちに
対しての、待ち受ける運命に対してだったのかもしれません。
 それに負けるなよと・・・。

 それと、疑問なのがダスクはバーディ・シフォンの”シフォン”
という名前でイクシオラと分かりました。
 この”シフォン”はイクシオラのみに、付けられる名前と
いうことなのでしょうかね?

| | コメント (2) | トラックバック (6)

「黒神 The Animation」 第6話『サブの契約者』   

 第6話「サブの契約者」

 御子神一族である比瑢から依頼を受けクロを狙う
北条水華魅は慶太を捕らえ、クロを自分の屋敷へ
誘い出そうとする。

 水華魅は慶太に自分は銀虎一族の元神霊であると言い
獅子神一族とは報酬をもらうだけの関係だという。
 そして、慶太に「どうして元神霊と契約したの?戸惑う
慶太に「だって君、サブでしょ?と。

 屋敷についたクロに「俺がサブって本当か?と問い
詰める慶太に「おそらく・・・でも慶太さんがサブでもクロに
とっては大事なパートナーだから。信頼し合えるなら
そんな事、関係ないって!
というクロ。
 これを聞いた水華魅はサブとの契約はタブーであると
そして「サブは死ぬのよ。と告げる。
 「シンクロやイクシードで消耗するテラはサブには負荷が
掛かりすぎる。結果、肉体は消耗し通常より早く老化が
進み、死に至る・・・。
動揺する慶太とクロ。
 そこへ、現れた慎吾という老人・・・彼はまだ30代であると。
 水華魅たちもまた、タブーを犯してサブである慎吾と契約
してたのであった。
123   
 
 知らずに契約したと言うクロに水華魅は「知らなかったで
済む問題かっ!!
」と殴りかかり、殺して契約を解除すると
戦いを仕掛ける。

 水華魅に一方的にやられるクロ。
 慎吾は慶太に「君は、君のパートナーの力になってあげ
ないのか?彼女が死んでも構わないのか?
と問いかける。
 その一言にシンクロを決意する慶太。

 もう沢山なんだ・・・。俺の周りでこれ          
以上、誰かが死ぬのは・・・。                   


 シンクロにより想像以上の力を発揮する2人に「俺たちの
相手に相応しい。」と水華魅とシンクロを決意する慎吾。
 水華魅力の身体強化系イクシード『煉攻武神』の前に
苦戦するクロは一瞬の隙をついてメガエグゼを発動
するが耐え切った彼女は勝利を確信。
 そして・・・慎吾は・・・
君と過ごした時間は楽しかった・・・。後悔なんてしてないよ。
最後に戦う機会を与えてくれた、あの2人を恨まないでやって
くれ・・・。さようなら、水華魅・・・。俺の愛した元神霊。

456   

 
俺が死ぬときは、せめて最高にかっこ良く死なせてくれよな?
こんなの・・・ちっともかっこ良くないわよ・・・慎吾・・・
 慎吾の言葉を思い出し、抱きかかえる水華魅は慎吾に涙
ながらに語り掛けるのであった。

 この6話は契約者と元神霊である慶太とクロが今後どうなって
いくのか重要なポイントの話になりますね。

 はじめは報酬目当てだったでしょうけど、慶太というサブの
契約者を見たとき、本当に自分達のように信頼しあって契約
したのかを確認したかった水華魅。
 そして、その契約が安易に契約したことに本当に怒りを
覚えた水華魅を見て始めはクールで非情な敵キャラだと思って
いたけど、全然違って、情熱的な女性でした。

 水華魅たちはクロたちに契約するという責任の重さとは
そして信頼とはどうあるべきかという道標を言葉でそして身を
もってしたと思います。
 そして慎吾という慶太と同じサブの契約者の死という現実の
姿を見た、2人はどう思ってるのでしょう。

 水華魅は信頼はクロ次第と言ってますが、実際は慶太の
受身的な態度が変わらないとダメですし、シンクロなどを
しなければテラは大量消費しない訳ですから、老化は多少
早くても、命は延びるでしょうからね。
 実際、慎吾は薬を飲みつつも最近はシンクロしてなかった
みたいですし。
 水華魅は、クロに自分の命を削ってまでシンクロを発動して
くれる信頼を得ないとダメだと言いたかったのでしょう。

 それにしても最近のバトルシーンは最初に比べるとチープ
になって迫力が落ちてきました。
 というか地味になってきた感じですね。
 とは言いつつ、最後のメガエグゼの水華魅への顔面
パンチはヤバそうで、絶対に食らいたくないですがw
 

| | コメント (2) | トラックバック (12)

あれはマクロスFオフィシャル痛車?

 一昨日の2月10日の夕方に上野からちょっと外れた
場所でマクロスFの痛車が停まってるのを見かけた。

 車で走りながらだったので瞬間的に後ろ側ぐらいしか見る
ことが出来なかったけど、改めて去年のパシフィコ横浜で
撮影
した痛車の写真を見ると、結構、似てたような・・・。

 アキバで土曜とか日曜なら今、マクロス超時空進宇
式典
も今月あるのでオフィシャルも有り得そうな気が
しますが、あの車はオフィシャルだったのかなぁ?
 もちろん、好きな方がオフィシャルに似せてって
可能性もありえますけどねぇ・・・。
 う~ん、謎ですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鉄腕バーディ DECODE:02」 第5話『BEFORE IT’S TOO LATE』  

 第5話「BEFORE IT’S TOO LATE」

 次々と仲間を殺された逃亡者であるガトール達はバーディが
その犯人だと勘違いし始末するための銃?エンタングルガンを
手に入れ試し撃ちをしていた。

 情報が欲しいバーディはイルマの所に行くがあいにくの不在。
 そんな時、携帯にイルマからの電話が・・・
「連邦捜査官か?アルタ人ネットワークのババァは預かった。」

 罠だと知り、六本木廃墟へ向かうバーディ。
 エンタングルガンのスコープで狙いをつけるガトール。
1_223
456      

 バーディを足止めする為、イルマを人質に現れたヴァリック。
 これ以上、罪を重ねるのは止めなさい!
 捜査官らしい事、いうじゃねぇか?!そうやってファロイドも
油断させて殺したのか?と問うヴァリック。
 「誰に命令された
 
身に覚えの無いバーディは何のことよ?」
 「口封じの為に、俺たちを殺せと命令されたんだろ?
イクシオラの
捜査官を使うとは考えやがったな・・・。
 「連邦政府の為に作られたイクシオラだ。アルタ人の雄性
遺伝子で作られたお前らなんか、人間じゃねぇ!化けもんだ!!

イクシオラなんて化け物を作った権力者共はみんなクズだ。
そんな奴等は死んじまえばいいんだよ。」と言い放つヴァリック。
「俺たちアルタ人をないがしろにした、この世界なんざ、滅んで
しまっていいのさ!

そんな事ない!と詰め寄るバーディ。
 ガトールのスコープがロックされた瞬間、気配に気が付き
間一髪よけるバーディ。
 作戦は失敗しモスが戦闘を仕掛けるも、格闘戦ではイクシオラ
であるバーディに分があり、撤退する彼ら。

 バーディもまた、手傷を負い倒れてしまい、宇宙船のベッド?の
上で悪夢でやっと目を覚ますが・・・
 目を覚ましたのは体はバーディでなんと意識は千川つとむ。
 そんなバーディにはお構いなしに、有田しおんとしての仕事は
ある訳で変わり?に仕事をする千川つとむ^^;
789   
 
 専門医のドーレの診断によると頭部をかすかにかすめた特殊な
銃弾が原因で精神融合が始まり、つとむの記憶がバーディの
記憶に上書きされバーディの記憶が無くなるというショッキングな
内容であった・・・。



 アルタ人が爆破テロを起こした経緯、そしてバーディのと言う
よりイクシオラ誕生の秘密が少しですが明らかになりました。
 人工的にイクシオラは作られた人間?だったのですね。(;・∀・)
 バーディが恋愛=発情と考えるのは恋愛感情とか戦闘に
邪魔になりそうなのは遺伝子レベルで排除したために、こう
考えるようになったとかなのかな?
 とにかく次回の予告を見ると、バーディの過去がかなり
明かされそうな感じです。

 そしてナタルの症状はかなり悪化してるみたいですね。
 あとちょっとしたツッコミとして地球製の痛み止めでも効くあたり
薬は万国共通・・・いや全宇宙共通なのかな?w
 それとも、地球人とアルタ人の遺伝子には共通点が多いって
ことでしょうか?
  

| | コメント (0) | トラックバック (6)

「RIDEBACK-ライドバック」 第5話『謎のライドバック少女』

 第5話「謎のライドバック少女」

 岡倉はGGPを甘く見るなと、そして部の休部とフェーゴを
処分すると言い放つが、それはどこか琳たちを心配して
叱ってるというより、GGPや警察に怯えて慌ててるように
見えるのであった。

 フリージャーナリストの依田達は自分達が撮った写真の
画像を解析し女性でこんなことが出来るのは珠代では
ないか?と、そしてフェーゴは国内にも20台ぐらいしか存在
しないことを突き止め、依田は珠代に接触しようと大学に
訪れる。
123   

 琳は岡倉に会いに行き、フェーゴはどうなったのか?
そして特別なライドバックなのか?という質問にフェーゴは
解体しGGPも警察も琳のことを映像として撮っているから
出方を待つしかないと言う岡倉。
 それに対し「悪くない」という琳に「こうなった責任は俺に
ある。お前は俺が守る。
」と言うのであった。

 そしてテレビ番組『ザ・ワイドショウ』ではテロリストの可能性
があるとして報道規制していたが、偶然に撮影した映像を
解析したら”テロリストでは無く、事件に巻き込まれた一般
市民であること”を確信し、謎のライドバック少女の特番を
放送する。
 一方でGGPも既に尾形琳のことを割り出し監視下に置いてる
ことを片岡龍之介に告げる。
456
7_289      

 正気じゃない・・・。何で私あんなことを・・・。しょう子を助け
たくて夢中で・・・違う、私はどこかであの恐怖を楽しんでいた。
私・・・どうしちゃったんだろう?
 
と昨日のことを思い出し悩む琳。

 そして、キーファは
 マシンだけがどれほど強化されようと脅威では無い。
戦場で勝利する為に必要なのは自由に飛べる才能だ。
 やつらに教えてやるさ。
 本当のライドバックの戦い方を・・・


 そう言いながら机の上にある琳の写真を見つめるのであった。



 緊迫してきました。
 琳の知らない所でGGP、警察、BMAとさまざまな思惑が交錯し
琳に接触してきそうですね。
 それに依田もw

 そしてライドバックの英雄は岡倉でした。
 こういう過去があったり特殊なマシンであるフェーゴを持って
いたため琳の無謀な行動があったとはいえ、巻き込んでしまった
と責任を感じてるからこそ「責任は俺にある。お前は俺が守る。」
という言葉が出てきたのでしょう。

 前回までがプロローグ、この5話から本編がスタートっていう
感じですね。
 今後、琳は戦いに巻き込まれて行きそうなのは間違い無い
でしょうけど、GGP?警察?それとも・・・いったい何処へ
向かっていくのでしょうね?
 そして琳、自身も『恐怖』という名の高揚感を求めて戦地へ
向かう事になるのでしょう。
 
 さらに岡倉は?珠代は?そしてフェーゴは本当に解体した
のでしょうか?

 次週も目が離せません。
   

| | コメント (0) | トラックバック (13)

アキバ海岸で「キラッ★カレー」

 昨日の7日から秋葉原では今月2月22日にあるマクロス
超時空進宙式典
スタンプラリーがスタートしたので早速
昨日アキバへ行ってきました。

 友人と2時ごろに約束してたけど、ちょっと遅れてしまい
着いたのは2時30分とちょっと遅刻^^;
 早速、UDX内の東京アニメセンターへポスター付き
スタンプ台紙?を買いに向かうと、ポスターを持った人と
何人もすれ違うし、買うのに列は出来てるし、相変わらず
マクロス人気は健在ですねぇ。

 無事に購入出来たし早速、下の階にあるアキバ海岸に
向かうと、そこにはやっぱり行列が。
1_4

 中に入ると周りで食べてるのは、キラッ★カレーばっかりで
当然、注文は決まってますw
 店頭の写真を見ると、結構な量があるように見えますが
実際は普通よりちょっと多いぐらいかな?っていうような
感じですが、代わりにカロリー特盛ですwww
 
 おまけにランダムで、ランカ、クラン、ロイ・フォッカーの
コースターが1枚もらえる特典もあるのでスタンプラリーとは
関係なしで食べるのもありだと思います。
2_33_3 

 ちなみに写真はランカとクランのコースターですね。
 それとスープが写ってないですがスープも付いてますよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「黒神 The Animation」 第5話『イクシード』   

 第5話「イクシード」

 始まってしまった、クロvsシュタイナー

 先制攻撃とシュタイナーにパンチの連打。
 緊迫した戦いの中、興味無さげなエクセルは携帯ゲーム中w
 クロの昇竜拳が炸裂!いやアッパーで倒れるシュタイナー。
 「入った!」と慶太、しかし・・・ シュタイナーは「少しは出来る
ようだな。」と立ち上がり反撃開始。
 反撃されるクロを見て慶太はシンクロを発動し再び反撃。
 そしてテラ密度を高めるクロの気配を感じエクセルは

いかん!このテラ密度の上昇は。
 

クロのオーラをまとった?左ストレートパンチが炸裂しダウン
するシュタイナー。
 「何だ?今のは?」この慶太の問いかけに、能力とテラを反映
させて打つこれが、イクシードだと代わりに答えるエクセル。 
1_22_23_2
4_25_26_2      

 立ち上がるシュタイナーに「メガエグゼ!!」とイクシード。
 しかし、エクセルはヘキサウォール『サウザンド』という防御
魔法?で攻撃を防ぎ「全力を出すがよい。」とシンクロ。
 一方の慶太は戦闘でテラを消耗してしまい、膝を着く。
 
 「情けはかけんぞ。」とシュタイナーは分身をし攻撃を仕掛ける
イクシード「スタンピード」を・・・そして勝敗は決した。

 理解して欲しい。我々は貴君の敵意に対して正当な応戦をした
までだ。分かるだろ?若き契約者よ。


 そして話をしたいと和解を求めるエクセル。

 彼女らは欧州連合の元神霊の一族を束ねる『ザ・ノーブルワン』
に所属し共存均衡を守護していて、日本では異常なほど共存
均衡が崩れていて、それを調査する為に来日し、明らかに
普通の人間とはテラの流れが違う茜を見つけたという。
 そして7年前の沖縄のある事件がきっかけで共存均衡が
崩れたのではと分析し1枚の写真を見せる。
 それを見て驚く慶太と茜・・・その写真に写っていたのは
慶太の母親。
 そして写真を撮られた沖縄は母さんの出身地だと言う。
 一方、写真の男?の手に移ってる紋章を見て考えこむクロ。
7_28_29_2   

 あの紋章は兄のものである可能性が高くそれを調べるため
沖縄行きを決めるクロに一緒に行って真実を確かめたいと
言う慶太に「イクシード、もっと練習しましょうね。」とクロは
嬉しそうに話す。

 バラバラだった事実が繋がり、新しい姿を見せつつあった・・・。
 運命と言うものがあるのなら、その歯車は今・・・恐ろしい
勢いで回り始めようとしていた・・・。

 4話での黎真の言う「全ての風は今、沖縄に向かって吹いて
いるんだよ・・・」の意味が分かったと思ったら、
比瑢がテラを
注いでいるカプセルの様な中にいる慶太の母親似の女性やら
シュタイナーとエクセルの会話「あの契約者のテラは。」「しかし、
教えてやった所でどうしようもあるまい。」この意味っていったい
なんでしょう?
 それに契約者であるエクセルの『サウザンド』
 彼女が魔法のようなものを使えるということは慶太にも使える
ようになるのかな?
 あ~、もう次から次と謎が生まれて、もう大変w

 謎といえばクロのエクシード「メガエグゼ」っていつの間に
必殺技に名前を付けたのでしょうか?www

 次からは舞台は東京から沖縄なりそうですし、そこには蔵木も
先に現地入りしてるでしょうし、比瑢が雇った北条水華魅も参戦
してくるでしょうし、慶太じゃないけど恐ろしい勢いで回り始め
そうですね。
 そして今後、母親似の謎の女性とも、そのうち関わりあってくる
でしょうし今後の展開に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

「RIDEBACK-ライドバック」 第4話『しょう子、危機一髪』

 第4話「しょう子、危機一髪」

 しょう子と琳は以前から駅ビルのアウトレットバーゲンに行く
約束をしていたが、すっかり忘れてた彬は部活に行くから
行けないという琳の言葉に「私は嬉しいのだよ。琳が夢中に
なれる物が出来て。」と嬉しそうに話す。

 テレビにはGGPの新最高責任者にロマノフ大佐が、そして
警察特殊車両”白ライド”をマスコミ向けに発表とのニュースが
流れていた。

 部活に来たが、街のショップに急遽出すことになったという
バロンとフェーゴを積んだ菱田の車に便乗した琳は部活が
中止になったから会えるという電話を、しょう子に
 テレビ塔の下のロビーに居るからと言うしょう子だったが
突然、ドーーン!と爆発音が鳴り、崩れだす壁。
 そして響き渡る、銃声。
123
456
      

 BMA(ブーマ)を名乗るテロ組織がロマノフ大佐の就任に
対しての不満がそうさせたのであった。

 琳は、しょう子を助けるためフェーゴを駆りテレビ塔へ。

 テロを包囲する、治安維持部隊とGGP。
 
 GGP等に止められる琳だったが、窓にはしょう子の姿。
 それを見た彬は、静止を振り切りビルに突入。
 助け出すこと、そしてビルからの離脱に成功するがテロ
の一味と間違えられGGP等に攻撃を受け、逃げる2人。
 怯える、しょう子、一方の琳は
 
 不思議だ・・・。フェーゴをとても近くに感じる。初めて乗った
あの時と同じように・・・。まるで自分の手足の様。

 
 と攻撃を次々とかわすが、ついに包囲され・・・。
 「飛ばないのか?」
 謎の男からの声が聞こえ飛んでくるミサイル。
 そして、空を飛んだ・・・。
789
101112      

 攻撃を振り切った琳に近寄る、ライドバックに乗る男は
 フェーゴ タイプLか・・・。お前は選ばれたのか?
 そのチューニング、乗り手を選ぶ特別なマシンに施される
ものだ。

 そう言い残し立ち去るのだった。

 部室に戻った、琳たち
 あの光・・・
 
空を飛んだ時に見えた光を思い出していた・・・。


 テロと間違えられGGPに追われたり、謎の男キーファと
接点が生まれたり物語は一気に加速してきました。
 このキーファは公式HPを見ると顧問の岡倉と年が同じなので
例えば前回の3話でロマノフ大佐が言ってた英雄になった
日本人だったりとか色々と因縁とかありそうですし、ロマノフ
大佐の琳を見てニヤリとしてる辺り何やら、企んでそうです。

 あれだけテレビに映っちゃったりして、明らかに直ぐに正体
バレて捕まりそうですが、ライドバックの台数は少なそうですし
真っ赤なフェーゴは目立ち過ぎですw
 それにしてもテロとは見た目も明らかに違うのに、いきなり
発砲と言うのも如何なものでしょうか?
 琳がビルに突入する際にも「友達が中にいるんです!」とか
言ってるのにね^^;
 琳も琳で、しょう子が言うように素直にフェーゴから降りて
事情を話せば良かったと思うのですが、今回のタイトルの
危機一髪は彬のせいだと思うのに一票ですw

 今回は、あれだけの銃弾で無傷とか、ワンピースで窓に
飛び込んでかすり傷1つ無いとか、ツッコミどころ満載ですが
面白いので良しとしますw

 毎回、空を飛んでる琳ですが「初めて乗った時と同じように」と
いうセリフや”光”を意識してか1話と同じアングルで飛んでると
演出が些細なことですが、いい感じです。

 そしてあのビルは、あの忌まわしい’01年9月11日アメリカ
同時多発テロ事件の世界貿易センタービルをモチーフにして
ますね・・・きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「WHITE ALBUM」 第5話『邪魔をするのが、近しい人間だとは限らない。知らない人ほど手厳しい』

 第5話「邪魔をするのが、近しい人間だけとは限らない。
知らない人ほど手厳しい」

 冬弥がシャワーから出ると、由綺麗はベッドで熟睡していた。

 冬弥は由綺を寝かしたままマンションを出ると、そこに待って
いたのはマネージャーである篠塚弥生。
 
 彼女は冬弥に車で家まで送るからと乗る様にすすめ、車の中で
カメラに気をつけるようにと。
 デビュー前だし、気にする必要が無いのでは?と言う冬弥に
弥生は過去に理奈のマネージャーをしていたことがあり、製作
部長がタバコを切らして理奈が買った所をスキャンダルされ、
それが仕組まれた出来事だったこと明かす。

 そして、そのようなスキャンダルが起きたら由綺を守る自信が
無い弥生は「由綺さんの、行くての障害物を取り除くこと。」と
言い由綺に会うなと言う彼女。
 その代わり「ただでとは申しません。」と、冬弥の手を取り
そっと自分の胸に・・・。
123   

 弥生は、さっそく見たい映画があるからと冬弥の家まで出向き
デートに誘う弥生。
 しかも経費でw
 そして帰りのタクシーで冬弥を家まで送ると
 「私は由綺さんの代わりになりませんか?」とキスをする弥生。

 部屋に戻ると相談があるから、明日会えないか?と言う理奈
からの電話があるが、用があるからと断る冬弥。
 そして、またも電話があるが、無視をする。
 それは由綺からの電話だった・・・。

 翌日、大学で美咲と会う約束をしてたが、美咲はぎりぎりまで
待つが、結局、遅刻で会えない冬弥。
 そのころ美咲は演劇部?での台本が採用されたが、イメージが
沸かないからと衣装作りを押し付ける田丸ら部員たち。
 無理という美咲に「甘いもんだろ?お前が俺にした仕打ち
考えると。」と言い放つ田丸。

 はるかに出会った由綺は冬弥に渡してと、暗号が書かメモを
渡し 直ぐに解読したはるかは「今夜は寝ません。待ってます。」
と冬弥に説明しながらメモを渡す
456   

 その夜、衣装作りに耐え切れなくなった美咲は冬弥に助けてと
涙声で電話するのであった・・・。

 
 弥生も本格的に物語に関わりだしの大人の魅力というか
色んな意味で危険な魅力全開ですw
 この大人の魅力に落ちない冬弥って、結構、本気で由綺の
ことを好きなみたいで、ちょっと見直してしまいました。
 まあ、あくまで今の所は・・・ですけどね。

 でも弥生さんはカメラに気を付けろと言う割りには、由綺の
マンションの前で冬弥を待っていて車に乗せるなんて、弥生が
マネージャーだと知ってる連中なら、その車に乗せる姿を
目撃したら例えば「由綺とマネージャーの二股をかける男」
なんて格好なスキャンダルのネタになるような気が^^;
  
 相変わらず冬弥に会いたい理奈。
 そして、しばらくぶりの美咲ですが、田丸の言う「仕打ち」って
過去に彼女が何をしたのか気になりますね。
 気になるといえば、由綺の、はるかに渡したメモの暗号って
はるかは、直ぐに解読出来たけど、どうやって読むのでしょ?w
 
 今回が今まで一番、面白かったと思います。
 最後の美咲の「私もう、どうしたら良いか・・・。助けて・・・」の
言葉に対する”どうしたらいいか””わかんないのは””俺です”の
心の声は、シリアスな展開にも関わらず笑えましたw

| | コメント (0) | トラックバック (6)

「鉄腕バーディ DECODE:02」 第4話『TEARS ARE NOT ENOUGH』  

 第4話「TEARS ARE NOT ENOUGH」

 今日もびしばし、がんばるにゃ~ん。heart
 有田しおんは『全開ギルギルナイト』に出演中♪

 室戸は学生の頃からの知り合いである古本屋に訪れていた。

 その頃、バーディは「スナックたまき」のママとなって過ごして
いるクルックスーを擬態反応チップの密売容疑で問い詰め
6個売ったことを聞き出した。
123
456    

 戸室と入れ違いで古本屋に訪れたバーディ。
 古本屋の店主の名はダスク、ナタルの父である。
 ダスクは2階の部屋バーディを連れて行くと、親父と連絡が
取れないと言っていたナタルがそこに。

 ダスクはセントラルタワー爆破事件を実行したテロ組織アルタ
解放戦線『イズダルタ』の一員であることを告白。
 「分かってない・・・。あなたは何も分かってない!」と怒りを
覚えるバーディにナタルは爆破テロの前に縁を切り爆破事件とは
関係ないという。
 そして、縁を切ったはずのヴァリックが再び現れ脅迫され
脱獄犯に手を貸したのだと。

 脱獄犯の居場所を聞き出しアジトへ向かうバーディであったが
電柱の影から、その動きを見つめるモス。

 アジトのアパートに来たバーディであったが、既に遅し。
 壁に貼ってあった張り紙には「バーカ」と書いてあり、壁を殴ると
壁は壊れ、隣の部屋には・・・兄貴と舎弟w

 ナタル親子はバーディが見逃してくれホテルへに逃げ込むが
それを尾行していたモスに合流するガトール。
 
 ナタルが出かけた隙にダスクを捕らえ、アグラズーメ達を殺した
ことを責めるモスやガトール。
 知らないと抵抗するダスクだがガトールに・・・。
 ダスクが死に、狙われることは無くなったと安心するファロイド。
789   

 ダスクの通夜が行われ訪れる戸室やバーディ。

 その夜、ファロイドの目の前に現れたナタルは注文された擬態
反応チップを見せながら「親父を殺したのはお前か?!」と問う。
 怯えながらダスクを殺したのはガトール達で自分ではないと
言うファロイドだが、容赦なく片腕をもぎ取るナタル。
 「な・・・何故だ?私は・・何も・・・」
  ファロイドの問いに「違う。お前はリュンカを解剖した。」と非情な
表情答えならがら、さらに片腕をもぎ取るナタル。
 捕らえたファロイドを連れナタルは廃墟にワープ?
 命乞いするファロイドに

 この廃墟こそ、お前たちの墓標に相応しい!

 と岩を叩きつけるナタル。
101112
131415_2   

 いつの間にか眠っていたバーディは目を覚まし
「犯人は絶対、捕まえるから・・・絶対。」
「ありがとう・・・バーディ」
 そう答えるナタルだが、その目は・・・。

 ナタルの父親が死んで物語が動いてきました。
 セントラルタワー爆破事件の話をすると表情が変わるバーディ
ですが、思い出したくない過去があるみたいです。
 例えばヴァイオリンがこの事件に巻き込まれたとか・・・。

 通夜の夜にバーディが、いつの間にか寝てしまい、その隙に
ファロイドに会いに行けたのは、ソフトドリンクに睡眠薬でも
入ってたのでしょうね。
 そして、最後の「捕まえるから」のバーディの言葉に対しての
そうはさせないというような表情にはナタルが復讐の為に、たとえ
幼馴染であっても、手段を選ばす非情になれる性格が見える
一方で子供の頃遊んだケルクを見ての幼い頃の思い出話や
バーディを抱きかかえて「すまない・・・バーディ」この言葉には、
いけない事をやっているという自責の念やバーディにだけは、
知られたくないという思いが感じられるような気がします。

 映像の方は相変わらず、ソフトな絵柄に助けられてますが
相変わらず、腕がもぎ取られたりして凄いです。
 しかも、今回はファロイドは一切抵抗をしない訳ですから復讐の
為とは言っても見方を変えると、虐待もいいとこですね^^;

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »