« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHIMIST」 第13話『ダブリスの獣たち』

 第13話「ダブリスの獣たち」

 ケジメとして、イズミから破門されるエドたち。
 
 「どのツラ下げて戻って来たsign02
 ダブリスを離れようとしたが、元の体に戻るための手がかりを
探すため再びイズミの元を訪れる。
 「アルは真理を見なかったんだね?
 ショックで記憶が飛んでるのでは?と記憶を戻そうと考える
イズミ。
 「しかし、あれの記憶かぁ・・・
 「それでも、手がかりが掴めるなら、それにすがりたいsign01
 精神がおかしくなるかもと脅すイズミやエドに、自分の決心を
伝えるアル。
 「間違いねぇ。あれが魂を練成したやつだ。
 エドたちの会話を窓の外から見つめる人影。
1
2
3

 イーストシティではチェスをするマスタングと将軍。
 「ケイン・フェリー曹長、ヴァトー・ファルマン准尉、ハイマンス・
ブレダ少尉、ジャン・ハボック少尉、リザ・ホークアイ中尉。
 以上5名、私と共にセントラルに移動となった。
 文句は言わせん。 ついて来い
sign01
 チェスで初めて勝ったマスタングは5人を餞別ついでにと
連れて行く事を決意するが・・・
 「別れろ。
 彼女が出来て、嫌がるジャンに冷たい一言sweat01

 「復讐は新たな復讐の植えを育てるだけだ。
 スカーの元に現れた師父は、国家錬金術師に対する復讐を
止めろと説得するが「もう、後戻りは出来ぬのです。
 そう言い残し立ち去るスカー。

 「来たぞ。
 アルの秘密を知っていると、呼び出した謎の一団に力ずくで
聞き出そうとするが・・・
 「お邪魔するわよ。」と、アルの体(鎧)の中に入り動きを
鈍らせる女性。
 「そいつらは、キメラ・・・俺の手下だ。
 胴から、離れたアルの頭を拾い上げるサングラスの男。

 アルの体の中にいるマーテルは蛇、牛との合成のロア。
 トカゲとの合成のビドー、そして犬との合成したドルチェット。
 「軍だよ。
 ニーナとアレキサンダーとの合成獣を思い出し信じられない
アルにサングラスの男は合成したのは軍であると言う。
 この男はグリード。
 人工的に創られた人間、ホムンクルスである。
 助けに来たエドに、グリードはホムンクルスの製造方法を
教える代わりに魂の練成方法を教えろと取引を持ちかける。
 ふざけた事を・・・
 ぬかしてんじゃ、ねぇーっ!!

 アルに、その鎧の体の方がいいだろというグリードにエドの
怒りが爆発する。
4
5
6

 「言っただろう?お前は俺に傷、1つ付ける事が出来ねえ。
 体を鉄のような姿に変えたグリードにボロボロにされるエド。
 「ありがとよ・・・頭にのぼってた血が、少し抜けて脳みそが
冴えてきた・・・さすがうちの整備士だ・・・こんなんなっても
まだ動く。

 ホムンクルスと言えども、体の3分の1は炭素で、結合の
度合いで硬さを変える・・・それがグリードの硬さの秘密である。
 「硬化と再生を一度にする事は出来ないsign03
 反撃をするが、思うように体が動かないエド。
 
 「このバカタレがーっ!ホウキ1つ片付けもせんと、何
やっとるんだーっ
sign01
 扉を壊し現れたイズミ。
 「私の身内のもんが、随分と世話になったようだねぇ。
 グリードを睨むイズミ。
 そして、強烈なハイキックが、側頭部に入る。
 「てめえsign01 いったい何者だsign02
 通りすがりの、主婦だっ!!
7
22

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「通りすがりの、主婦だ。」このセリフは名言ですねw
 クロコップばりのハイキックがカッコ良すぎですgood
 やっぱりイズミには津田さんの声が良く似合いますね。
 似合いと言えばW・Cのサンダルもですhappy02

 13話では、グリードが諏訪部順一さんから中村悠一さんに
変わってたり、前作からCV変更が多い、このハガレンですが、
イズミを津田匠子さんから変えなかったのは、ファインプレーと
言っていいでしょう。
 それにしても、色々言われているように、ミスターブシドーと
やっぱり、ガンダム00からの参戦ですね。
 SEED DESTINYでは戦力的に武力介入を阻止出来なかった
ということでしょうかcoldsweats01 

 エドたちを破門にしたイズミ。
 旦那であるシグは、破門と言う事は「1人の人間として対等に
接するという事だ。」と言ってますが、対等というよりも、出来が
悪く、ワンパク小僧(古っw)な、息子を時には優しく、時には
厳しく見守ってる母親と言った方がいいと思います。
 といっても、怖すぎですが・・・sweat01

 そういえば、CMで7月12日から新章突入となってましたが、
1クールが終わり、このあたりから前作の流れから、分岐して
原作よりのストーリーになって行くと言う事でしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (23)

「咲-Saki-」 第12話『目醒め』

 第12話「目醒め」

 「彼女はただ1人、私の前に立ちふさがった人だった・・・
その強さに私は、ずっと人前で見せずにいた、右の目を
閉じる事を忘れた・・・

 「あなたの目・・・あなたの右目、綺麗ね。 知ってる?
青いサファイアは赤いルビーと同じ素材の宝石なのよ。

 美穂子は久との中学時代の出会いを思い出す。

 「1つだけ、アドバイスしていい?
 文堂星夏の耳元で何かをつぶやく美穂子。
 「うーん・・・風越のキャプテン、どこかで見たことあるん
だよねぇ。
」と、そんな美穂子を見つめ、久は思う。
1
20_2
2

 その頃、龍門渕の控室に泣きながらやって来た、衣crying
 「ペンギンがぁ・・・大怪我ぁsweat01
 「ハギヨシsign01」透華が指を鳴らすと、何処からともなくやって
来て、素早く、ペンギンを裁縫するハギヨシ。
 「よ~し、原村に返して来る~sign03」走って出て行く衣 dashdash

 「お前が原村ののかだな? オッパイおっきいって言うから
すぐ、分かったよ
shine
 ペンギンを壊した事を話そうとする衣に、盗んだ2人が謝りに
来たという和。
 「透華の執事がやってくれたんだぁnote
 「10日の羊・・・?
3_2
19

 綺麗に縫ってあると言う、和に、嬉しそうに話す衣。
 ピンと来てない和・・・sweat02
 友達になりたかった衣だが、中堅の後半戦の始まりの
アナウンスがあり、和は、お礼を言い控室へ向かう・・・。

 「そっかぁ・・・仮眠かぁ・・・heart02
 控室に戻った和が、仮眠をしていた事を知った京太郎は
妄想をする・・・。
 「えっsign02 バナナsign02
 まこが、和にバナナを渡すと、さらに妄想する、京太郎lovely
4
12_2

 「本当は私の試合を見て欲しいのですが・・・
 まこに咲は?と聞かれ、自分の試合が終わる前頃に、咲を
起こして欲しいという和。
 「相変わらず、悪待ち全開じゃがのぉ。
 4校の点差が無い事に気が付いた和は、まこのミスを久が
取り返した事を知る。

 後半戦になって、現物でおりて、和了りにくくなる久。
 「でも、逆にそれを利用出来るかも・・・
 「清澄に先制聴牌の気配があったら、まず現物・・・勝負なら
生牌(しょんぱい※1)から切るの・・・

 美穂子の教えを思い出す星夏。
 「両嵌(りゃんかん※2)の方が残った・・・このままだと、もろ
ひっかけになっちゃうけど、しょうがないな・・・。

5
6
7

 リーチをかける、龍門渕の国広一.。
 高目な気配を感じる久。
 「ここでチーソウ(※3)sign02 この牌が来た意味って・・・
 一の和了牌である、チーソウを捨てずに5萬でリーチ。
 「スーワン(※4)は3枚切れてるから和了れないな。」と
藤田プロ、空聴リーチ(※5)をする久。
 久のリーチに動揺する、星夏や一。
 「このリーチは和了る為のものでは、ないわ・・・。
 これは、前半に見せた、和了りの幻を利用した、威嚇
sign03
 流局・・・。
 「ボクの当り牌を止めた上に、空聴リーチsign02
 久の手配を見て驚く、一。
 「やっぱり、とんでもないバカなのか?それとも別の・・・
どっちにしろ、面白い人だなぁ
heart04
 中堅戦が終わり、トップに躍り出た清澄高校。
8
9
10

 「後は、あなた達、1年生にお任せねnote
 「はいsign01
 久の言葉に元気良く答える和。

 逆転出来ずに、透華に謝る一。
 「1位の原村和を、わたくしが華麗にまくる・・・その方が、
いっそう目立ちますわ。
 はっsign02 まさか、そこまで考えて
sign02
 そこまでは、考えていないと否定する一sweat01
 もう、拘束具は外しても良いかもと言う、透華。
 「この鎖が無くなったら、透華が少し、遠くなっちゃうような
気がするんだ。

 顔を赤らめる透華であった。
11
12_3
13

 開始の時が近づく副将戦。
 風越女子の深堀純代、鶴賀学園の東横桃子、龍門渕から
龍門渕透華、そして清澄からは・・・
 昨年中学生大会優勝者、原村和
 西田に意気込みを聞かれる和。
 「意気込み?特に何も・・・
 「いつも通り、全力を尽くすだけです・・・と彼女は言った。
 「ね・・・捏造すっねcoldsweats01」とカメラマンの山口。
41
14
15
16

 「この部屋で打つのは、去年の全中個人戦以来。
 宮永さん、結局、起きなかったんですねぇ・・・。」
 
一緒に全国に行こう。 あんな約束をしたのに、試合は
見てもらえないなんて・・・

 咲との約束を思い出し、指きりをした、小指を見つめる和。
 原村さんっ!!
 咲の声に振り返る和。
 「がんばってheart01 原村さんsign03
 意気込みを聞かれた事を思い出す和。
 「・・・そうですね。
 絶対、勝ちますよっ!!
 高々と拳を突き上げる和であった。
21
17_2
18
55

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 やっと主役の咲お目覚めで、和のやる気も急上昇ですup
 咲と和が寝ていた事を知った、京太郎が妄想してますが
咲も和と、一緒で、ぱんつを脱いでいるように見えるので
この妄想も、かなり当たってるように思えますw
 と言うより、もとから、はいてない?? 

 今回は咲と和だけじゃなく、透華と一、美穂子と星夏。
 美穂子は久にもちょっと、浮気心?で意識しているようで、
かなりの百合~な世界が満開でしたheart02
 久は、あまり覚えてないようですけど・・・ねcoldsweats01

 副将戦で、ついに和vs透華の確率重視のデジタル派。
 和の言うオカルト無しの正統派同士の戦いで、この作品が
始まって以来、初めてと言っても良い、駆け引きが楽しめるかも
しれません。
 まあ、ステルスモモという、別の意味でのオカルトも登場
しますけどねsweat01

 そういえば、アバンで夢乃マホたちが、出ないと思ったら
なんとか、和の試合前に会場に着くことが出来たみたいで
良かったね、マホちゃんhappy02

※1 1枚も捨てられてない牌の事。
※2 ①③⑤の様に1つずつ数字が飛んでる牌の状態。
  この場合は索子(そうず※棒状の数字)の④でリーチして
  和了牌が索子の⑦の単騎で⑥⑧の状態で待ってますね。
※3 索子の⑦の呼び名。
※4 萬子(まんず)の4萬の呼び名。
※5 役が無いのにリーチをするチョンボとは違い、聴牌は
  しているけど、和了牌が捨ててあったりして、絶対に和了れ
  ない状態のリーチ。
   この場合は、久の和了牌が4萬で、既に3枚捨ててあり、
   久自身も1枚持っているので、合計4枚、出ているので
  和了れない訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHIMIST」 第12話『一は全、全は一』

 第12話「一は全、全は一」

 「先生、留守だといいなぁ。
 ダブリスに着いたエドたち。
 そして、先生ことイズミ・カーティスが現れ、いきなりエドを
蹴り飛ばす。
 「このバカ弟子がぁ。軍の犬に成り下がったってっーsign03
 手荒い歓迎を受ける。

 賢者の石について尋ねるが、詳しく知らないというイズミ。
 亭主であるシグが、過去にセントラルで詳しい人物と出会った
という。
 「名前は、たしか・・・ホーエンハイム
 イズミのその言葉に顔がこわばるエド・・・。
 「あいつのせいで、母さんは死んだんだ・・・あいつのせいで。
 「長年の望みがもう直ぐとか・・・」そうホーエンハイムは嬉し
そうに言っていたと言うイズミ。
1
2
3

 「兄さん・・・先生、変わらないね。
 「あぁ、あの頃から全然、変わってない。
 出会った頃を思い出すエド。
 豪雨で、川が氾濫しそうになった時、見知らぬ人が錬金術で
壁を作り氾濫を防ぐ。
 何者かと尋ねる男性。
 「通りすがりの主婦です。」微笑みながら吐血する女性sad
 「俺たちを弟子にしてよ。おばさん。
 「ちょっと、耳が遠くて聞こえなかったなぁ。
 もう一回、言ってくれる?
angry
 と、握り拳をつくる・・・それがイズミとの出会い。 

 「一は全、全は一、1ヶ月でその答えを見つけなさい。
 錬金術を使わず1ヶ月過ごし、答えを見つける。
 これが仮修行だと、イズミに言われ、無人島に降ろされ
途方に暮れるエドとアル。
 食料も無く、幻覚を見るエドは、チョコレートに見えた蟻を
食べる。
 「おぉ~。すっぺぇ~~bearing 俺・・・生きてるんだ・・・蟻を食って
生きてる・・・命を食って生きてる・・・生きてる・・・。

 涙をながすエド。
 「俺たちは死なないsign01
4_2
5

 火を焚き、ウサギを狩り、魚を捕って生きるエドたち。
 「流れの中、小さな1つ・・・全の中、1に過ぎない・・・だけど
その小さな1が集まって、全が存在出来る・・・
」アルに語るエド。 
 約束の1ヶ月。
 「全は世界。
 「一は俺。
 試験は合格しイズミの弟子になるエドたち。

 「私自身が構築式みたいなものかな?・・・心理にたどり
着けば出来るようになるかもね。

 イズミの言葉を思い出すエド。
6
7
8

 「お前・・・あれを見たな?
 やっと出来た子供が、イズミの病気が原因で、生まれる事が
出来なかった・・・それ故に禁忌を犯し、体の中をあちこち
持って行かれた・・・
そう語るイズミ。
 「もっと早く話しとくべきだったね・・・辛かったろう・・・
 自分でやった事と、気丈に振舞うエドとアル・・・。
 「このバカたれが・・・無理しなくていい・・・
 2人をやさしく、抱き締めるイズミであった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 イズミのCVが津田匠子さんと、変わらなかった事にホッと
しました。
 時には鬼に、時には優しくエドたちを包む・・・。
 このギャップが相変わらず、いいですね。
 そして、イズミと言えば吐血w
 前作と違い、かなり軽くなってるような感じがします。
 原作は未読の為、分かりませんが、このあたりは原作寄りと
いう感じなのでしょうか?

 同じ禁忌を犯していたイズミ・・・そんな彼女だったからこそ
エドたちの気持ちを真に理解出来て、受け止める事が出来る
ことでしょう。

 そう言えば、今後、密接な関係として出てくるホムンクルスの
・・・のCVは前作は、今は大人気でトップ声優と言っても過言
では無い・・・でしたけど、CVは変わらず、そのままなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (16)

「黒神 The Animation」 第23話(最終回)『道』   

 第23話(最終回) 「道」

 「今日の日があるのは、クロちゃん・・・あなたのおかげ・・・
出来ればもう一度、あなたに会いたい・・・

 クロが、居なくなって数年後・・・。
 とある結婚式・・・携帯の待ち受けを見つめる花嫁。
 その画面には慶太、茜・・・そしてクロが写っていた。
 慶太、そして、クロとの出会いや別れを思い出す。
3
1

 「年下の幼馴染・・・麻紀おばさまの代わりに、見守ってきた
つもりだったけど、いつの間にか・・・

 銀行の受付で、小さかった頃の写真を見つめる茜。

 「結婚かぁ・・・
 友人の亜里沙が結婚し、その結婚式の帰り、慶太の家に
向かう途中、お弁当を慶太に作ってあげていた高校の頃を
思い出す。
 「でも私、どうして慶太くんじゃないとダメなのかなぁ。
2
3_2
4

 まゆがトラックに轢かれ、クロと再び出会う慶太、茜もまた、
慶太の家の前で空腹で倒れていたクロと出会う。
 「選ばれた相手・・・でも今は・・・この人を救いたいsign03
 戦いに巻き込まれ、瀕死の慶太を助けたい・・・クロと慶太、
そして茜の運命を変える契約をする。
5
6

 「あれから半年、もう会えないの?慶太くん。
 支えてきたつもりだったのに、慶太くんを心の拠り所に、して
いたのは私の方・・・

 「結局、大切な契約者に、わたしは辛い思いばかり、させて
しまった・・・今も慶太さんは目覚めない・・・茜さんも、いったい
何処へ・・・?

 沖縄で、慶太と離れ離れになってしまった茜・・・。
 そして目覚める慶太を待ちながら、茜を探すクロ。
 「慶太さんを救おうと思って、契約をしたのに・・・
 「もう一度、慶太くんに会えたら・・・絶対に離れない・・・
ずっと・・・そばに・・・

 慶太は目を覚まし、再会する慶太と茜。
7
8
9
31

 「慶太くん・・・今度会えたら、絶対離れないって・・・
 魁音寺雪と共にヘリコプターの墜落で、海に沈む茜。
 その時、黎真が現れサウザンドを茜の手に・・・。
 「真神・・・sign02
 「1人は倒され、2人は封印されたが、それでもなお、我ら
一族と人間に呪いをかけ、復活しようとしている。

 「その真神の1人が、クロちゃん。
 「完全に復活する前に真神を目覚めさせ倒す、その為に
私と契約を。

 「契約・・・sign02 苦しみ・・・哀しみ・・・強い決心・・・そして・・・
 クロを助けたい・・・その為、母を殺し、雪を利用した苦悩が
茜の心に流れ込む・・・。
 「雪・・・」茜を見つめつぶやく黎真。
10
11
12
13

 「愛・・・これが契約。
 慶太くんとクロちゃんもお互いの気持ちを感じあってるのね。
 だったら、もう、わたしが居なくても大丈夫・・・慶太くんを・・・
きっと・・・クロちゃんが、クロちゃんでなくなったら、慶太くんは
きっと悲しむ・・・。
 それに、人間を呪っているという真神が消えたら、慶太くんを
辛い運命から解き放つ事が出来る・・・。

 もう二度と、麻紀おばさまや雪さんみたいな人が出る事も。
 今度こそ、もう二度と慶太くんに会えないかもしれないけど・・・
でも・・・

 黎真の契約者になる事を決意する茜。
21

 真神を倒し、お茶をする3人。
 「嬉しいわheart04 こんな風に、また3人で穏やかに過ごせる日が
来るなんて・・・

 そんな茜を見つめクロは言う。
 「わたし、慶太さんと契約して、本当に良かったなぁって。
 それに・・・兄様の契約者が茜さんで・・・茜さんがいれば
慶太さんは、ずっと幸せだと思います。

 クロの言葉に動揺し、紅茶をこぼす茜sweat01
 ずっと・・・慶太さんが幸せで、いてくれたら、
私は・・・

 テーブルを仲良く、拭く茜と慶太を見つめ、そう思うクロ。
14_2
23
51
15

 「・・・いってきます。
 「・・・気をつけてな。
 真神を倒せば全てが終わる・・・そう思っていた・・・しかし・・・
クロに呪いが残り、清き処で、封印のを選び立ち去るクロ。

 「僕たちはこれからも、死ぬまで、試されていく。
 ドッペルライナーシステムは消滅し平和が訪れた。
 しかし、この世には無数のシステムが存在している・・・。
 魁音寺グループの倒産、会社更生法の申請のニュースを
見ながら蔵木は思う。


 ありがとう・・・クロちゃん・・・
 扉が開き、現れた、ウエディングドレス姿の茜。
 そして、待っているのは・・・。
16
58
59

 清き処で、封印のを選んだクロ。
 手の紋章が再び、輝きだす。
 「ここを封印してから、ずっとシンクロする事は無かったのに。
 さらに光り輝く紋章・・・そして慶太の声が聞こえてくる。
 「クロ・・・もういいんだ。
 「慶太さんsign02
 「呪いは全て俺が持っていく・・・本当に幸せな人生だった・・・
ありがとう、クロ・・・

 庭のイスに座り、年老いた慶太の姿が、そこにはあった。
 「じぃじぃ、ばぁばが、ご飯できたって。
 孫にも恵まれ、天寿を全うした慶太の手から紋章が消える。
 「良かった・・・。慶太さんは、あれからずっと・・・
 手から消えた紋章を見つめるクロ。
 慶太さん、ありがとう・・・安らかに・・・
わたしの契約者・・・
66
18
19
20

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 いい、ラストだったと思います。
 サブでありながら、慶太と茜さんそっくりの(後姿だけw)孫も
出来、幸せのを進む事が出来た慶太。
 茜さんもマスタールートでありながら、数々の苦難を乗り越え
夢が叶い、慶太と共に幸せのを歩いたことでしょう。
 それは、クロが自らを封印する事で、真神の、そしてドッペル
ライナーシステムの呪いから開放され、得る事が出来た幸せ。
 今度は天寿を全うしようとしている慶太が、その呪いを背負う
事で、クロに封印からの開放のをつくり、旅立ちました。
 後半の最後での3人の三者三様の「ありがとう。
 この言葉が印象的です。
 
 それにしても、慶太は仕事で(ゲームクリエイター?)大成功?
したのか、広い庭で、すごい豪邸に住んでいそうですね。
 もしかして、水華魅たちが住んでいた家を借りてる(買った)の
かな?と、思ったりもしますけどw
 これも、やっぱり、茜さんのマスタールートの力なのかな?
 
 こまかく考えると、相変わらず最後まで、ツッコミ所があり、
クロ本人が真神であって、何故、慶太が呪いを持っていく事が
出来るのか?とか、子供なら、慶太と茜さん似でも分かるの
ですが、孫が、2人ともそっくりなんて・・・相手の血も入る訳で、
それは無理があるだろうと・・・。
 何人もいる孫の、伊吹家の血を強く受け継いだ2人なのかも
しれませんけどねcoldsweats01
 
 そのような、相変わらず強引な展開の中で、エンディングの、
最後で慶太と茜が2人で寄り添う姿に変わっていて、しかも
数年後の設定(結婚前後?)みたいで、本編では慶太より
茜さんの方が、若干、背が高いのですが、慶太の方が背が
高くなってたり、所々で意識的に同じアングルが使われてたり
みょ~なところで変な、こだわりがありますねcoldsweats01
22

 ただ、残念だと思うのが、茜さんと黎真の契約シーンも
そうですが、新作カットが含まれてますが、回想シーンが
中途半端に多く、もう少し、クロが居なくなる前後ごろの
エピソードとか、結婚式、そして、その後の生活などが
欲しかったかな?と思います。
 特に、慶太が茜さんにプロポーズ(したよね?)した所や
その過程なんか、見たかったですね。
 間違いなく、泣いて茜さんは喜んだでしょうしね。
 これなら、24話で、総集編にしても良かったのでは?と。
 特に結婚式には、共に戦った?仲間でもある、里央奈や
エクセル、水華魅やマカナや永嶺おじさん(生きていればw)
などにも登場して「おめでとう。」とか言って欲しかったですね。
 せめて、姿だけでも見たかった・・・。
 ドッペルライナーシステムを知ってる仲間に、サブでも
幸せになれるというを見せて欲しかったです。
 冒頭に出てきた、茜さんの友人である、亜里沙と優子は
左側に居るように見えますけど。
 でも、良くあるパターンのバレバレにも関わらず、相手を
はっきりさせない終わり方よりは、良かったですけどね。


 正直言って人気が高いとは言えないと思われる、この作品
ですが、私個人的には、話数によって出来、不出来の差が
あったり、中だるみした所がありましたが、全体的に作画
クオリティも、高く、楽しめました。
 なんといっても、茜さん派の私にとっては、常々言っていた
幸せのを歩くことが出来たようで、それだけでも満足ですw
 
 ただ、、特に後半の、つじつまの合わない言動や強引な
展開などが多く、もう少しだけでも、整合性が、あれば
良かったとは思いますが・・・。
 と言いつつ、ブルーレイを買ってしまった訳ですがsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (9)

「咲‐Saki-」 第11話『悪戯』

 第11話「悪戯」

 会場の反対方向の電車に乗った夢乃マホたち。
 今度は、寝過ごし駅を通過sweat01

 中堅戦開始のブザーが響き渡る。
 
 微妙な配牌の久は、和なら確立を考え効率よく打てるだろと
ふと考えるが、無い能力を羨ましがってもしょうがない。
 「今は自分のやり方で、自分らしく行きましょう。」とマイペース
に打つ久。
1
2
3

 捨てた萬子の②の隣である、萬子の③を引いた久は続けて
ドラである①をツモる。
 「完全に裏目った・・・。
 いや、このツモに意味があると考えましょう。
」 
 そして萬子の④をツモり聴牌。
 「リーチ
 「5門張(めんちゃん※1)捨てて、ドラ単騎かよ・・・」と純。
 常識外の打ち方に驚く面々。
 「変わってない・・・。自ら悪い待ちにする打ち筋・・・変わって
ないわ。
」とつぶやく、美穂子。
 「部長は大事な場面では、悪い待ちが多いいけぇ。
 優希と京太郎に言う、まこ。
 「悪い待ちにして、負けてるなら理論派にでも、何にでもなる
けど・・・私、ここ一番って時ほど、確率の悪い待ちを選んで
それで、いつも勝っちゃうのよねぇ。

 久は過去に、もっと論理的な打ち方をするべきだと和に
言われ、そう、和に言った事を思い出していた。

 「ちょうど、中堅戦が始まったあたり・・・部長なら心配ない
ですよね? だから、あと少しだけ・・・。

 目を覚ました和は、となりで熟睡中の咲に寄り添い再び
目を閉じるsleepy
11

 聴牌した、風越の文堂星夏は、わざと悪い待ちをする事が
ある久の牌譜を思い出す。
 「ドラは常に危険だけど、見える牌から考えれば、一萬
(いーわん)は、むしろ安全な部類。

 そして、リーチを賭ける。
 「通らないなぁ・・・ロンsign01 リーチ一発、ドラ4 12000sign03
 「なんだ?この人・・・バカなのか? それとも、衣に近い
生き物なのか?

 久の手牌を見て、龍門渕の国広一は考える。
 「あえて悪い待ちを選んで、そして和了る・・・。
 これが私の打ち方。そして私自身
sign01
 
 「また聴牌・・・この赤ウーピン(筒子⑤)は切れるのかsign02
 捨て牌から見れば、割と通りそうに見える・・・さっきは、
リードを守って、おりるべきだったのかも、しれないが、
ここは・・・取り返すために、攻める。

 ウーピンを切り、リーチsign01 しかし・・・
 「ロン。 タンヤオ(※2)三色(※3)ドラ3 いんぱち(18000)
4
5
6_2

 鶴賀に抜かれ2位になった風越。
 「キャプテン、怒ってるかなぁ・・・?なっsign01泣いてるっsign02」 
 美穂子が泣いてる姿に驚く、池田華菜と吉留末春。
 「私が、牌譜を見た時に上埜さんだと気づいていれば・・・。
そしたら、文堂さんに、少しはアドバイス出来たかもしれない
のに・・・ごめんね・・・文堂さん・・・ごめんね・・・

 「キャプテンのせいじゃないですよ。だって、3年前で名前も
変わってるんですから、きっと、なんとかなりますよ。
 (不思議だ・・・上級生なのに、肩を抱き締めたくなる・・・
お願いです、笑っていてください。わたしが勝ちますから。)

 美穂子を励ましながら、華菜は思う。

 「さっき・・・違和感があったような・・・
 エトペンが無くなってる事を思い出し、飛び起きる和は
探し回る。
7
8
9

 「もうすぐ、お前のご主人様のとこに連れてってやるからなぁ
 とエトペンを抱き締め走る衣。
 「そしたら、相手も喜ぶ、衣もきっと、すっごくほめられるぅ。
 まさに一石二鳥note 
 あ~、それが、きっかけで友達になったりして・・・そしたら
明日から一緒に遊んでくれたりするかも。一石三鳥だぁ
note

 快進撃の久。ついに清澄が1位に順位を上げる。
 「手がうずく・・・手品を使いたいんじゃない・・・このピンチが
色々と思い出させるんだ・・・

 一は透華と出会った2年前を思い出す。
34

 小学生大会の県予選決勝で、チームを救うため手品・・・牌の
すり替えをした・・・それが発覚し、チームは敗退した。
 そんな過去を持つ、一を勧誘する透華。
 「あなたが魅力的な打ち手だから。手品を使う前の牌譜を
見ましたよ。あなたは、そんな事なさらなくても、十分魅力的な
打ち手ですわ。

 麻雀を打つ時は拘束具を使い動きを制限させるという。
 「だって、わたくし、手品を使わない、あなたが欲しいんです
もの・・・

 手品を使わなくても評価してくれる・・・そんな透華に心が
動かされる。
 「ツモ」・・・ついに動き出した、一。
10
11_2
12
13   

 その頃、エトペンを返そうと今宮女子の門松葉子と田中舞は
衣が、抱きかかえてるのを見つけ、返して欲しいと声をかける。
 「これは、原村ののかのだって、聞いたよぉ。
 強引に奪い取ろうとする葉子。
 「離しなさいよ。この空気頭ーっsign01 これは衣が持ってくって
決めたんだからぁ~
sign03
 引きちぎられる、エトペン・・・。
14
15
16
 
 「文堂さんの所に行って来ます。
 前半戦が終了し、上埜さんの戦い方を伝えたいと美穂子。
 大泣きしながら、ちぎれたエトペンを持ち歩く、衣・・・。
54

 「上埜さん・・・
 「・・・ん
 見つめ合う2人であった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 今回は主人公の咲は寝てるだけだったので、まるっきり
出番なしの、おやすみでした。
 しかも、すごく平和そうな寝顔ですねsweat01

 冒頭での、自分らしく行きましょうと考える久に、軽めの
BGMが、久のミステリアスな強さの雰囲気を上手く演出
していたと思います。
 青色のオーラも、漠然と何となくですが、久にぴったりな
色だと思いますしね。

 そして、ついに明らかになった久の強さ。
 その強さは和の言葉を借りるなら、理論や確率とは対極の
オカルト的な強さで、咲や衣に近いタイプですし、普段は
理論的な打ち方を、しているみたいですので、臨機応変に
打てる、ある意味、最強な打ち手かもしれません。
 
 咲や和と本気の対局を見てみたいですね。
 きっと、部活での対局は、比較的、理論的に打っていたので
しょうから。
 そんな、久の本気に敬意を表してか?大会始まって以来の
初めて、2話続けての対局で次回に続きますし、Aパートでは
対局での心理描写も、いつもより、それなりに多く・・・
と言っても、やられ役の文堂星夏ぐらいですが・・・ちょっとは、
麻雀アニメらしかったですね。

 国広一の拘束具の理由も明らかになりましたが、透華との
出会いでのあの服・・・風が吹いたら、どうなってしまうのか
ものすご~く、気になりますcoldsweats01

 それと、気になると言えば、今度は寝過ごして、行き過ぎて
しまった、夢乃マホたち。
 果たして和の応援には間に合うのでしょうかsweat01

※1 和了牌の待ちの数の事で、この場合は、5種類あったので
  5門張。
   萬子の①でリーチすれば、筒子(丸いやつ)の③⑤⑥⑧⑨
  が、和了牌になりますね。  
※2 ①と⑨と字牌を抜かした②~⑧の数字で、つくる役。
※3 正確には三色同順(さんしょくどうじゅん)。萬子、索子
  (棒みたいなの)、筒子の3種類で、同じ数字の順子で役を
  つくること。
   この場合は④⑤⑥の順子ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 第11話『ラッシュバレーの奇跡』

 第11話「ラッシュバレーの奇跡」

 「ラッシュバレ~note オートメイル、オ~トメイルゥ、オートメイル
幸せ~
note
 大騒ぎのウィンリィ。
 オートメイルの聖地である、ラッシュバレーに着いたエドたち。
 
 そして、到着早々、国家錬金術師の証である銀時計を
盗まれたエドshock
 街の住民たちはパニーニャの仕業で、山奥に住んでる
ドミニクというオートメイル技師の所に居ると言われ、追いかける
エドたち。

 エドの攻撃を軽やかにかわすパニーニャだが、ウィンリィに
捕まってしまう。
 離すなと言うエドに「そのオートメイル、もっと良く見せて
くれるまで離さない
heart04
 彼女の両足もまた、オートメイルで興味津々のウィンリィ。
1
2
3 
 
 「装備者に負担が掛かるのは、良くねぇ。
 だから、こいつ、小せぇんじゃねえのか?

 エドのオートメイルを調べそう答えるドミニク。
 軽いのにすれば伸びる可能性があるのか?と夢見るエドcoldsweats01

 弟子にして欲しいとウィンリィに嫌だと即答するドミニク。

 その頃、赤ちゃんが今にも生まれそうなサテラのお腹に
手を当て生命の神秘に不思議がるエドたち・・・。

 パニーニャは列車の事故で両親を亡くし、そして両足も
失い、この世の終わりと思っていた時にドミニクと出会い
オートメイルを付けられたという。
 その感謝を、一生かけて御礼したいと言うパニーニャに
 「本当に感謝してるなら、スリなんて止めなさいsign01 この両足は
ドミニクさんが誠意でくれた物よ。
 だったら、あんたも誠意で答えなきゃ、ダメ
sign03
 スリは止めると銀時計を返すパニーニャ。
 フタが開かないと、慌てるパニーニャだが、錬金術でフタを
していて、「見られたら恥かしい物が入ってるからよshine」だと
ウィンリィは強引に、こじ開ける・・・。

 『Don’t forgrt 3,OCT,11(忘れるな、11年10月3日)』

 フタに書かれている文字を見て、暗くなるウィンリィ・・・。
12

 陣痛が始まったサテラ。
 激しい雨の中、医者を連れてくると出て行くドミニク。
 しかし、もう生まれると言うサテラに「やるしか、ないわsign03」と
助産をするとウィンリィ。
 驚くエドたちだが、迷ってる暇は無いと、素早く的確に指示を
出し、行動に移す・・・医者の家系で、子供の頃は医学書を
絵本代わりに見ていたと、そして「今はあいつの知識と度胸に
任せるしかないんだ。
」とエド。

 「神様なんて、居ねぇと思ってるけど・・・今だけは、頼む・・・
 ただ、待って祈るだけしか出来ないエドとアル。

 そして、赤ちゃんの泣き声が聞こえる。
 生まれた!!やったぁ~♪
 大声で喜ぶエドとアル。
 「すげぇ、すげぇ、すげぇ。」それしか言葉が出ないエドに
子供みたいな感想だと言う、ウィンリィにエドは言う。
 「錬金術師が何百年かけて、未だ成しえてない、人間が
人間を創るって言う事。

 「生命の神秘を錬金術と一緒にしないでよ。」とウィンリィ。
4
5
6

 「エド・・・銀時計の中身、見ちゃった・・・」腰が抜けた
ウィンリィを、おんぶし部屋を出るエドに、告白する。
 「自分への戒めと覚悟・・・我ながら女々しいよ。
 あの日の事、そうやって形にして持ってなきゃ、いけない
なんて・・・。

 涙を流すウィンリィ・・・。
 「なんで、お前が泣くんだよ・・・
 「あんた達、兄弟が泣かないから・・・代わりに泣くの。
 「バカやろう・・・お前、やっぱり田舎へ戻れ。ばっちゃん
1人じゃ寂しいだろうしさ。

 「帰らない。エドの覚悟、見たから、わたしだって半端な
覚悟じゃいられない。

 エドの為、ラッシュバレーに残り、腕を磨いて少しでも良い
オートメイルを着けてあげたい、そう決意するウィンリィ。

 「あのジジイから、しっかり技術盗んで、つぎ会う時は
もっと、いいやつ着けてくれよな。

 ダブリスに向かうエドたちを見送りに来たウィンリィに
そう言うエドであった。
20

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ウィンリィ大活躍の回でした。
 錬金術でも創ることが出来ない生命。
 そんな、人間の神秘そして奇跡を改めて知ったエドたち。
 
 そして、エドの銀時計の中身を見たウィンリィは、その神秘や
奇跡とは対照的にオートメイルという科学で、エドを支える
決意をする対比が印象的でした。
 前作では、エドたちがリゼンブールにオートメイルを直しに
帰った時に、ウィンリィに分解されてましたね。
 
 ただ、相変わらずのスピード展開でパニーニャがウィンリィに
スリは止めろと言われ、あっさり分かったと改心するあたりが
なんだかなぁって、思ったりします。
 こんなに簡単に改心するなら、とっくの昔にスリなんかやるのを
止めてると思うのですけどねcoldsweats01
 それと、前作のパニーニャはエドと同じように腕もオートメイル
だったと思うのですが、今回は違いました。  

 いよいよ次回は最強の主婦であり先生のイズミ・カーティスの
登場です。
 12話の「一は全、全は一」は前作でも使われたサブタイトルで
それだけ、重要なエピソードだという表れでしょうかね? 

| | コメント (0) | トラックバック (24)

「黒神 The Animation」 第22話『運命』   

 第22話「運命」

 「お兄さまは、クロちゃんの事を本当に愛していたわ・・・
 黎真の命を賭けた、超尋獅咆により再生能力を封じられた
真神、しかし

 不死・・・永遠なり・・・定め故・・・

 
消滅を避けるためテラを融合し真神は再び復活する。

 我は不変なり・・・三位一在・・・神は永遠なり・・・

 クロと真神の最後の戦いが始まった。
 激しい戦いの中、崩壊していく、清き処・・・。
1
2
3   
 「これが、わたし達の最後の戦い・・・
 「たった一人でこの世界にやって来て、逃げる事なく立ち
向かって来たクロ・・・。

 「勝手に契約して、巻き込んだにも関わらず、慶太さんは
いつも、わたしを支えてくれた。

 「俺はお前に、教えられた・・・運命は乗り越えられるんだと。
 「慶太さんのような、強い心で、わたしたち俺たちは)」
 運命に立ち向かう!! 

 真神に捕まりテラを吸い取られるクロ。
 「慶太くん・・・」心配する茜「このままじゃ、テラを全て
真神に・・・
」そして慶太もまた、苦しみだす・・・。
4
5
6 
 三位一在の時は来た・・・

 三位一在?向こうにテラを吸収出来るなら、もしかして・・・
慶太くん、サウザンドを。


 我ら再び、一つに成り、この世界に君臨すべき・・・

 ナムの剣が真神を切り裂き、クロを助け出した、その時。
 結ばれる慶太と茜の手。
 2人のサウザンドが輝きだすsign03
 「慶太くん、私のテラをクロちゃんに・・・
 「流れ込んでくる・・・茜さんの膨大なテラが・・・
 「テラだけじゃない・・・2人の思いが、流れ込んでくる。
 運命を破壊する!!

7
22

 再び激突するクロと真神。
 イクシード、テラエグゼ!!!!
 消滅する真神。
 「テラを皆さんに返します。
 クロの突き上げた手から、無数の光りが広がる。

 消えていく清き処。
 「これで全て終わったのか・・・sign02」不安がる慶太。
8_2
27

 全ては天地が引き起こした災害だと、人々は認識し、
清き処や真神の存在を知る事なく、世の中は再び、
動き始めた・・・。


 目を覚ます慶太、クロは相変わらず冷蔵庫をあさっていた。
 「おはようございます、慶太さん。すみません、お腹空きすぎ
ちゃって
sweat01」微笑む慶太。

 マカナと慶太のじいちゃん永嶺隆人が沖縄に帰る日が来た。
 そんな中、「まだ書くべき事が残っている。」と、いまだに
居候をしている、ナム。
 その言葉を聞いて、暗い顔になるクロ。

 飛行場で見送る慶太たち。
 「クロも・・・清き処に戻った方がいいんでしょうか?
 「いいよ。こっちに居れば。
 驚くクロに「帰ったら、ラーメン食えなくなるだろ?
 「はい。」と笑うクロに、微笑む茜。
 その時、茜にエクセルからのメールが届きドイツに戻るという。
 
 「このまま行って良い訳?」水神魅がエクセルに尋ねる。
 「何がだ?
 「感じてるんでしょ?・・・まだ。
 「真神を倒したのは、あの者たちだ・・・判断は任せよう。
9
10
11
12

 ある交差点、信号で待つ、慶太とクロ。
 となりで聞こえる、同じ顔を見たという女子高校生の会話。
 信号が青になり、横断歩道を渡る彼女の目の前に、突っ込む
トラック・・・慶太が飛び込み間一髪、彼女を救出する。
 「何故なんだ?真神の呪いは、まだ残っているのか?

 「わたしが生きているからですね?
真神が吸収したテラは、皆さんに返しましたが、呪いだけは
わたしの中に残った
・・・
」クロは気が付いていた。
 「わたしが死ねば、システムは無くなりますか?
 「おそらくな・・・。ただ、お前が死ねば、テラ循環している
契約者も・・・
」とナム。

 「兄さま・・・母さま・・・わたしはどうすれば・・・」と落ち込む
クロは霊石を思い浮かべる・・・。
 その日の夜、ラーメンが食べたいと慶太と初めて出会った
あの屋台のラーメンを食べるクロと慶太。
 「慶太さん・・・わたし、慶太さんに出会えて、本当に
良かったです。
 慶太さんには、感謝で一杯です・・・。

 「クロ・・・
 「約束します。わたし、絶対に慶太さんより、先に死んだりは
しません・・・だから慶太さん、これからも、ずっと元気で長生き
してくださいね。約束ですよ。
」そう言って微笑むクロ。
13
14
15
 
 クロが出て行く・・・そんな夢を見て、目を覚ます慶太。
 いつものように、茜、ナム、そしてクロと朝食を食べる慶太。
 「ごちそうさまでした。プニプニ、お散歩に行きましょ。
 うつむき、何かを考えていた慶太は、玄関に向かう。
 「クロ、お前・・・
 「・・・行って来ます。」元気に振り返り、クロは言う。
 「・・・気をつけてな。」笑顔で見送る慶太・・・。
16
53

 「世話になった。もう書くべき事も無さそうだからな。」と
慶太に別れを告げるナム。
 夕焼けを見つめる慶太、そして・・・
 「もう、会えない・・・わたし・・・わたし、慶太さんの事が・・・
 涙を流し、しゃがみこむクロ。
 輝きだすクロの紋章・・・慶太のそれも、また輝きだす。
 「クロ・・・
 「慶太さん・・・
 遠く離れた2人・・・夕焼けを見上げる慶太とクロ
 シンクロ・・・
 2人の想いが通じ合う・・・。
17_2
18
60

 揶雲もまた、クロに付き添う為、里央奈に別れを告げる。
 
 真神の呪いは、1人の元神霊の少女が背負う事で消えた
 同じ顔の人間が、出会っても人はもう死ぬ事は無い・・・。
 あの娘は人間に呪いが降りかかる事が無いよう、永遠に
自分を世界から隔絶し、清き処に封印する道を選んだ・・・。

 
 そう書き綴るナムであった。
19
66

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 次回最終回『道』は、総集編のような感じみたいですので
事実上の今回が最終回です。
 全24話の内、総集編が2話と実質22話構成ですね。

 まさか、クロにこのような、運命が待っているなんて・・・。
 涙なしには、見る事が出来ない結末ですcrying
 命を賭けて、獅子神一族、人間・・・そして、なんと言っても
愛しているクロを守ろうとしたクロの母、そして兄の黎真。
 (人間を守ろうと思っていたかは微妙ですがw)
 もし、生きていたらこの結末をどう思った事でしょう・・・。
 2人が出会った、思い出の屋台でラーメンを食べたり、クロと
慶太のお互いを想う会話やその表情が切なさを感じさせ、
 特にラストの夕焼けを見上げ2人で「シンクロ・・・」と言う所は
グッと来ます・・・。

 
 黎真が死に契約が解除された、茜さん。
 慶太やクロを自分のマスタールートとしての才能で、守れ
なくなり気が緩んでしまったのか?あれほど、気丈な振る
舞いをしていた、茜さんが「キャー」と悲鳴を上げ慶太に
隠れてたりする姿に元の茜さんに戻ったなぁと、安心?
しましたw
 そして、慶太の攻撃系サウザンドに対して茜さんのは補助系の
サウザンドで合体は無理だと思っていただけに、ベタなパターン
だとしても、期待をしていた2人の合体サウザンド(正確には
テラを流し込む?)が、出たのが嬉しかったですねgood
 でも、冷静に考えると契約が解除されてもサウザンドが
光ったりするのか?とか疑問も感じたりしますけど・・・。
 さすがに茜さんの紋章は光りませんでしたけどね。

 呪いを消し去るため、清き処に戻り、封印の道を選ぶクロ。
 カクマやマカナが霊石を守ったように、揶雲も同じ道を選ぶ
訳ですが、清き処も崩れ半壊状態、獅子神一族も、この2人以外
(黎真が殺したりしたので・・・)残ってないような気もしますので
たった1人で守る事になるのかな・・・?
 こう考えると、黎真のした事は、母が望んだ事の全てが裏目に
出ているような感じがしますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (5)

「咲‐Saki-」 第10話『初心者』

 第10話「初心者」

 和先輩を応援するため電車にかけ込む夢野マホたち。
 しかし・・・無情にも行き先は反対であった。

 風越の控室・・・データの少ない清澄と鶴賀の牌譜を控えの
メンバーが役に立てばと書き起こすと、涙を流す美穂子。
 相変わらず、涙もろい彼女weep

 眠た目の和に、咲と一緒に仮眠室で寝てきたらと言う久に
応援しないで寝る事が出来ないと和。
 そんな時、優希が部屋に戻ると仮眠室に向かうと咲を誘う和。
1
2
 
 「龍門渕の先鋒に風越のエース・・・あの面子相手に2位なんて
大健闘、予想以上よ。良くやった。

 微笑みながら優希にそう言う、久の胸で泣き出す優希。
 気の強い優希は、同学年の自分と咲が居ると泣けない・・・
そう思って、仮眠室に咲を誘った和。

 「目が覚めたら、わたしたちの出番だね?
 「ええ・・・
 「絶対に勝とう・・・
 「ええ・・・絶対に勝って、全国へ。
 布団の中、咲と和は見詰め合い、手を合わせるのであった。
3_2
10

 次鋒戦、風越は2年の吉留末春、鶴賀は2年の妹尾佳織、
龍門渕は2年の沢村智紀、そして清澄は染谷まこ。
 「全員、メガネさんだじょ。
 「まあ、文科系の部活の大会だしねぇ・・・でも、直ぐに1人
メガネじゃ無くなるわ。

 久の言うとおり、牌を引くとメガネを外す、まこ。
 不思議がる優希に、まこの家が喫茶店になる前は、雀荘を
経営していて、メガネを外すし視界を、ぼやかせると、記憶して
いた、過去のイメージを思い出すらしいという久。

 リーチする風越の末春。
 「いらないよねsweat01」と和了牌のを捨てる鶴賀の佳織を見て
 「何ですの、そこsign03」驚く透華の声に驚く国広一sweat01 
 「リーチ一発目からニ向聴(りゃんしゃんてん※1)から生牌
(しょんぱい※2)の・・・凄い打ち手なのでしょうか?

 を捨てた、強気の打ち方が解せない美穂子。
 「ただのド素人ですよ。やっつけろ、みはるん。」と華菜。

 「この下家、素人じゃったんか?どおりでさっきも、過去の
記憶と、あまり一致せんかった・・・今局はさらに符合せん。
 近似のイメージが記憶に1個もないわ。
 うちの店にもっと素人が来てくれとったら・・・
」と、まこ。
4
5
6

 「flair で・・・で・・・出来ましたぁ。リーチしますぅ。」 
 「訳の分からん捨牌しよってからに~っ。
ダメじゃ、近似イメージがまったく無いっ。
」苦戦する、まこ。
 萬子の⑧を引く佳織のツモ和了。
 「手配は?」手配を見せない、佳織に呆れながら言う、まこ。
 「リーチツモ、対々和(といとい※3)・・・でしょうか?
 「四暗刻(すうあんこう※4)じゃsign03」驚く、まこたち。
 「な・・・なんですか?それ・・・sweat01」動揺する佳織。
 「親っかぶりでマイナス16000点・・・あの時、パーわん(※5)
切っとりゃ、マイナス8000で済んだのに・・・。
 最悪の立ち上がりじゃ・・・
sweat01

 「あぁ、こんな日に和とキャッキャウフフ出来たらいいなぁheart04
 買出しの帰り途中、あまりの、いい天気に妄想する京太郎
 「うぁぁぁsign01タコス、タコス、タコスはまだかっsign02
 優希が脳裏に浮かび我に返る京太郎・・・。
 「・・・っか、今朝から何個タコス買ってんだよ・・・俺・・・sweat02
 会場に戻ると最下位になってる事に驚く京太郎。
 「不甲斐のぉて、すまんのぉ。」と、まこ。
7
8 

 「遅い、ご登場だな?」と藤田プロ。
 「におうね・・・この会場。美味なるにおいが漂っている。
 「天江衣sign01・・・昼休みだからな。これはカレーのにおいか?
 「違うっsign01衣が食らう、生贄たちのにおいだっsign03
 「かわいいなぁ、お前はheart01 こんな子供が欲しいっheart04
 にやける藤田プロは思わず、衣を抱きしる。
 「子供じゃない、ころもだっsign01抱きつくな~っsign03

 じゃれあう2人の横に現れた今宮女子の門松葉子と田中舞。
 この場所は決勝進出校以外立ち入り禁止だと藤田プロから
注意されペンギンを落として慌てて逃げ出す2人・・・。
 そのペンギンを拾った衣は和へ返そうとすると・・・。
 「大丈夫かぁ?はじめてのおつかいだろ?
 「衣は子供じゃないっsign01
 参加校どうしの交流も悪くないなと衣に頼む藤田プロ。
9
10_2
11   

 葉子たちは、清澄に負け、カラオケで朝まで騒ぎ、眠たくて
仮眠しようとしたら、和が寝ていて、はらいせにペンギンを
取った・・・冷静になった2人はペンギンを探し、返そうと
戻るのであった。

 「牌譜・・・清澄の中堅と大将の牌譜、おかしくないですか?
 「ぐ・・・偶然でしょ?あんなの・・・
 「偶然がまた、起こらない事を祈りますよ。
 風越の中堅である文堂星夏の不安に華菜は答える

 中堅戦・・・会場へ向かう竹井久。
 「明るく振舞っていた・・・でも、2人の目は・・・2人ともあんな
目で私を見た事は無い。

 悪くないわっ。

 龍門渕2年、国広一、風越女子1年、文堂星夏、鶴賀学園3年、
蒲原智美、そして清澄3年、竹井久。
 いよいよ始まる中堅戦。

 「竹井久って・・・この人、上埜さん・・・sign02。」と美穂子。
12
13
14

 「3年前の全国中学生大会で、最後まで私を苦しめた
ただ1人の人・・・あんなに強かったのに3回戦から突然
会場に来なくなって・・・そして翌年、風越に入ってくる事も
無かった・・・。
 もう引っ越してたと思ってた・・・高校の大会にも、一度も
出てなかったのにきっと県外に引っ越したんだと、ずっと
思ってたのに・・・。
 ああ、お願い・・・文堂さん気をつけて・・・お願い・・・
彼女とまともにぶつからないで。

45

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 いよいよ、会場にやって来た衣ですが、さすがに全国区の
魑魅魍魎らしく?自在に等身を変えられるようですw
 そして、いよいよ美穂子も苦しめたという、過去が明らかに
なった、久。
 久が上埜から竹井に名前が変わった過去も明らかになるの
でしょうか?
 
 今回は、いや・・・今回もかな?対局の緊迫感は全然なく、
藤田プロと衣のじゃれあいに、主役を奪われた感じですし、
初めて見ることが出来る、久の対局ですから、緊迫した
攻防を見てみたいですね。
 その割には、しっかり役名以外の麻雀用語が、飛び交い
知らない方には、分かり難かったかもしれませんが・・・coldsweats01

※1 あと2枚そろうと、聴牌(てんぱい)になる状態の事。
※2 1枚も捨てられてない牌の事。
※3 全て、刻子(同じ牌を3枚)で揃える役でポンをしてもOK。
  鳴きまくる事で比較的簡単に出来ますね。
※4 刻子を鳴かず(暗刻)に4つ作ること。字の通りですね。
   3つが暗刻の場合は三暗刻(さんあんこう)になります。
※5 萬子の⑧の事で、この場合、佳織の和了牌ですね。
   この場合、なぜまこが、こう思ったかと言うと、佳織は
  ⑧をツモで和了り、結果的に役満の四暗刻になったからで、
  まこが振り込めば、三暗刻・対々和と役が小さくなった上、
  ツモ和了も防げたからです。

| | コメント (0) | トラックバック (17)

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 第10話『それぞれの行く道』

 第10話「それぞれの行く道」

 エルリック兄弟、アームストロングとヒューズは賢者の石
ついて調べいてた。
 そこへ現れたキング・ブラットレイ大総統。
 軍内部でも不穏な動きがあり、敵の実態が分からないという。
 そして、誰が敵か味方か分からない現在、この事は他言
無用というブラットレイ大総統。

 大総統と入れ違いに、やって来たウィンリィ。
 彼女はエドたちの先生が住んでいるダブリス行きの汽車の
切符を買ってきた。
 行くことを決めたけど先生に会うのに恐怖するエドたち。
 「やっぱ、怖いよ・・・兄さん。僕たちきっと殺されるよぉcrying
 「耐えろぉ、弟。俺だって怖いんだshock
 「あんたたちの先生って・・・sweat01」呆れるウィンリィ。
 「あぁ~~~sign03
 タブリスを地図で確認すると大声をあげるウィンリィ。
 ダブリスの手前にオートメイルの聖地ラッシュバレーが
ある事を知り、連れてけというウィンリィ。

 ヒューズ家に泊めてもらっていたウィンリィ。
 「ヒューズさん本当にお世話になりました。
 「セントラルに来た時は、また必ず遊びに来てくれよ。
自分の家と思ってさあ。
 それと、あいつらにもよろしくな。

 ダブリスへの旅立ちの日、仕事で見送りに行けないという
ヒューズ。
 「パパ、がんばってねぇheart02
 「いってらっしゃい。heart04
 ヒューズを見送る娘のエリシアと妻のグレイシア。

 ダブリスへ向かう汽車の中、なぜ先生に会うのかと尋ねる
ウィンリィ。
 心身ともに強くなりたい・・・そして、賢者の石について聞く。
 これが、向かう理由である・・・が、やっぱり怖がる2人coldsweats01

 一方、何かに気が付き書庫へ向かい地図を見るヒューズ。
 「リオール、各地の暴動、賢者の石・・・材料は人間。
イシュヴァールで俺たちがやった事・・・。
 おいおい、どこのどいつだ?こんな事、考えやがるのは。

 その時、1人の女性の影が・・・ラストである。
 「始めまして、ヒューズ中佐・・・それとも、さよならの方が
いいかしら?

 肩に傷を負い、書庫から逃げるヒューズ。
 大総統に電話をかけようとするが、ためらうヒューズは
外の公衆電話でマスタングへ電話をするが・・・。
 ロスが背後から、銃を突きつける。
 「ロス少尉・・・じゃねぇな。誰だ?あんた。
 左目の下にあるはずの泣きボクロが無いことに気が付く
ヒューズは、背を向きナイフを刺そうと振り向くと。
 くそったれ!!
 グレイシアに化けたエンヴィ。
 そして、夜空に銃声が響き渡る・・・。
 「・・・エリシア・・・グレイシア・・・ごめんな・・・早く帰るって・・・
約束・・・。

 「ママ・・・どうして、パパ、埋められちゃうの?
 ヒューズの入った、棺に土をかけるのを見ていうエリシア。
 「エリシア・・・
 「そんな事したら、パパお仕事、出来なくなっちゃうよ。
 「エリ・・・シア・・・
 エリシアを抱きかかえるグレイシア。
 「パパ、お仕事、いっぱいあるって言ってたもん・・・。
やだよ~、埋めないでよ~、パパァ~~。

 
 「殉職で2階級特進、ヒューズ准将・・・か。
 私の下について助力すると言ってたやつが、上に行って
どうする・・・バカ者が・・・

 葬儀が終わりヒューズの墓を見つめるマスタングは人体練成を
したエドたちの気持ちが今なら分かるとリザに言う。

 犯人を捜すヒューズは犯人の心当たりはあるが、言えないと
言うアームストロングに詰め寄るが、拒否をする。
 「そう言えば、我輩、言い忘れておりました。数日前までエル
リック兄弟が滞在しておりましてな。

 「彼らの探し物は見つかったのかね?
 「いいえ、それは伝説級の代物ですので・・・
 そう言って立ち去るアームストロング。
 犯人は複数、そして大佐以上の者が口止めをしている。
 そして賢者の石・・・。
 「上層部に食らいつくぞ。付いてくるか?
 「何を今さら。

 その頃、汽車の中でエドたちは笑っていた・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 あっという間の、ヒューズ中佐の退場でしたsweat02
 前作では、涙ながらに見ていたのですが、今作ではヒューズの
活躍の場(登場シーン)がほとんど無く感情移入する前に死んで
しまった・・・というのが正直な思いです。
 葬儀の方も、エリシアのセリフに、ぐっと来るものはありますが、
なんだか淡々に、進んで終わってしまいましたしね。
 
 前作の4クールが2クールですから、進行速度が2倍になる・・・
分かってるつもりなのですが、私的には、このヒューズ中佐が
亡くなるエピソードが、一番インパクトが強くて衝撃を受けた
シーンでしたので、思い入れも強い分だけ、肩透かしを食らった
ような感じですねsweat01
 逆に言うと、この話で涙が出なかった自分自身に驚きも
してますが・・・coldsweats01

 とにかく、これからが本格的に物語が動いていくことになると
思いますので、今後に期待しておきましょう。
 そして、そろそろ、登場となる師匠であるイズミ・カーティスの
声を誰がやるか気になる所です。

| | コメント (0) | トラックバック (23)

「黒神 The Animation」 第21話『神変』

 第21話「神変」

 黎真と真神の戦いが始まった。

 人も元神霊も滅ぼしたはず・・・
 されば、また滅ぼす・・・滅ぼす・・・


 炎の攻撃をする、アカの真神

 人も元神霊も溶けぬ・・・されば、砕けよ・・・

 シロの真神が氷の攻撃を仕掛ける。
 
 全てを理解したクロは決着をつける為、真神の元へ向かう。
 「まて、クロ。今さら黎真を許す気なのか?あいつが今まで
どんな事をしてきたか分かってるはずだ
sign03
 「兄はわたしの為に罪を犯したんです。だから・・・
1
2
3   
 
 黎真、茜たちの元にたどり着いたクロと慶太、そしてナム。
 「・・・あれが、真神。
 「本当にクロそっくりだ・・・。
 近寄るなという黎真そして「真神よ。人と元神霊に仇名す
者よ。我らの莫大なるテラを受けてみよっ
sign03
 イクシード千尋獅咆!!
 クロの時より威力のある千尋獅咆が真神に突き刺さるが
跳ね返されるイクシード。
 
 「茜さん・・・
 「慶太くん・・・」慶太を見つめ、涙目になる茜・・・。
 「この戦いにあなた達は関係ない・・・早く立ち去りなさい。
 顔をそらし、気丈な振る舞いをする茜。
4_2
5_2
16

 うぬ達、神かsign02

 「私は神では無いっ。お前達が真の神では無いのと
同じように
sign03」黎真の激しい抵抗にあう真神。
 「偽りの神よ。お前達は目覚めの時を私によって歪められた。
今のお前達は、本来の力の幾許(いくばく)も無いっ
sign03
 更に追い詰める黎真。
 「いまだっsign03
 「サウザンド、アイオライトアビスsign01
 茜のサウザンドが光る。
 我がテラよ。今こそ深淵までつながれ。
 イクシード千尋獅咆!!
6
22
 更に威力を増すイクシード。
 サウザンドにテラを貯め、一気に放出する。
 これが茜のサウザンド、アイオライトアビスである。
 我が力よ。真神どもを消し去れっ!!
 吹き飛ぶ真神・・・しかし・・・

 滅びぬ・・・滅びぬ・・・神は・・・滅びぬ・・・

 大地に輝く紋章に、光りが集まり再生を始める真神。
 元に戻る前に決着をつけようとする黎真。
 再び発動するアイオライトアビス
 手が光り、殺してしまった母を思い出す黎真。
 「これで・・・全ては終わる。」 
 「この戦いに勝てば、全ての呪縛が解けると信じて、私は
黎真と契約した・・・。
 慶太くんとクロちゃんの命を守る為に・・・雪さんを苦しめた、
ドッペルライナーシステムを消し去る為に・・・。
 今まで見守るだけで、みんなに何もしてあげられなかった私が
命を賭けて出来る事・・・それが、この呪縛を解く戦い。

 茜もまた、クロの事、雪の事、そして慶太の事を思う・・・。
7
8
9
31
 
 千尋獅咆・・・否、黎真の元へ雷撃が落ちる。
 「まさか・・・sign02」クロを見つめる慶太、そして茜とナム。

 我は滅びぬ・・・人よ滅びよ・・・

 クロから迸る稲妻・・・。
 我は・・・神!!
35
10
11 
 黎真がクロを仮死状態にしたのは、真神化を避ける為
だったのか
sign02」黎真に攻撃を仕掛ける、真神となったクロの
強大な力を見てナムは言う。
 再生したアカシロも加わり三位一在の攻撃を繰り出だす。
 圧倒的な力の前に何も出来ない黎真・・・そして、苦しむ茜。

 「クロっsign01本当にこのまま、お前は真神になっちまうのかsign02
 慶太の叫びも聞こえないクロ。

 三位一在・・・時は来た・・・我等は再び1つになる・・・
この世界の君臨すべき・・・君臨すべき・・・


 3人の真神の光りが集まる。
 「クロは・・・クロは一体どうなるんだ?
 「真神が完全体に成れば、クロという名の元神霊は消滅
するやもしれん。
」ナムの答えに動揺する慶太。
 「クローっ。お前は真神なんかじゃないっ。元神霊のクロだ。
 思い出せーっ!!

 慶太の叫びに呼応したかのように水神魅と揶雲たちが現れ
アカとシロの真神に攻撃を仕掛ける。
 しかし、クロの雷撃で谷底に落ちていくエクセルたち。
 やめろーーーっっ!!
 け・・・い・・・た・・・さん。
12
13 

 我らの中に・・・神にあらざる者・・・不純な者が・・・
 

 「クロ・・・俺はお前と出会って、良かったと思ってる・・・。
お前はいつも、腹すかして、いつも笑ってるけど・・・本当は
寂しがりやで・・・泣き虫で・・・負けそうになっても、最後は
必ず勝つ・・・。
 世界でただ1人のパートナー・・・元神霊のクロだから。

 「慶太さん・・・
 「クロ・・・お前・・・クロだよなsign02
 「わたしは・・・ずっとクロですよsign02
 「あぁ、そうだな・・・クロ、いつまでもクロのままで居てくれ。
俺と出会った時のような・・・

 「はい・・・
 「行こう、クロ。
 「はい・・・慶太さん。
 心で会話する慶太とクロ・・・そしてクロの紋章が輝きだす。
14
15
16_2
17   
 神が・・・神ならぬ者に・・・

 
そうだ・・・俺たちは神なんかじゃない。クローーっsign01
 シンクロする慶太とクロ。

 「慶太さん、わたし全身に力が溢れています・・・。
真神に負けないテラが
sign03

 人と契約するは神にあらず・・・神あらざる者よ・・・滅びよ

 メガエグゼそしてギガエグゼの攻撃で吹き飛ぶ真神。

 不純なる源・・・消し去れ・・・

 真神は慶太に攻撃の標準を変え、襲い掛かる。
 サウザンドで抵抗する慶太、しかし真神の攻撃が慶太に
突き刺さる・・・その瞬間。
 その前に立ちふさがり、慶太を庇う黎真。
 そして茜のサウザンドが強烈な光で輝き始める。
 「テラは満ちた・・・伊吹慶太、クロの事、礼をいう・・・。
 「黎真・・・
イクシード 超尋獅咆!!
18

19

 神では無い者が・・・神を滅ぼすのか・・・

 苦しみだす真神。
 「お前達は神などではない。人や元神霊と同じ時に、同じ
テラから生まれた存在にすぎぬ。

 自らのテラを犠牲にする事で、真神の再生力を失なわさせる
究極のイクシード・・・それが超尋獅咆。
 倒れる黎真・・・
 「兄さま・・・兄さま・・・
20
21
69 

 「黎真・・・私は生き残る・・・そして、あなたと・・・
 「雪・・・すまなかった・・・
 遠のく意識の中、魁音寺雪を思う黎真であった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 慶太たちを助け、ドッペルライナーを壊す・・・。
 想像通りの言葉でしたが、やっと茜さんの本心が見えました。
 慶太たちに、その想いを直接伝えて欲しかったですけど、
これは戦闘が終わってからに期待かな。
 でも、命を賭けちゃダメでしょ茜さんcoldsweats01
 セリフとしてはカッコいいですが、克服したとはいえ、慶太が
茜さんの気持ちに答えない?とか、人と親しくなるのを避けた
のは、母親や、まゆちゃんなど、心を許すと死んでしまう・・・。
 それが、あったからで茜さんが死んだら、元の慶太に
もどっちゃますよ。
 それこそ、茜さんは子供の頃からの付き合いで、絶対に
分かってるはずなのですけどね。
  
 そして、ツッコミ飽きましたが、今回も、どうやって、茜さんが
全てを理解したか不明ですが、それはともかく、クロを助ける
為とは言え、黎真の過去の行動に不満な慶太。
 一方の茜さんは黎真の過去を許し?契約者となる。
 この慶太と茜の微妙な心の違いが、気になりました。
 茜さんにとっては、黎真の人に対して犯した罪より、慶太と
クロを助けたい
・・・この想いが強かったのでしょう。

 黎真の19話での「2人の未来を見たいと思った。」これは
黎真は最後の切り札として超尋獅咆を使い死ぬ覚悟があった
からこその言葉だったみたいですね。
 そして、遠のく意識の中で、思い浮かぶのはクロの幸せな
姿ではなく、雪であり「すまなかった。」と言う黎真。
 雪を利用した訳ですが、雪の想いに答えられない・・・
もしかしたら本当は好きだったけど、クロを助けドッペルライナー
システムを破壊する為、心を許せなかったのか?その事に
ずっと後悔の念があったのですね。
 このままでは、雪が浮かばれないと思っていたのですが、
これで、ちょっとは浮かばれたのかな?と思います。

 ドッペルライナーシステムが崩壊すると、マスタールートで
無くなるのかもしれませんが、ルートであるにも関わらず重い
宿命を背負い、命を賭けて戦う・・・と幸福とはいえない茜さん。
 最後に、唯一無二のマスタールートの力を発揮して幸せな
姿が見たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

「咲-Saki-」 第9話『開眼』

 第9話「開眼」

 ついに始まる決勝戦。
 半荘(はんちゃん)2回と聞いて、2回分のタコスを持ってない
優希は京太郎に買いに行かせるw
 
 「あのノッポが、うちのタコスを盗んだじょ。crying
 テーブルに置いたタコスを差し入れと勘違いした井上純。
 泣き出す優希に福路美穂子はお弁当を優希にあげると
その中にはお弁当の定番、タコさんウィンナー
 名前にタコがつくとパワーの源になる優希。
 「しかし勝負は非情なり・・・。おねーさんも、きっちり
ぶっちぎるじぇ
annoy」と怪しいオーラがでる優希。
1
2
3
4   

 しかし、タコさんパワーが弱いのか、得意の東場で一向聴
(いーしゃんてん※1)がやっと・・・。
 「起家タコス女の手が進んだ、この流れは断っておきたい。
 気配を察知し、不可解な筒子の①をポンする純は鶴賀の
津山睦月から和了。
 流れは一気に純へ向く。
 「東場なのに、全然和了れないじょsweat01
  このままじゃ、ダメだじょ・・・このままじゃ、タコスを食べ
られただけじゃ、済まないじょ、このままじゃ・・・
 何もかも、持ってかれてしまう。
」動揺する優希・・・。
 そして、圧倒的な強さで前半を終える純。

 「お前は使える犬だ、とにかく偉いぞ京太郎sign03
 タコスを買ってきた京太郎は自分も嫌いではないというと
 「お前も、タコス好きの呪われた一族かsign02
 「呪われてねーよ。メキシコの人に謝れよ、お前。
 やっと帰ってきた京太郎だが「彼、また出かけて貰わないと
ダメなのよねぇ。お昼ごはんの買出し。
」と冷酷な久coldsweats01

 東1局、優希の親で始まる後半戦。
 リーチを賭ける優希だが、再び気配を察知した純はチー
再び流れを変える。
 「まるで、流れが存在していて、それを操ってるようにも
見える。
」解説の藤田プロは言う・・・それほど不可解な行動を
とる純。
 鶴賀学園の津山に和了られ、東場の親が流れる。
 落ち込む優希は、久の合宿の言葉を思い出す・・・
 「あの時だ、取り返せないとか、無理とか、そんな事じゃない。
 今、自分に出来る事をするんだ・・・部長が言ってた、
一歩一歩
進んで行けば、きっと何か違う景色が見えてくるって
sign03
 これは、団体戦、わたしの役目は一点でも多く終わらせる事。

 椅子を回転させる優希。
 「諦めた心では見えない物も、前に進めば見えてくる・・・
 気合入れなおしたじぇ
sign03
5
6
7
8   

 「七対子(ちーとい※2)ドラ3も、いいけど・・・ここは、もっと
高めだじょ
sign03
 ドラの筒子の⑦を捨てると優希の気配を察知し純は筒子の
⑧のリーチで、けん制され、捨牌に困る優希・・・その時
 福路美穂子の右目が開く!!
27
 「リーチに対してドラが切れなくて困っているのねsign02
 大丈夫、道を作ってあげる。

 「なっsign01 そこでドラsign02 あの女ヤバげ、相変わらず何か
ヤバげですわ。
」ドラである筒子の⑦を捨てる美穂子の行動に
驚く龍門渕透華。
 ドラが安全牌だと分かると、それを捨てリーチをかける優希。
 「なんだ?俺はしくったのかsweat01
 この女、ツキもねーし、流れの気配も希薄だが、まさかタコス
チビをサポートして俺を削る気か
sign02
 微笑む美穂子に動揺する純。
 「ローーーンsign03sign03sign03
 
リーチ一発門清(めんちん※3)平和(ぴんふ※4)ドラ1つ、
裏が、のれば三倍満だじょ。
 残念・・・親倍24000点。

 「十分、デケーってのsweat01」純から和了る優希。
 
 「まさか、このおねーさん味方sign02
 美穂子のサポートを受け、勢いが増す優希であったが、
美穂子のロン。
 「何故、気づきませんの?既に敵は風越の、あの女ですよの。
苛立つ透華。
 
 「なんだこの女sweat01 どうしてこんな圧倒的な気配を持ってるsign02
 「違う・・・この、おねーさん味方なんかじゃないじょ。
 あせる純と優希だが、打つ手なし。
 終わってみれば、風越女子の福路美穂子の圧倒的な勝利で
先鋒戦の幕は閉じる。
9
10
11
12   

 「有象無象の下等生物が、衣に勝てる訳もないsign03」 
 ついに天江衣が動き出す。
 そして、その気配を感じ、怯える咲であった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 開眼 キタ――(゚∀゚)――!!
 ついに美穂子の目が開きましたが、あの青い瞳で見ると
青みのある感じで見える事にビックリw
 
 流れを感じ取る純の打ち方は、デジタルで確率を重視する
和には、信じられなかったようですが、咲も、純ほど極端では
ないですが、それに近い打ち方をするタイプですし、久も、
いまだにベールに隠されてますが、言葉のニュアンスからも
純に近い打ち手のはずですしね。
 純の流れを感じ取るのが信じられない事だとしたら、タコスや
東場で強さを発揮する優希や、敵の強さを察知する能力がある
咲の方が、よっぽど不可思議だと思うのですがw 
 それにタコがつけばOKなんて、ますます、不思議ですよ。
 さすが、呪われた一族だけの事はありますねw

 遠くにいる、咲を脅かすほど、そういう力をもった大本命である
天江衣も、いよいよ次回で会場にやって来るでしょうし、盛り
上がってきましたねgood                          

※1 あと1枚で聴牌(てんぱい)(リーチ出来る)の状態。
※2 正確にはチートイツ。2枚を1組として和了する役。
  ニコニコとも言う・・・そのまんまですねw
※3 門前(めんぜん)ポンなど鳴きなしで和了る役と清一色
  (ちんいつ)萬子、索子、筒子のどれか1種類の役で和了る
  役の2つを合せた言い方。
   この場合は萬子の清一色。
※4 麻雀の基本的な役。鳴かずに和了の牌が両面待ち
  状態で、全てが①②③など順子である事が条件。
   この場合、純の捨牌が⑥で優希の頭が①①。
  ③④⑤、⑤⑥⑦、⑦⑧⑨が順子で⑦⑧で両面待ちの
  状態なので⑨でも和了れますね。 

| | コメント (0) | トラックバック (14)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »