« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

「咲-Saki-」第4話『翻弄』

 第4話「翻弄」

 宮永さんと一緒・・・宮永さんと一緒に、全国に行くんだ。
 咲と一緒に高校へ通学しながら、頬を赤らめ思う和。

 昼休み、一緒に昼ごはんと集まる咲、和、優希そして京太郎。
 咲は和の卵焼きを分けてもらい「おいしいheart01」と。
 「原村さんは、料理上手だね。
 「当然だじぇ。のどちゃんは私の嫁だからにゃ。」と優希。
 その言葉に妄想で、にやける京太郎に優希は「残念ながら、
のどちゃんは男より麻雀なんだじょ。
」と耳打ちしながら京太郎の
肉まんを食べると「返せよ!」と言いながら、バランスを崩し
優希の上に・・・
 い・・・いやぁ。今は・・・ダメheart04
 「何がダメなんだ。」とまどう京太郎。
1
2
3    

 まこの家は喫茶店で忙しいから咲と和に手伝いに行ってくれと
いう久。
 喫茶店の前でメイドのコスプレをして待っていた、まこ。
 今日はメイドデーと言うことで着替える2人。
 「おかえりなさいませ。ご主人さまheart02
 とまどう、咲とは反対に、すっかり順応している和。

 和は喫茶店の隅に麻雀卓があるのを見つけると、ちょうど
2人組みのお客が現れ咲と和も加わりスタート。
 勝負が終わり、1人抜けると、女性が1人やって来た。
 「何?!この感じ・・・なんだろう。
 まるで、お姉ちゃんと対局する時みたいな・・・。

 この女性の威圧感からか、震える咲。
 「カツ丼さん、ほとんど上がってない。さっきの嫌な感じは
気のせいなの?!

 「カン!」女性の手が動いた。
 「この感じ・・・お姉ちゃんと打った時と同じだ。」震える咲。
 「ロン!タンヤオ(※1)、ドラ1。60符で3900(ざんく)。
 「なっ?!」驚く和。
 「まくった。
 和了り牌を減らしてまで和を狙い撃ちである。
 「さぁ、もう一回いこうか。

4
5
6      

 結果は、謎の女性の5連続トップで終了。
 彼女の名前は藤田靖子
 まくりの女王と呼ばれている地元出身のプロ雀士。
 プロなら負けても仕方が無いという咲に
 「当たり前じゃ、無いですよ!」と和。
 藤田は去年のプロアマの親善試合で自分は2位で1位に
なったのは当時15歳の龍門渕高校の天江衣だと言う。
 「分かってると思うけど、絶対、天江衣に勝てないわ。
 県予選の相手だと分かり、動揺する咲と和。

 帰りながら、落ち込む咲に和は
 「全国に行かなきゃダメって言ったのは、あなたでしょ。
1回負けたくらいで、メソメソしないで下さい。
私たちは行くんです、全国に!

 この10日で誰よりも強くなれば
いいんです!!

7
8
9
 
 部室の明かりがついていて、そこには久が待っていた。
 「私たちもっと強くなりたいんです。県予選までのの間に
もっと強く!!

 「そう来ると思ってたわ。」久はホワイトボードを回転させると
そこには”強化合宿”の文字が。
 全ては久が仕組んでいた事に気がつく咲と和。
 「期間は今週末、部員はもちろん全員参加・・・いいわね?
 「はい!!」と咲と和は元気に答えるのであった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 和は、すっかり恋する乙女モードでかわいいですねlovely

 そして、2人のメイド姿に萌え萌えですよnote
 ちょっと色がメイドより、何かのキャラのコスプレって感じも
しますけどねcoldsweats01
 そのメイド服のスカートの丈の短さを気にしている咲ですが
制服の方が短いように感じるのは気のせいでしょうかw

 京太郎が気になるのか?部室でメイド姿でパンチラする
優希は原作ではあまり、気なるキャラでは無かったのですが
アニメでは、かなり目立った、いいキャラになっていて、これも
ツンデレの女王(優希はツンデレじゃないけど)釘宮理恵の
演技力があってのことと、言っていいでしょう。

 ここまでは原作に沿ってますが次回の「合宿」は原作には
ないオリジナルエピソードなので、どのように描かれるのか
楽しみですね。

※1 タンヤオは字牌を除き、2から8の間の数字のみで
   つくる役の事で、簡単な役。
   ちなみに、相手の捨牌をポン等の鳴きも含んで作る
  タンヤオの事を鳴きタンとか食いタンと言い、ルールに
  よって役と認めるか認めないかがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (17)

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 第4話『錬金術師の苦悩』

 第4話「錬金術師の苦悩」

 キメラ練成は体を取り戻す手がかりになるのでは?と
エドとアルはマスタングと共にキメラ練成の専門家である
ショウ・タッカーの家を訪る。

 娘ニーナと愛犬アレキサンダーと仲良くなった、エドとアルに
国家錬金術師の査定が近づき、資格を失って辛く貧しい日々に
戻りたくないと打ち明けるタッカー。
 それを聞いたニーナは「大丈夫よ、お父さん。
ダメだって言われたら、あたしとアレキサンダーが偉い人に
怒ってあげる。

 「ニーナ、明日はお父さんと一緒に遊ぼうか?
 「ほんとう?アレキサンダー、お父さんが遊んでくれるって。
 大喜びで、お父さんに抱きつくニーナだった。

 「やあ、出来たよ、完成品だ。人語を理解するキメラだ。
 翌日、タッカーはキメラの練成に成功し、そばには犬のような
キメラが、一匹座っていた・・・。
 「この人はエドワード。」キメラに話すタッカー。
 「エドワード・・・エドワード・・・エド・・・ワード、エド・・・ワード
お・・・にい・・・ちゃん。

 驚愕の表情をし全てを悟ったエド。
 「タッカーさん、国家資格とったの、いつだっけ?
 「えーと、2年前だね。
 「奥さんが居なくなったのは?
 「・・・2年前だね。
 「もう1つ質問いいか?ニーナとアレキサンダー、どこへ
行った?
」 物凄い形相でタッカーを睨むエド。
 「君のようなカンのいいガキは嫌いだよ。
 エドはタッカーを壁に押し付ける。
 「やりやがったな!2年前はてめえの妻を!そして今度は
娘と犬を使ってキメラを練成しやがったな!!動物実験にも
限界があるからな。

 楽だろうさ、人間使えばなっ!!

 人の命をもてあそぶなというエドに
 「同じだよ!君も!!わたしも!」否定するエドにいう。
 「違わないさ。目の前に可能性があったから試した。
それが禁忌であると知っていても!!
 怒りにまかせてタッカーを殴りまくるエド。
 正気に戻ったエド・・・近寄るキメラ。
 「おとう・・・さん・・・痛い?おとうさん、痛い?
 
 「間に合ったんだ。」と国家錬金術師のペンダントを手に取る
タッカーを見てペンダントを蹴り上げるエド。
 それを必死に拾いに行くタッカー。
 「何が国家錬金術師だ・・・なにが。

 落ち込むエドに国家錬金術師である以上、今後も同じような
事件に遭遇することも、エド自信が手を汚す事もあるかも
しれないと諭すマスタング。
 「その度にそうやって立ち止まるのか?
 「の犬と呼ばれようが、悪魔と罵られようが俺はアルと2人
元の体に戻るってやる。
 だけどな・・・俺たちは悪魔でも、ましてや神でもない。
 人間なんだ・・・人間なんだよーー!!
 たった1人の女の子さえ助けてやれない・・・ちっぽけな人間だ。


 その頃、タッカーの家に額に十字の傷のある男がやって来た。
 「神の道に背きし錬金術師・・・滅ぶべし。
 「おとうさん・・・おとうさん・・・おとうさん・・・」タッカーの死体に
近づき涙を流しながらつぶやく、キメラ・・・。
 「哀れな・・・この姿になってしまっては、元に戻れる方法は
無い・・・せめて、安らかに逝くがよい。

 「神よ。いま二つの魂が、あなたの元へ帰りました。
 その広き懐に彼らを向かい入れ哀れな魂に安息と救いを
与えたまえ・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この話、前作でも涙してしまいましたが、今回も分かっては
いてもやっぱり泣けてしまいます・・・。
 それだけ、この話は鬱すぎますね。 

 子供の頃はもちろん、キメラに練成されても、お父さんの
事が大好きな姿が、見ていて痛くて辛くてたまりませんcrying
 その一方でタッカーは、エドに殴られ「おとうさん痛い?」と
とキメラになっても、おとうさんの事を心配する言葉にも、
無反応で、心の痛みすら感じず、国家錬金術師の地位や
お金の方が大事という姿が鬱を倍増させてくれますね。

 現代においても、親が子を殺し平然としている者がいたり
しますが、彼らがこの作品を見て、どう感じ取るのか聞いて
みたい気がします。
 タッカーに共感するのかなぁ?それとも可哀想とか否定
するのかなぁ。
 あとは、これを見た子供たちが親に対しての恐怖感とかの
トラウマにならなければいいのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (37)

「黒神 The Animation」 第15話『修羅』 

 第15話「修羅」

 「終わりよ。
 「ごめんなさい・・・わたしさえ存在しなければ、あなたが
これほど苦しむ事は・・・なかったのに。

 「バカらしい。ルートのあなたにサブの私の気持ちが
分かるはずが・・・

 「わたしの好きな人は・・・サブなの。
どうして・・・誰もが同じに生まれなかったのかしら・・・
わたし、慶太くんに何もしてあげられなかった。
 あんなに苦しんでる彼に・・・

 「どうして、どうして撃てないの?!
 茜の言葉に動揺する雪。
 そこへ、蔵木が現れ雪の手元から銃を奪い取り、サブである
雪に出来る限りの幸福を与えたつもりなのに、何故分からない
のか?と銃を向け撃とうとした瞬間
 「おねがい。もう止めて。」雪をかばう茜。
5
2 

 その頃、慶太とクロはテラを感じ部屋の扉を開けると、敵に
飛ばされる揶雲。
 「森羅?!
 クロは兄の黎真に従って清き所を去った一人だという。
 「森羅、何故、我が一族を裏切ったのですか?
 「裏切り?全ては姫さま、あなたの誕生から始まったのです。
我らは主である黎真様に従っただけ。

 黎真が消えた今、死に場所を求めて蔵木の元へいるという。
 「姫様、あなたを道連れに死ねるなら本望です。
 シンクロする森羅。
 そして、背後には、まゆのマスタールートである、えみの姿が。
 「デリートえみが言うと膨大なテラが森羅に集まりだす。

 「この程度で攻撃のつもりか!」クロの攻撃を受け止めると
ザン○エフも真っ青のスクリューパイルドライバーが炸裂する。
 森羅は言う、幼い子供だからこそ、成長し薄くなってしまう前の
純度が高く濃いサブのテラを吸収した特別なマスタールート
であると。

 「クロ!あの子のテラと戦うには、こっちもテラを全開してやる
しかない!!

 テラをコントロールし攻撃力を上げる慶太。
 「慶太さん・・・
 「イクシード!メガエグゼーーー!!
 しかし、イクシードは森羅の目の前で消えてしまう。
 「出来ない・・・どうしてシンクロ出来ないの?どうして・・・
 慶太を死なせたくないと思う心が無意識にテラを拒絶してる
のではないか?という揶雲。
 クロの危機に揶雲が森羅に立ち向かうが、揶雲ですら、やはり
森羅との差は大きくピンチになると慶太のサウザンドを発動し
攻撃するが反れて森羅には当たらない・・・。
 「なかなかやる。
だが、まだ上手くコントロール出来ないようだな?

 しかし、これは慶太の作戦で天井が崩れ落ち森羅の頭上へ。

 「茜さん!!・・・茜さん・・・。
 「慶太くん・・・慶太くん!!」上の階から落ちてきた茜は慶太と
再会し慶太の胸へ・・・。
 「良かった。無事だったのね?!慶太くん。
 雪は慶太たちと共に脱出する為にヘリポートへ向かおうと
誘うが雷呀に追いつかれ慶太は雪と2人で逃げるよう茜に言う。
 「嫌よ!もう離れ離れになるのは嫌なの!!
 「頼みます。」雪に茜を頼みヘリは飛び立つ。
 「ごめんなさい・・・私の為に。
 「悪いのは雪さんじゃないわ。ドッペルライナーシステムよ。
慶太くんたちなら大丈夫。

 「信じてるのね?彼を。・・・私にも居たわ。信じてる人が・・・
 突如、ヘリのプロペラが止まり海へ墜落してしまう。
 そして、ヘリと共にゆっくりと沈んでいく雪・・・
3
4 

 慶太たちの元へやって来る蔵木。
 「まさか、ここまでやるとは・・・。
 君は僕の予想を遥に超えていたよ。
 伊吹・・・君はもう終わりだ。

 車イスに乗った男のフードを取ると仮面を被った男が現れる。
 顔を見て驚く慶太たち・・・また仮面の男も同じだった。
 「切り札は最後まで取って置くものだ。伊吹。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 茜さんの優しさに触れ、心を開く雪。
 私的には茜さんのわたしさえ存在しなければ~の言葉は
雪を哀れんでるというか、見下してるというような感じがして
しまい好きなセリフでは無いですが・・・。

 ともあれ、こんなに2人が仲良くなるとは驚きです。
 死ぬと決まった訳ではないですが、海に沈んでいくのは雪
だけと、やはりドッペルライナーシステムには逆らえないのか?
今後、2人の関係が見れないかもと思うと残念ですね。
 ただ、茜さんって、ルートの割りには運が良くないような気が
するのは、気のせいでしょうかcoldsweats01
 森羅のいう成長して(胸がsign02)テラの純度が薄くなってる事と
関係してるのかなwww

 それにしても蔵木の理想は、どこへ行ったのやら?慶太の
ルートを切り札に隠してたり、悪役街道まっしぐらですね。
 慶太がマイナスルートになるとは考えられないし、どう収拾
するのか今後の展開に期待です。
 まさか、実は生き別れの双子だとかそういう、ネ申展開sign02
 双子とかなら、そっくりでも、ドッペルライナーシステムは適用
されないと思いますしね。
 生まれた瞬間に片方が死んでしまいますからcoldsweats01
 その場合は双子の他に各2人そっくりな人がいて合計6人
そっくりな人がいるということになるのかなw

| | コメント (0) | トラックバック (6)

「咲-Saki-」 第3話『対立』

 第3話「対立」

 「・・・いませんね
 強豪校とか選手とか詳しくないですし自分のスタイルを守って
いれば、誰が相手かなんて関係ありません!

取材に訪れた”ウィークリー麻雀TODAY”の西田に注目している
選手がいるか?の質問に、こう答える和だが、意識しつつも
認めたくない選手がいることに気が付く西田。

 「りんしゃんかいほう?何それ?
 「麻雀の役の名前だよ。山の上で花が咲くって意味なんだ。
 「咲く?おんなじだ、わたしの名前と。
 「そうだね。咲
 木の下で咲は子供の頃の夢を見ていた。
 そして目を覚まし、つぶやく「お姉ちゃん・・・」と。
123
456      

 久とまこは、外出中の為、咲、和、優希そして京太郎の4人で
特打開始。
 最初から気合の入った打ち方で飛ばす和。
 咲も、嶺上開花自撲(りんしゃんかいほうつも)
 門清(めんちん)(※1)倍満和了で応戦する。
 「2人がいると勝てないつまんないじょー
 咲と和の驚異的な強さにグチを言う優希。

 2回目が始まり、調子が出てきた優希のリーチ。
 咲が筒子(ぴんず)の5を振込み優希のロン。
 危険牌を切った咲に疑問を持つ和と京太郎は咲の牌を
のぞくと、国士無双(こくしむそう)(※2)の聴牌!
 京太郎は国士無双を見て、強気な捨牌に納得するが、和は
その前に京太郎が捨てた筒子の9で和了れる事に気が付く。
 咲はわざと見逃したのであった。
 結局、咲の±0という結果に怒った、和は帰ってしまう。

 その頃、予選の抽選をしていた、久とまこ。
 当たりたくない強豪校とは決勝まで避けることが出来たことに
ホッとする久。
789
101112       

 「今の打ち方を続けるというなら退部してもらえませんか?
 和は咲が手加減するのが気に入らなかった。
 私も楽しませて下さい。
 全力で戦う、咲と対戦したい和はそう思わず言ってしまう。
 そして、そうしないと全国に行けないと。
 「それは困る・・・困るよ。わたし、全国に行きたい!!
 母と姉は東京に、そして姉は私の事を怒っていると。
でも、麻雀を通してなら話せるという咲。
 咲の姉の名は宮永照
 去年の夏の大会、春季大会の優勝者である。
131415   

 原村さん、一緒にいこ。一緒に全国に行こう。heart01
 じゃあ、もう・・・手加減とか、無しですよ。heart04
 顔を赤らめる和、そして2人は指きりをするのであった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 オープニング前のアバンのナレーションって・・・
 いつから、こんな壮大な物語になったのでしょうcoldsweats02

 和は咲の言葉に顔を赤らめたり、ツンデレ全開。
 百合まっしぐらですねlovely

 そして、いよいよ他校のライバルたちが登場してきましたが
誰が主役をやっても不思議じゃないくらい、声優が結構豪華で
驚きです。
 もし、咲がイベントとかになって、これだけの声優が参加する
ことになったら、スケジュール取りも大変でしょうし、チケットの
激しい争奪戦は必死ですねw

※1 ポンやチー等をしないで、自分の手持ちだけで同じ柄の
   数字を揃える役。(この場合のカンは自模なのでOK)
※2 字牌と数字の1と9を各1枚、13種類全て揃える役。
   和了牌のみ2枚になる。
   麻雀を知らない方も、一度は聞いた事あるのでは??

| | コメント (0) | トラックバック (13)

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 第3話『邪教の街』

 第3話「邪教の街」

 降りて来いよ、ド三流!!
 格の違いってやつを見せてやる!!


 アルとエドは「奇跡の業」を使うという救世主であるレト教の
教祖コーネロの居る街へやって来た。
 街で出会った少女ロゼは熱心な信者で恋人が蘇ることを
信じていた。
 アルたちは等価交換を無視し練成するコーネロの指に輝いて
いる指輪がこそが捜し求めている賢者の石であり、その力に
よるものではないか?と確信する。

 コーネロはアルの機械鎧の腕、そしてエドの鎧に実体が
無いことから、アルたちが人体練成の禁忌を犯したことを
言うと驚愕するロゼ・・・。
 「これが神様とやらの領域を侵した罪人(とがびと)の姿さ。
ロゼ、こうなる覚悟があるのか?

 コーネロと話をするエド。
 賢者の石があれば教団は要らないだろう?とのエドの問いに
教団があれば自分の為に命も捧げる信者が生まれ、死をも
恐れない最強の軍団を創ることが目的だと暴露する。
 笑い出すエド「だから、あんたは三流だっつうんだよ。
 この会話はマイクで街中に放送されていた。
 コーネロは賢者の石を使いバズーカを練成するが、賢者の
石によるリバウンドにより暴発。
 そして巨大な化け物へとなるコーネロだがエドに一蹴されて
しまう・・・しょせん格が違いすぎるのであった。
 エドは賢者の石を見せろと迫ると壊れてしまう石・・・。
 偽者であったのだ。

 ロゼは人は生き返らないという事実を受け止めることが
出来ず、泣きながらエドたちに言う。
 「これから私は何にすがって生きていけばいいのよ!
教えてよ?

 「そんな事・・・自分で考えろ。
 立って歩け。前へ進め。あんたには立派な足が、ついてる
じゃないか?何にもすがる必要なんて無い・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 エドの言葉には重みがありますね。
 こんなエドのような小さい・・・失礼w
 少年の口から出た言葉とは思えないぐらいの名言です。

 すがる事でしか悲しみから逃れられなくなってしまったロゼの
姿が可哀想ですね。
 エドたちは、このロゼの姿を見てきっと過去の自分たち・・・
母親の蘇生に失敗し、腕と足そしてアルの体を失いマスタングと
出会うまでの自分達を思い出したことでしょう。
 そして、ロゼに”前へ進め”と言いながらも自分達にも改めて
言ったのでしょうね。
 それだけに重みがあると思います。

 それにしても徐々に前作の記憶が蘇ってきます。
 次回「錬金術師の苦悩」このエピソードも結構、つらい話で
女の子があ~なっちゃったような記憶が・・・.。

| | コメント (0) | トラックバック (34)

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 第2話『はじまりの日』

 第2話「はじまりの日」

 持って行かれたーー!!

 母を生き返らせたい。
 その一心でエドとアルは錬金術を学び、そして禁断の人体
練成をしてしまった。
 しかし、そろえた材料だけでは足りず等価交換としてエドは
左足、そしてアルは体を失ってしまう。

 それでも、蘇ったのは母親とは似ても似つかない化物
 「嘘だ・・・違う・・・こんなの・・・こんなのを望んだんじゃない!
アル・・・アルフォンス、アルフォンス、アルフォンスー!
 俺のせいで・・・アルフォンス!

 エドは倒れた鎧に近寄り、エドの魂を鎧に定着させた。
 そして代償として右手をも失ってしまう。

 4年前、マスタングは錬金術としての才能があるエルリック
兄妹を探しに家に訪れ、練成陣の荒れた有様に驚く。
 人体練成を不完全ながら、そして魂の定着をしてしまう
その能力を高く評価したマスタングは、絶望で呆けている
エドに国家錬金術師になるように進める。

 エドは体を戻す手がかりを掴むため国家錬金術師になる
決意をする。
 左足、そして右手に機械鎧を装備して。

 試験当日、両手を合わせ練成陣なしで剣と出すエド。
 その能力の高さに驚く大総統やマスタングたち。
 試験に合格し二つ名を得る。
 その名は””、鋼の錬金術師の誕生である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 鋼の錬金術師が始まり、久々に前作で大好きだった
最後のOP曲、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの
リライト」を聞きましたが、今聞いても、全然色あせてなく
やっぱり良いですねnote

 物語は何故、オートメイル(機械鎧)をエドが、そして
アルは鎧なのかの過去が明らかになり、いよいよ次回から
本格的にスタートという感じですね。
 そして、どうしても前作と比べてしまうのが声優coldsweats01
 ウィンリィの声が豊口めぐみから高本めぐみに変更に
なってますね。
 特に悪いとは思いませんが、どうしても違和感が・・・。
 どうせ、直ぐに慣れるのですけどねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「黒神 The Animation」 第14話『突破口』

 第14話「突破口」

 「沢村(蔵木)を信じた俺がバカだったのか?!
 眠っていた6ヶ月間の間に変わり果てた世界、そして茜が
拉致されているだろうという事を考え自分を責める慶太。

 雪の婿として、そして魁音寺グループの副総裁へ迎え入れる
という、総裁で父である魁音寺冬樹に、雪の大姉たち兄妹は
蔵木の思い通りにはさせない、そして雪を守るために会う約束
をするが、その場で待つ雪の元に現れたのは蔵木だった・・・。
 蔵木は先手を打ち、兄妹と話をし、和解したという。
123
456      

 自分を殺し、同じ顔の茜に自分の代わりをさせたらという雪に
 「どこまで怠惰なんだ・・・。
 今の立場もルートを探す事も、僕への謀反も全て誰かの力に
頼っているだけ・・・その上、自分の生死すらも人任せですか?
 あなたのような人間を僕は心底、軽蔑する。

 さらに「他人を利用してるつもりで、利用され続けるだけ。」と
いう蔵木の言葉に黎真だけは違うと反論するが、黎真も同じと
言われ愕然とする雪・・・。
 そして「怠惰で愚かなお嬢様。あなたはサブの身をただ嘆いて
いるのがお似合いだ。
 いずれ、運命があなたを殺してくれますよ。
 ・・・それとも、最後ぐらいは自分自身の力で選びますか?

 と言い放つと、部屋から出て行く蔵木。

 「沢村に会いに、魁音寺ビルに行く。
 反対するクロや揶雲たちであったが、ベルンハルトは蔵木の
副総裁の就任パーティがあり、それに乗り込むという。
 
 「わたしは・・・サブ・・・
 控室で蔵木のスピーチを聞きながら、雪はこう、つぶやきながら
カバンの中にある拳銃を銃を手にとり頭に銃口を向け
 「運命に殺されるぐらいなら・・・最後ぐらい自分の力で・・・
引き金を引こうとしたその時。
 勝手な事を言うな! 
 「そんな綺麗事でサブを殺した事を許されると思うのか!!
 そう叫ぶ慶太とクロが会場に現れる。
 そんな運命なら、俺がぶっ壊してやる!
 蔵木の良き未来を創るためなら運命も利用するという蔵木に
反論する慶太に、怯む蔵木、そして「運命を壊す・・・?」驚きの
表情で見つめる雪。

 会場が爆発しザ・ノーブル・ワンの襲撃が始まり大混乱に
なる会場。
 そして、対立するグスタフ配下の魁音寺派とベルンハルトら
反グスタフ派。
 慶太はビップフロアに茜が居る事を確信し、そこへ向かおうと
するが、雷呀が現れ、その隙にビップフロアへ向かう蔵木。
 シンクロしイクシードを放つが雷呀には通じず苦戦するクロに
追い討ちをしかける雷呀にベルンハルトとジーンが助けに入り
慶太とクロを茜の元へ向かわせる。

 「どうして開かないの?誰か居ませんか?
 茜は異常事態に助けを求めトビラを叩くが開かない。
 すると突如、トビラ開き、驚く茜・・・。
 目の前に現れたのは雪だった。
789
101112      

 雪に伊吹慶太がこのホテルに来ていると聞き「生きてた・・・
生きてたのね・・・慶太くん。
」ホッとした表情の茜に雪は
でも、あなたは、ここで死ぬのよ。」と銃口を向ける。
 「佐野茜・・・わたしのルート
 おどろく茜「わたしはあなたのサブだって蔵木さんは・・・
 「蔵木の嘘よ。あたながルートで私がサブ・・・それが真実。
私たちは出会ってしまった・・・つまり、このままではサブの私が
死ぬ、そして生き残ったあなたはマスタールートとなり私の分の
幸運を得て幸福になる・・・あなただけ幸福に・・・。
 私は魁音寺に相応しい娘に成りたい・・・だから、あなたを
殺して生き残るの。

 「マイナス・・・ルート・・・
 「そう、世の摂理と均衡に反する存在・・・それでも私は生きる。
運命に逆らっても生き残ってみせる!!

 終わりよ・・・
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 茜さん、大ピィ~~ンチweep
 雪と茜さんが遭遇する事があるとは思っていましたが、
こんなに早いとは予想外でした。
 雪は、本当にサブなのかな?と半信半疑でしたがマスター
ルートだとルートかサブか判別出来るのか?美優紀に雪が
サブと見破られ、本当にサブだったのですね。

 そして、雪の落ち目っぷりには、同情しちゃいます。
 登場直後は、ルート(そう思い込んで)として敵役として、
立派?な存在だったのに今では蔵木に罵られ、兄妹には
裏切られ、さらには美優紀や邪蛇にも、小馬鹿にされたような
感じで、可哀想すぎですcrying
 でも、茜さんを殺すことは許しませんよ!絶対にwww
 「そんな運命なら、俺がぶっ壊してやる!」なんて言ったから、
自殺を思い止まり、茜さんに銃口を向けてる訳ですから慶太には
茜さんを助けて責任を取ってもらわないとね。
 これで(次回あたり?)どちらかが死ぬ事になるのかなぁ?
 雪だったとしても、物語的にもキャラクター的にも死ぬのが
早すぎると思うし、共存均衡も崩れて来てる事ですし、ギリギリ
まで生き残って欲しいと言うのが、望みですw

 一方のクロは慶太が倒れたことが、トラウマになって本来の
力を出し切れない様子で、慶太が精神的に成長したと思ったら
今度はクロが、今後どのように成長するか見所ですね。
  
 見所と言えば公式HPのキャラ表を見ると、気になってた、
まゆちゃんのルートですが、えみがアップしてあり、元神霊の
森羅とともに最強の敵として立ちはだかるようになりそうな
感じです。

 そういえば黒神のブルーレイは限定版のみで通常版の発売が
中止になったようですね。
 いわゆる大人の事情というやつでしょうが、黒神の感想を
書いているブロガーの方々も2部になってから、さらに減ってる
感じもしますし、この様な事も、判断材料になるのかなかな?
なんて思ったりします。
 最終回はまだですが、個人的には面白く、お勧めの部類に
入るのですけど・・・ねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (7)

「咲‐Saki-」第2話『勝負』

 第2話「勝負」

 「宮永さん、麻雀は勝利を目指すものよ。
次は勝つ為の麻雀を打ってみなさい。

 久は±0しか出来ない咲に、そう言うと、戸惑いながらも
分かりました。でもプラマイ0じゃトップに成らないですよ。
 ボーゼンとする久たち、咲±0にするしか、頭に無い様子。

 久は咲は1000点で他の3人は33000点と思って打ちなさいと
アドバイス。
 宮永咲、原村和、片岡優希、染谷まこ、この面子で勝負開始。
123
456      

 開始早々、咲のダブリーツモ。(※1)
 的確な麻雀で点差を広げる和、そしてオーラス。
 
 「何だか不思議な気持ち・・・今までわたし、麻雀打ってこんな
気持ちになった事、無かった・・・何だろ?この感じ。

 和を見つめる咲、そして「わたし・・・勝ちたいって思ってる。

 「今日はこれ、和了ってもいいんですよね?
 ”西”カン、そしてソーズの8!
 四暗刻(すうあんこう)(※2)の嶺上開花!役満!!
 「わたし・・・わたし・・・役満、和了ったの初めてだ・・・。
 今までは出来てても、ずっと崩してたから・・・。

 震えながら、こう話す咲。
 「でも・・・勝つって難しいですね?
またプラマイ0になっちゃった。

 1000点スタートで±0と思ってた咲。
 本当はダントツトップの結果に「勝った・・・わたしが勝った。
 
 悔しさで外へ走り出す和を追いかける咲は、家族と打つ麻雀と
違って和と打つと嬉しい気持ちになる、そして。
 「相手が原村だったから。
 原村さんが居たから、家族が相手の時と全然違う感じで、とても
難しかったし、そして・・・楽しかった。

 「わたしは・・・わたしは、悔しいです。わたしは麻雀が好きです。
だから、あなたに負けたのがとても悔しい。
 麻雀を好きでもない、あなたに!


 咲は納戸に置いてある、麻雀卓を見つめ和の言葉を思い出す。
 そこへ、家族と打つことも無いから売ろうかとの父の言葉に
もう少し、とって置こうと咲の言葉に「ど~だか?
 「57ページ・・・」と言い残し卓上に”麻雀TODAY”の雑誌を置く。
 そのページを見つめ、雑誌を抱き締める咲・・・。
789   

 「そろそろかな?」と久が言うと麻雀部の扉が開く。
お願いします。
ここに入れてもらえませんか?

 「ようこそ、麻雀部へ。歓迎するわ。
 「わたし、原村さんともっと、沢山、打ちたいんです。
もっと原村さんと打って、そして・・・もっと麻雀で勝ちたいんです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 1話では無かった、メインキャストの4人で歌うエンディング
である「熱烈歓迎わんだーらんど」ですが、ちょっとした
ストーリー仕立てになっていたり、かわいくって楽しく良い感じnote
 5月27日発売予定らしいですが、購入決定でしょうw

 麻雀アニメと言えば、その昔、深夜アニメが、まだ珍しかった
頃の「スーパーヅガン」とか、最近では「闘牌伝説アカギ」など
数は少ないですが、良作が多いと思いますし、この咲も、2話まで
ですが良作になる可能性はかなり高そうです。
 方向性は、萌え~な感じで、全然ちがいますけどw
 まあ、それが、このアニメの魅力だと思いますけどねlovely

 それと皆様のブログを拝見してますと、麻雀を知らない方も
多そうですので、簡単ですが役などの説明を今後もつけて
いきたいと思います。

※1 一巡目からリーチしてツモ(自分で引いて)上がり。
※2 同じ絵柄や数字を各3枚、4種類を持ち手で揃える役。
    この場合はカンも含む。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

「黒神 The Animation」 第13話『新世界』  

 第13話 「新世界」

 兄が、獅子神黎真が消えてから半年。
 倒すはずだった相手がいなくなり、人間の世界は益々
荒んでいく・・・。運命に行き場を奪われ、
 わたしは何も出来ないまま彷徨っていた。


 サブが犠牲にはなるが、マスタールートが増え、その結果、
生産効率が上がり、かつてのバブル経済の株価上昇。
 そして、これを恒久的に維持し、更には戦争そして貧困の無い
理想の世界を作りだす。
 これが蔵木が創り出そうとする世界であった。

 ザ・ノーブル・ワンが魁音寺グループの襲撃を計画するが、
本部より一方的な撤退命令が下る。
 魁音寺は影でグスタフ元帥と手を結んでいたのだった。
 
 サブの死亡、そして蔵木が茜を幽閉することにより表舞台に
立つことが出来るようになった魁音寺雪だが、蔵木の思惑通りに
なること、そしてマスタールートに成れずに不満な雪に蔵木は
「サブの身には不相応な地位を与えられていると言うのに
いつまで経っても自分の立場を理解できない人だな・・・。」と。
123
456      

 慶太を心配する茜・・・。
 蔵木は慶太を捜索しているが、見つからないと、そして
 「黎真を倒すまで、もうしばらく、ご辛抱を・・・」と出て行く蔵木。
 「慶太くん・・・
 
 「ただいま、慶太さん」とザ・ノーブル・ワンや揶雲らが居る
アジトに戻ってきたクロ。
 そこには6ヶ月間眠り続ける慶太が・・・。
 テラは十分戻ってるのに、目覚めない慶太に「わたしの
せいで・・・わたしと契約した事で・・・
」と落ち込むのであった。

 撤退命令により多くのメンバーは去ったが亡きシュタイナーの
そして契約者エクセルの意志を継ぎ、テラの均衡を乱す魁音寺
グループと戦う決意を新たにする、ベルンハルトらザ・ノーブル・
ワンのメンバーやクロたち。

 そこへ、魁音寺の襲撃が!!
 本部が魁音寺と手を組んだ事によって、セキュリティーが突破
されたのだった。
 山田理佐のマスタールートであり邪蛇の契約者、美優紀は
クロを見つけ「その元霊玉の娘が、獅師神黎真の妹ね?
 「情報通りだ。ではやはり、伊吹慶太も、ここに居るんだな?」と
九条は慶太を探す。
 慶太を守る、マカナと永嶺隆人の元へ、クロも駆けつるが
九条の元神霊、朧鬼から繰り出されるパワーの前に苦戦する。
 「わたし一人じゃ・・・イクシードが放てない・・・
 黎真との戦いを思い出だすクロ。
 「でも!あの時、慶太さんは、限界だったのに戦ってくれた。
 今度はわたしが、慶太さんを守る!!

 しかし、シンクロしてないクロでは力の差は歴然。
 返り討ちになりクロは慶太の眠るベッドの上に倒れ落ちる・・・。
 「クロ、戦え。大丈夫・・・テラは満ちてる・・・戦え。
 「嫌です。わたしのせいで、慶太さんをこれ以上、苦しめたく
ないんです。

 「俺はお前に感謝してる。お前と出合ったお陰で、俺はこの
世界に関われる様になった・・・。
 ただ運命から逃げるだけだったのに・・・だから、戦うんだ!!

 寝ている慶太と心で会話し光りだす2人の紋章・・・。
 そして慶太も寝言で「クロ・・・イクシードだ・・・」とつぶやく
 「慶太さん・・・慶太さん・・・慶太さん。

 クロ!イクシードだ!!
 はい!!
 慶太は目覚め、叫ぶ!
 イクシード!メガエグゼーーー!!
 人工サウザンドの結界に防御され、怯むクロ。
 「怯むなクロ! ぶち込めー!!
 イクシードを連発し、結界は破られ、ぶっ飛ぶ九条と朧鬼。
789
101112      

 イクシードを連発しまくるクロ。
 それを見た、仲間たちは慶太の目覚めを確信し、反撃を
開始し、勝敗は決した。

 半年も寝ていた事実を教えられる慶太。
 「クロ・・・ありがとう・・・
 「慶太さん・・・」目に涙を浮かべそう呟くクロ。

 出会ったのも・・・共に戦うことになったのも、運命だとしたら、
この結ばれた絆で、全てを乗り越えていくしかない・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 前回が総集編だったので、1回お休みで今回が13話です。

 慶太とクロの心の会話。
 そして目覚めのシーンがカッコよすぎですhappy02
 カッコいいと言えば新オープニング。
 今後の激闘を予感させる映像、そしてGRANRODEOの歌う
tRANCE」と、かなりのクオリティで、これを見るだけでも
十分価値があると思います。
 
 第2部蔵木編になって、山田理佐のマスタールートの美優紀は
敵キャラとして、そして永嶺隆人やマカナは仲間として本格的に
物語に関わってきたし、ベルンハルトの契約者でカッコいい
お姉さんジーンや魅惑的な元神霊の邪蛇など、新キャラ多数
登場で盛り上がってました。
 九条は地味すぎですが・・・coldsweats01
 
 導入編としては、大まかにAパートで、6ヶ月間の空白の説明、
Bパートで新旧キャラ入り乱れての戦闘とバランスも良く、
良い出来だったと思います。
 そしてオープニングには水華魅も描かれてるので今後の
再登場も期待できそうですし、慶太と蔵木の思い出の高架
道路も出来てたり、美優紀の登場と、序盤での伏線が消化
されてきてるので、まゆちゃんのマスタールートの登場も
ありそうで、楽しみですね。
 気になるのは、オープニングでの茜さんの涙の意味と
中途半端に消えてしまった黎真がオープニングに居な
かったことでしょうか。

 蔵木の理想は一部の人(マスタールート)にとっては、実現
すれば素晴らしいですが、慶太を襲ったり、茜さんを幽閉したり
真実を教えなかったりと相変わらず真意は分かりませんが・・・。

 慶太も目覚めたし、早く茜さんを助けて欲しいものです。
 そうしないと、慶太とクロ、そして茜さんのビミョ~な三角関係が
楽しめないし、何より慶太にベタ惚れな萌え~な、茜さんを早く
見たいですからねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (4)

「鉄腕バーディ DECODE:02」 第12話(最終回)『BEFORE LONG』  

 第12話「BEFORE LONG」

 「この街で死んでいった者たちの無念さ・・・残された者の
悲しみをお前たちに分からせてやる。
 死の恐怖を味わうことで。


 ナタルとモスの戦いが始まった。
 戦いに喜びを覚えながらモスは有利に戦いを進めるが、
頭を壁に、そして足の膝を踏みつけ、瓦礫を手に取り
モスへ・・・とその瞬間。
 ナタル! ナタル、もう終わりにしましょ。
 モスを助けるバーディ。
 「犯罪者は法が裁くのよ!わたしに任せて、ナタル。
 「法?連邦政府を? アルタ人を迫害し、俺たちのような
イクシオラを作ったやつらが?

 信じられる訳が無い!!

 「連邦のやつらが、この星で犯した罪を裁けるものか。
だから・・・俺がやる。

 「イクシオラは感情さえ支配された存在なんだ・・・可哀想に
イクシオラになんかに生まれたからだ・・・
 君が好きだ、バーディ。そんな君を俺はもう見たくない。

 降り出した雨、ナタルの顔の血が洗い流され・・・
 だから・・・君を殺す

 襲うナタルに必死で逃げ説得するバーディ。 
 「犯罪者を捕まえるために、イクシオラの力を楽しんで
いるんだろ?戦うことを望んでしまうんだろ?
 そんな君を見たくないんだ・・・俺は。

 不敵な笑みを浮かべ襲い掛かるナタル。
123
456      

 2人の戦いを見つめるヴァリックはつぶやく。
 「哀れだね。死ぬまで戦うなんてよ・・・イクシオラなんかに
生まれなくて良かったぜ。
」と。
 セントラルタワーテロの悲惨な出来事を思い出しながら
 「死んじまっちゃ、何にもならねえよ。

 廃墟から落ち、気絶してしまったバーディは、つとむの姿に。
 「バーディはイクシオラだけど、戦う為にだけに生まれてきたん
じゃない。これからも人の命を救うことだって出来るんです!!
 それは、バーディだから出来る事なんだと、僕は思うんです。

 つとむの言葉に動揺するナタルは、崩れ落ちる廃墟から再び
バーディの姿に戻った彼女を救い出す。
 「ありがとうバーディ。俺にも出来る事があったんだ。
 「君に話しておきたい事があるんだ・・・聞いてくれるか?
 そしてキスをするナタル。
 「君に会いに行くよ、バーディ。
 「ナタル・・・

 「俺もまだまだ、甘ちゃんだな。
 モスが仕掛けた核の時限装置を停止するヴァリック。

 報道研の発表も終わり、来なかった、つとむの事を早宮に
中杉小夜香はこう答える「きっと・・・また会えるから。

 時空を遡るナタルはセントラルタワーテロの現場に、
 そして、幼きバーディを抱きかかえ「その子を守れ。」と
子供のナタルに預けるのであった。
789
10_21112
13_21415         

 モスを逮捕し、事件は解決したがメギウスにジャンプ能力の
あるイクシオラの研究は無かったと事実を否定されるバーディ。

 「俺からのクリスマスプレゼント・・・ナタルに会ったら伝えてくれ
また会いたいってな。

 室戸はバーディに封筒を渡す。
 その中には、2人一緒に写ってる写真。
 そして、空からは白い雪が落ちてきて見上げながら・・・
 「わたし、待ってるよ、ナタル・・・

                                                                      
 

 やっと、見ました最終回coldsweats01

 とりあえずは、ハッピーエンドとは言えませんがバーディと
ナタルとしては、最悪の別れは避けられましたね。
 でも、捜査官バーディとして考えれば、殺人犯であるナタルを、
そしてヴァリック(核の時限装置を止めて、日本を救いましたが)
にも結果的には逃げられてしまった訳ですから、失態を犯して
しまったといっていいでしょう。
 一方で、ジャンプ能力のあるイクシオラの存在を隠ぺいしようと
するメギウスにバーディはナタルの”連邦政府は信じられない”と
いう言葉を思い出したのかな?なんて考えさせてくれるあたりは
地味ですが、上手く考えたストーリーだと思います。

 それと、せっかく中杉小夜香を再登場させたのに、結局は
顔見せ程度の役割で終わってしまったのが残念です。
 バーディが引いた、おみくじの”運命の再開”は、つとむと
中杉小夜香との、再会では無く、ナタルに抱きかかえられた
バーディが、セントラルタワーテロで助けてくれた人が未来から
来たナタルだったという事が感づき、それが”運命の再会”と
なった形ですからね。
 なんというか、親心とでも言っていいのか?ほんの少しでも
いいから、つとむと小夜香が再会して欲しかったですねw
   
 全体的には、最終回にも関わらず、再び作画が大崩壊
(意図した事?)したり動きが緩慢だったりと作画クオリティと
しては、不満な点も多々ありますがストーリーやBGMは、
良作の方だったと思いますし、今後、続編が作られれば、
間違いなく見ると思いますが、もっと作画の方はしっかりして
もらいたいと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

「咲‐Saki-」第1話『出会い』

 第1話「出会い」

 同じ高校1年生で、綺麗で胸の大きい女の子に見惚れる
女の子、宮永咲。
 そんな咲の背後から「学食、行こうぜ。」と学食に誘う幼馴染の
須賀京太郎。
 京太郎はレディースランチが食べたかったのだ。
 食べながら携帯ゲーム機で麻雀をする姿を見て咲は
わたし、マージャン嫌い

 マージャンが出来ると知り、面子が足りないと嫌がる咲を
強引に麻雀部に連れてくると、そこには胸の大きな女の子。
 彼女は原村和、全国中学生麻雀大会で優勝者だった。
123   

 そしてタコス大好き、能天気少女、片岡優望も加わり
嫌がる咲を無視して麻雀開始。
 「でも・・・家族以外と打つの初めてだなぁ。
 いきなり優望に振り込む咲。

 雨が降り出し、目を覚ました竹井久、彼女は麻雀部の部長で
あり、学生議会長も務める3年生。
 3回終わって、咲は連続プラスマイナス”0”
 彼女の実力を感じた久は、偶然だと言う他のメンバーに
 「3回連続なんて、不可能ってかい?
でも、圧倒的な力量差があったとしたら?

 「あの子、うちの部に入ってくれないかな?そうすれば、まこを
入れて5人、うちの部、全国狙えるかもよ?!
」と久。
 出て行った咲を追いかけた和に「わたしが打つと、いつも
あんな風になっちゃうんです。

 咲は、家族麻雀で勝ちすぎると怒られ、負けるとお菓子が
もらえず、こういう打ち方を覚えたのであった。
 もう1回打ちたいと願う、和に咲は
 「ごめんなさい。わたしは麻雀、好きじゃないんです。

 図書館に本を借りに来たが、貸し出し中、それを聞いていた
久は、自分が持ってるから貸す事を条件に麻雀をする咲。
456
789      

 局は進みオーラス、咲は優希が捨てたピンズ(※1)の5で
上がればトップになるが、スルーそして和の捨てた赤のピンズの
5もスルーする。
 あくまで±0しか眼中にない咲。
 和はリーチを賭け、±0を邪魔をする。
 咲の”西”のカン、久は言う
 70符2飜で和了るには運が必要・・・それも・・・
 
この空間を支配する、超人的な強運が!

 ソーズ(※2)の2、嶺上開花自撲!!(リンシャンツモ)(※3)。
 咲の±0は成った・・・そして久はつぶやく
 
 奇跡を可能にする、強運・・・その力、神か悪魔か?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 原作開始以来、アニメ化にならないかな?というよりか
きっとアニメ化になるだろうと確信的な思いでいた”咲”が
ついに始まりました。
 1話を見る限り、かなりの出来といっていいでしょう。
 声優陣も豪華ですし、麻雀を知らなくても、雰囲気だけでも
楽しい、この作品、前評判どおり期待出来そうです。
 そういえば、京太郎役の福山さんの声が、いつもと違った
感じの声(地声?)で、分かりませんでしたw

 1話はほぼ、原作どおりに消化しているようですが、今後
どうなっていくのかも原作ファンとしては楽しみですね。

 スクエアエニックス作品ですし、PSPとかでゲームには
ならないのかな?
 というか実はもう開発中とかだったりして?!


※1 丸の数が書いてある牌
※2 棒の数が書いてある牌
※3 カンをして、不足した牌を引いて、それで和了る役

| | コメント (0) | トラックバック (17)

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」第1話『鋼の錬金術師』

 第1話「鋼の錬金術師」

 特に前情報も調べずに見た、第1話。

 いきなり強そうな、氷結の錬金術師、アイザックに
練成陣を使わない、天才的錬金術の技、そして
オートメイルの右腕、おまえが・・・鋼の錬金術師
エドワード・エルリックか?!

 そしてアバンタイトル
 「そっちじゃないのか?
 「えっと、僕、弟のエドワード・アルフォンスです。
 「こんなチビが・・・crying
 「誰がドチビじゃぁっっ!!pout
 これこれ!これが無いとハガレンじゃないよねw 
 前作からの、この定番のギャグこれもいい感じgood

 ロイ・マスタング大佐、そしてリザ・ホークアイ。
 リザさんは、ちょっと前作に比べ輪郭が少し丸くなった
ような気がしますが、気のせいかな??
 そして、ドアから・・・マース・ヒューズ中佐がsign02
 あれれ??
 生きている!!
 確か、前作で死んだはずじゃ・・・。
 勘違いかな?と思いつつも視聴。

 出て来ましたよアームストロング少佐。
 相変わらず、いいキャラですw
 幼き頃に禁忌を犯した回想、そして最後にラストと
グラトニー。
 ラストの「始まるわよ・・・もう、すぐに・・・
 いい所でエンディング。

 前作の続編じゃなくて、リメイクなのね。
 調べると、原作よりの内容になるみたいですね。
 正直いって、映画は見てないので分かりませんが前作の
テレビの終わり方から、どう続けるのか?と疑問には思って
いたのですが、納得しました。
 この続編(リメイク)が始まるのに合せて、前作のDVDでも
借りてこようかな?と思っていたけど、必要なさそうねw

 今期、人気、期待度など、ナンバー1間違いなしの断トツ
大本命のこの作品。
 1話を見る限りはクオリティは問題なしですし、原作は
未読で、見れば思い出すかも知れませんが、前作も
断片的には覚えているものの、忘れているので、新鮮な
気持ちで今後、見ることが出来そうです。

 ただ、リメイクなら、もう少し前作を見て無くても分かる
ような説明みたいな所があった方が良かったかも。
 ちょっと、初めて見る方には分からない専門知識的な
ものが必要な箇所がありました。
 第1話は”つかみ”的なもので、第2話で「はじまりの日」と
過去に戻るので徐々に分かるようになってくるとは思い
ますけどね。
 そして、前作は4クールでしたが、昔と今では事情が
異なるため、何クールになるのか気になります。
 ガンダム00のように、前半と後半で各2クールの合計
4クールになるのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (25)

「鉄腕バーディ02 DECODE」 第11話『BOTH SIDES NOW』  

 第11話「BOTH SIDES NOW」

 ナタルの目の前で、各務が、そして多くの人たちが
崩れて死んでいく。
 ナタル1人を残して。
 リュンカ事件、全てはここから始まった・・・。

 文化祭が始まり、つとむは、バーディに、やさしく話しかけ
おみくじを引くと大吉。
 それには”ずっと会いたかった、あの人と運命の再会。”と
書いてあり中杉小夜香を思い浮かべる。

 屋上でナタルの事を考えるバーディ。
 小夜香がリュンカだった事を、信じられなかった、認めたく
なかった・・・バーディの気持ちが痛いほど分かる、つとむ。
 つとむは、小夜香とは愛とか大げさな事ではなくて、一緒に
居るだけで心が安らぐけど「あの人は、君にキスしたよ。
そうバーディに話しかける。
123   

 復讐を続けるナタルは、ガトールとモスに襲い掛かり
ガトールを追い詰めながらも痛みが再発し逃がしてしまう。
 深手を負ったガトールは改めてナタルの強さに脅威を感じ
爆弾?をセットしてると
 「大佐も老いましたね?弱い男は嫌いです。
さようなら、大佐・・・。

 背後からモスのナイフが突き刺さる。 
 「レビに取り次いでもらいたい。」 
 男から依頼を受けガトールを殺し擬態反応チップを渡すが
裏切られるも「まあ、いい・・・これで好きに出来る。」とモス。

 学園祭で室戸に会ったバーディは、彼の部屋にいるナタルと
1人で会いたいと部屋に入ると、今にも死にそうな体で
バーディ・・・俺はまだ、捕まる訳にはいかない・・・まだだ、
あと3人、やつらを殺すまでは。

 ナタルを宇宙船に連れて行き、体の調整を行いナタルが
イクシオラであることを、そしてナタル本人から不完全体で
あることを知るバーディ。
 リュンカ事件で眠っていたイクシオラの力が目覚めたのだ。

 「俺たちイクシオラは、生まれてくるべき命じゃなかったんだ。
古代帝国時代に作られた兵器なんだよ、俺たちは、人なんか
じゃない。
」自嘲的な笑いを浮かべ、まだ終わらないとジャンプし
再び戦いに向かうナタル。
456
789      

 一方、ヴァリックは突然、バーディたちの元へ自首してきた。
 セントラルタワーテロの事も話してもらうと言うバーディに
ナタルもテロに関わっていたと衝撃の発言をするヴァリック。

 「早宮~、来たよ、来たよ。」と北村可奈絵が報道研に連れて
来た、中杉小夜香。
 夏美にプリクラを取ったノートを見せ「わたしと千川君に何が
あったか知ってる?」と、つとむとの写真を見せる小夜香。

 その頃、ナタルとモス。
 「ナタル、あたしを熱くさせてよ。
 あなたの命が尽きるまで、あたしが一緒に居てあげるわ。

 2人の戦いが、始まろうとしていた。                                                        
 

 いやいや、こんなに更新が遅くなるなんて・・・。coldsweats01
 
 次回で最終回だというのに、最後の最後で小夜香が登場
するなんて、リュンカ事件の全てに、決着をつけるつもりなん
ですね。
 ナタルとバーディには辛い別れしか残ってないのに、それと
相反するように、小夜香が現れ、つとむとの関係を思い出すのか
気になります。
 そして、自分に非は無いにしてもリュンカ事件の張本人と
言える彼女の存在を、ナタルが知ってしまったら、どう出るのか?
 土壇場にきて、この展開、果たして収拾できるのか?
 これが一番気になりますがw
 セントラルタワーテロで子供の頃のバーディを助けた人の
正体も明らかになってないし、一筋縄ではいかないヴァリックの
行動も気になるし、ナタルはテロにどうテロに関わったのか?
 まだまだ、解決してないことばかりですしね。

 そしてガトールがあんな形で幕を閉じるなんて。
 モスとガトールには、もっと深い絆があると思っていただけに
これには驚きました。
 そして、モスの裏切られても「まあ、いいか~」この前向きな
姿勢が、グッドですgood
 ナタルに対するセリフもエロカッコいいし、もっと活躍して
欲しかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

「RIDEBACK-ライドバック」 第12話(最終回)『光りの舞台へ』  

 第12話「光りの舞台へ」

 琳と珠代はライドバックで脱出するが、それを追跡する
無人ライドであるグリモアに珠代のRB-Zのエンジンを撃たれると
琳は自分が囮となって逃走する。

 キーファらはGGPの基地を襲撃するが、対戦車ミサイルすら
通じないグリモアの装甲とその数量に苦戦し、騒ぎは起こしたと
撤退を決心するが、キーファ1人は基地内へ、そしてロマノフの
元へと突入する。

 「まただ・・・こんな時なのに私、ドキドキしてる。
 しょう子と逃げた時、キーファと2人で運転した時を思い出す。
 「お前は目的を変えてしまった。祝福の光の中で。
 キーファの言葉を思い出し
 「ちがう・・・祝福の光りなんかじゃない。
 すずりが死んだ時の光景を思い出す琳。
123
456
789         
 
 「私の動きにフェーゴが答えてくれている。フェーゴの見せて
くれる光・・・私が求めていたものとは違う。
 でも、今なら分かる気がする。
 私がフェーゴに惹かれた理由・・・フェーゴの本当の魅力の
引き出し方。

 商店街を抜けようとした時、目の前からもグリモアが。
 ジャンプするが、フェーゴは捕まり飛ばされる琳は気絶し
母親である尾形遊紀との夢を見ていた。
 「そうだ、光りはつむぎだす物・・・落ち込んでいた私を
照らしてくれた、しょう子の輝き。
 暗闇の中でみんなを照らすお母さんの輝き・・・同じなんだ。
 光り・・・それは・・・・。

 目を覚ます琳、その直後、岡倉が助けに入りフェーゴに
乗って再び走り出だす。
 私の未練・・・。

 岡倉は指揮車両を奪い、グリモアを停止させるがロマノフは
指揮車両がないと暴走する可能性を知りながらもグリモアを
再起動させると、その直後、本部から武装解除の命令が下る。

 依田と片岡龍之介が調べていたヘスナー社とGGPの癒着が
明るみになりGGP中央委員会の4名が更迭されたのであった。
  
 走る琳、そして、立ち止まる。
 琳が目指していた場所、それは、すずりが死んだ公園。
 「お願いフェーゴ。もう一度、力を貸して。
 光りをつむぎ出す為に・・・私の未練を断ち切る為に。

 「見ててね、すずりちゃん。
 襲い掛かるグリモア、それを次々に倒す琳。
 ここは、私の舞台。

 テレビで戦ってると報道される琳の姿を見て、しょう子は
 「・・・違う、戦ってるんじゃない。踊ろうとしてる。
 踊り続ける琳。
 しかしサスペンション?に負担が掛かり止ってしまう・・・。
 「お願いフェーゴ、立って!立って・・・立つのよフェーゴ。
これじゃ何も変わらない、立って・・・立って・・・まだ・・・

 フェーゴは再び動き出し、そして再び幕が上がる。
101112
131415
161718        

 ヘリポートとついに銃口を向け合うロマノフとキーファ。
 劣勢になるキーファに止めを刺そうとした瞬間。
 崩れ落ちるロマノフ・・・横から現れたのは銃を手にした
横山みさをだった。

 ありがとう・・・フェーゴ。
 踊り終わり、オーバーヒートするフェーゴ。
 そして、空から白い雪が降り出した・・・。

 時は流れGGPと日本政府の新統治体制が発表され、
そして再び、桜の咲く季節。
 大学で待つ、しょう子の前に琳が近づきそして・・・
 「ただいま。

                                                                                                     
                                                                                                  

 琳にとっての光りの舞台、そして未練は幼い頃から親しんで
いたバレエを踊ることでした。
 舞台で踊りたい、輝きたい、その未練を気づかせる要因と
なったのが、すずりちゃんの「琳さんのステージを見たい。」と
いう言葉であり、語弊はあるかと思いますが、その最高の
舞台として用意されたのが、すずりちゃんが死んだ、あの
公園であると考えると、ストーリー的に考えると『必要死』
だったということでしょうか?
 自分の、そしてフェーゴがオーバーヒートするぐらい限界まで
踊りきって「ありがとう」とフェーゴに語りかける姿や釈放され?
しょう子に「ただいま。」と言う清々しい表情を見ると未練は
完全に断ち切ったということでしょう。

 その踊りを演出するのが、フェーゴと琳の踊りを引き立てる
バックダンサーのように踊るグリモア。
 そして、更に引き立てるのが最後の最後まで抜群のカメラ
ワークとスローモーションでした。

 前回まで、あれだけ重々しい展開で、光の舞台とは戦場で
あり、戦いの中で光りを見つけるものだと思っていただけに
こういう、爽やかな終わり方をするとは予想外でした。
 あまりにも急転直下な展開や、珠代のRB‐Zには銃撃で
攻撃したのに、フェーゴにはしないのか?とか、こまかい
つっこみ所はあるのですが、そんなことは”まあいいか”と
思わせる魅力のある作品だったと思います。
 
 こう言いつつ最後に気になったのが、ライドバック部に
岡倉と珠代が居なかったことや、トラックの上にフェーゴ
らしい姿が見えた事ですが、珠代は岡倉の事が気になり
一緒に逃亡生活をしてるとか?!
 そしてフェーゴは押収されたでしょうが、琳の釈放と
合せて戻ってきたのかな? 
 う~ん、気になりますw

| | コメント (0) | トラックバック (14)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »