« 「鉄腕バーディ DECODE:02」 第7話『WE WILL MEET AGAIN』   | トップページ | 「RIDEBACK-ライドバック」 第7話『罪と×』 »

秋葉原「マクロス超時空進宙式典」イベント日記

 秋葉原で開催された
 マクロス超時空進宙式典」ほんとうに2009年に
なっちゃった・・・2・22だよ デカルチャー!
 イベントに行ってきました。

 秋葉原のイベント会場であるUDXに着いたのは10時
30分頃、既にショッピングモールには予想通り長蛇の列。
 相変わらずマクロス人気は健在ねと思いながら待つ事
約1時間やっと、入ることが出来て無事に購入♪

 そして、次はイベント券を当てる為に、スタンプを集めた
3枚の台紙のうち、既に2枚はハズレで最後の1枚は、
どうせグッズは買いに行くしイベント当日なら、前日まで
当選枚数が少なかったら残りの定員分、大盤振る舞い?
(前日までに沢山、出たら少なくなるけどw)になるはずで
当選確率が上がるかな?という単純な発想から、残して
置いた最後の1枚のクジをひく事に。
 くじ引き会場である「東京アニメセンター」に着くと予測が
当たってるのか?目の前で当選者が!
 当選者の後に引くのも、何となく嫌でちょっと後に運命を
賭けた最後のチャレンジw
 ガラガラ?(くるくる回して玉が出るやつ)を回すと・・・

 いつもの白玉ではなく、出たのは・・・赤玉。
 「やった~~!」と思わず声を出してガッツポーズw
 単純な発想は、見事に当たったのかプロメテウス賞である
「超時空トークショー」入場券を奇跡的にゲット。

 イベントまで、しばらくあるので、会場にある展示物や
ランカとシェリルのコスプレイヤーさんの写真を撮らして
もらったり、公式痛車のラッピング実演を見てるとあっと
いうまに時間になり、いよいよ「超時空トークショー」です。
123

10_21112

☆シェリル・ノームのコスプレの方が ray ya さん。
☆ランカ・リーのコスプレの方が 如月 蓮 さん。


 Aパートは「超時空要塞マクロス」誕生秘話 と言う事で
河森正浩、美樹本晴彦、宮武一喜の登場です。

 実際に2009年を迎えて、携帯電話やお掃除ロボットなど
実現された物もあれば、特に携帯電話の進化は想像以上
だったようで、逆に月や衛星軌道上あたりまで進出してると
思ってたそうです。
 それとアイドルの低年齢化は想像以上だとかw
 あと、製作発表の貴重な映像とか、製作当時の苦労は
河森総監督、美樹本先生ともに大学生で、両立が大変で
時には講義中に仕事をしてて、追い出されたことが度々
あるそうです^^;
 こんなトークが約20分ぐらいで終了し、次は「ど~なる?
マクロスF劇場版」で中村悠一、遠藤綾、中島愛、そして
Aパートに引き続き河森正浩。
 以前あった、マクロスFのDVD発売イベントの時もそう
でしたが、相変わらず河森総監督は、何か言えば劇場版に
取り入れるかもという、適当さw
 会場からは「シェリルをバルキリーに乗せて。」との要望や
遠藤さんや、まめぐからは、シェリルを選んでとかランカじゃ
ダメですか?発言で、中村さんは「Aパート、Bパートの
2本立てでw」とか「ゲーム化」とか言いたい放題。
 そして、なんと劇場版の初歩的PVでランカの新曲「そうだよ」が
流れつつ、劇場版で使われるセリフでの生アフレコがあるなど
大サービスで約30分ぐらいかな?トータル1時間ぐらいで
終了しました。

 その後、入場フリーになり、超時空カラオケ大会で選考に
残った方々のカラオケでしたが、流石に残っただけあって
皆さん上手でした。

 このカラオケが終わり既に午後6時近く・・・。
 出来上がった公式痛車も撮影したし、1日中いたので
疲れてきたので、名残惜しかったですけど、秋葉原を後に
して帰りました。
456
789      

|

« 「鉄腕バーディ DECODE:02」 第7話『WE WILL MEET AGAIN』   | トップページ | 「RIDEBACK-ライドバック」 第7話『罪と×』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

イベントetc」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222507/44148268

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原「マクロス超時空進宙式典」イベント日記:

« 「鉄腕バーディ DECODE:02」 第7話『WE WILL MEET AGAIN』   | トップページ | 「RIDEBACK-ライドバック」 第7話『罪と×』 »