« 「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHIMIST」 第14話『地下にひそむ者たち』 | トップページ | 「うみねこのなく頃に」 第2話『episode Ⅰ-Ⅱ first move』 »

「咲‐Saki‐」 第14話『存在』

 第14話「存在」

 副将戦の前半戦のオーラスが始まった。
 
 「原村和が、ついてただけですわ。 ふざけるのも、たいがいに
しくされですわーっ
sign01
 和のパーフェクト達成寸前、透華の怒りが爆発する。

 11順目、聴牌する透華だが、リーチせずにダマテンにする。
 透華の捨牌から、テンパイ臭を感じ、現物を捨てる和。
 「リーチですわっsign01
 そんな和を見てか、リーチする透華。
 「やみで、ぴんぴんろく(11600点)あったら、デジタルはリーチ
しねぇんじゃ・・・
sign02」と井上純。
 国広一もそんな透華を見て疑問に思う。
 「ヤミテンでわたくしが和了ってパーフェクトを阻止したら、
観客は大ブーイングでしょう。
 分かってくださるのは、一部の玄人だけ・・・それならば
sign03
 「まさか・・・
 「リーチをかけて、なお且つ和了る。
 原村より目立って差し上げますわっ
sign03
 「目立つ為だけに、デジタルを捨てた・・・sweat01」呆れる一。
 「ツモsign01 8000オールいただきますわっsign03
 パーフェクトを阻止し、トップになった透華。
1
2
3
4

 「ロン
 透華の索子の⑤で和了る鶴賀学園の東横桃子。
 「メンタン(※1)、にんろく(2600点)は、にっく(2900点)っす。
 「メンタンsign02 リーチ、リーチですって? いつの間にっsign02
 リーチを見逃していた透華。
 「あそこで一体・・・一体何が起こっているんだsign02
 驚く、一たち、龍門渕の面々。
5
6

 「桃。いるかっsign02」と前半戦が終了し、誰も居ない通路
話す鶴賀学園の加治木ゆみ
 「ここっす。」と、ゆみの隣に突然、現れた桃子。
 「さすがに決勝は手ごわいっすねぇ。消えるのに時間が
掛かりました。

 「いけそうか?
 「はい・・・先輩、私が見えるっすか?
 「あぁ、見える。」顔を赤らめ、ゆみは言う。
 「でも、でも、卓のメンバーには、もう見えない。
 私のリーチはダマと同じ・・・私は誰にも振り込まない。
 リーチに当り牌を打っても、相手がフリテン(※2)になるだけ。
 私は存在しない・・・。
」桃子はそう言いながら消え、再び
ゆみの背後に現れる。
 「見ていてください、先輩。
 ここからはステルスモモの独壇場っすよ。

7
8
9

 「たった、1人だけでいい・・・私を見てくれる人が、たった
1人だけ居てくれれば・・・

 桃子は、ゆみとの出会いを思い出す。
 子供の頃から存在感が無く目立たなかった桃子。
 コミュニケーションをする為、皆は、色々と行動するが桃子は
それを、子供の頃から避け続けた・・・その結果、存在感の
無さに拍車が、かかっていった。
10
11
12

 「麻雀部、3年の加治木ゆみだっ。
 私は君が欲しいっ!!
 「たった・・・1人・・・だけでいいheart04
 『君が欲しい』その言葉に顔を赤くしながら涙を流す桃子。
 「面白い人っすね。 こんな・・・こんな、私で良ければ。
 「やっと・・・やっと、君を見つけたheart01」 
 『ゆみちん、A組み乱入事件』として語られる事件・・・それが
加治木ゆみと、東横桃子の出会いであった。
13
14
15

 「とんでもない、目立ちたがり屋さんとか、存在感のある
パーツ
を持つ人がいるように・・・その逆もいるんすよね。

 私は存在感、ゼロどころでは無い。いわばマイナスの気配。
 そのマイナスは自分の捨て牌まで、巻き込むっすよ。

 後半が始まり、早々、リーチをする桃子。
 それを追いかけるように、リーチする透華。
 「いいんすか?それ・・・ドラっすよ。 ロン、リーチ一発ドラ1
ごんにー(5200点)っす。

 再び、桃子に振り込み、動揺する透華。
16
17
18

 「もしかすると、あっち側では、ここで見てるのと違った事が
起きてるのかも・・・。

 久は、透華の不用意な、捨て牌を見てこう言う。

 「カメラを通してなら、私も色んな人に見てもらえる・・・
この試合も、凄く多くの人が見ているんだろうなぁ。
 でも、私を見てくれるのは1人でいい。

 子供の頃から誰も見つけてくれなかった・・・。
 そして、それに慣れコミュニケーションを放棄していた桃子を
見つけ、求めてくれた、加治木ゆみ。
 そんな、先輩の為に頑張りたい・・・と桃子は思う。
 「コミュニケーションの為の努力も悪くない。
 その時間が、楽しいこともある・・・その楽しさを教えて
くれたのは、先輩sign01 あなたなんすからねっ
heart04
 私はもう、人が見てくれない事を恐れることはないっす。
 だって、私には・・・先輩。
 私、がんばるっすよ
heart01
19
20
21

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 和より、目立ちたい透華は、序盤は主役で目立ちまくり
でしたが、中盤から後半は、主役をモモに奪われ、しかも、
やられ役にまで、なってしまい、気が付けばステルスモモと
言いながら、一番目立っていたのは東横桃子で、違う意味で
ステルスモモの独壇場でしたw
 モモが透華の事を『目立ちたがり屋さん』と評するように
モモの対極のような存在である透華には、普通の人以上に
姿や声が見えなかったり、聞こえないのかもしれません。

 冷静に考えて、姿が消えるのは100歩譲ったとしても、自分の
捨て牌まで、消えてしまうと言う事なら、リーチが気が付かない
どころか、普通に牌を捨ても気が付かない訳で、場がモモで
止まって進まないと思うのですけどねcoldsweats01

 そして、ここにも百合~なカップルが1組いましたheart04
 この調子でいけば、咲の終了の頃までに、何組の百合~な
人たちが出てくるのか楽しみですnote

 今回も、目だった出番の無い、主役のはずの咲。
 真のステルスだったのは、咲だったのかもしれませんsweat01
 その分、次回『魔物』では、ついに大将戦が開始される
みたいですので、活躍の出番がありそうですね。 

※1 メンはリーチの事で、タンはタンヤオ(②~⑧の数字
  のみで作る役)の略で、ちなみにメンタンピンと言うと
  リーチしてタンヤオとピンフの役の事です。
   透華が驚いたのも、タンヤオだけならともかくとして
  リーチしていた事に驚いた訳です。
※2 リーチ後に、他の人が捨てた和了牌を見逃してしまった
  場合、その牌は、ツモでしか和了れなくなります。

|

« 「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHIMIST」 第14話『地下にひそむ者たち』 | トップページ | 「うみねこのなく頃に」 第2話『episode Ⅰ-Ⅱ first move』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

咲-Saki-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222507/45561862

この記事へのトラックバック一覧です: 「咲‐Saki‐」 第14話『存在』:

» 咲 -Saki- 第14局 「存在」 [つれづれ]
 存在感がないなんてレベルではありませんね。消えるって…。これが本当の幽霊部員? [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 07時27分

» 咲‐Saki- 第14話「存在」 [明善的な見方]
ついに、原作でも大人気のステルスモモが初お目見え! まぁ、今までもところどころに出てましたけどねw [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 07時51分

» 咲-Saki- 第14話「存在」 [よう来なさった!]
ようやくステルス桃ちゃん登場。このキャラが登場するのを楽しみにしてこれまで視聴してきた、とううのは過言だけどw 一番好きなキャラですからね、楽しみにしていたのは本当です。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 09時35分

» 咲 -saki- 第14話「存在」 [ミナモノカガミ]
気配のない少女。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 11時56分

» ■咲-Saki- 第14話「存在」 [ゆかねカムパニー2]
 天使の和と対峙する、透華の図。  って、どう見ても、透華は悪魔なんですけど…。  あの表情とか!(^^;。  わざわざ自分を悪役みたいにイメージしなくっても、 [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 13時49分

» 咲 -Saki- 第14話 [ニコパクブログ7号館]
第14話『存在』咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]今回は、桃子のターンでした。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 15時53分

» 咲-Saki-第14話『存在』の感想レビュー [萌えレビュ!]
スーテールースーモモだー! 三 (/ ^^)/ 今週は目立つ!という事に特化した透華のターンかと思いきや、目立たない!という事に特化したモモ(桃子)にスポットが当たる... [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 16時23分

» 咲 -saki- 第14話「存在」 [のらりんクロッキー]
ステルス桃子、本領発揮!! 桃ちゃんが予想以上にかわゆく描いてあって大満足。 ゆみとあんだけ百合百合だったとは。 部員不足に悩んでいた鶴賀学園。 やっと見つけた仲間。 ゆみは何が何でも麻雀部に迎え入れたかったんですね。 教室まで乗り込んでいったものの、お目あ... [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 16時41分

» 咲-Saki-#14 [悪のめいどブログ]
    [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 20時05分

» 咲-Saki- 第14話「存在」 [アニメレビューCrossChannel.jp]
県大会副将戦、前半戦のオーラスでトップを取った透華に主役が移ったのもつかの間、今まで気配を消していた鶴賀の副将ステルスモモが見せ場(透華には見えていないけれど)をさらった「咲-Saki-」第14話。いつもながら打ち手のペースにシンクロするように、キャラクターの魅力を引き出すタイミングを誤らない浦畑達彦のシナリオ。 アクタスのグロス回の割には抑えめな演出だと思うが、たったこれだけの尺で敦賀の東横桃子と加治木ゆみの出会い回想から書き起こして、その信頼関係を力に戦う桃子の心情にまで、良く描けたと思う。他... [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 20時29分

» 咲-Saki- 第14話「存在」 [White wing]
どちらのチームも先輩と後輩がいい信頼関係を築いてますね。良い心根の子達だよ。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 21時34分

» 咲 -Saki- 第14局「存在」 [藍麦のああなんだかなぁ]
咲 -Saki- 第14局「存在」です。 う~ん、今まではずっと麻雀アニメという [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 22時53分

» (アニメ感想) 咲 -Saki- 第14話 「存在」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]クチコミを見る 和は、堅実な和了りを積み重ねて着実にポイントを稼ぐ。そんな和の快進撃に、龍門渕透華が立ちはだかる。高得点の和了りで和のパーフェクトゲームを阻止した透華は、このまま波に乗って連荘を目指すそうとするのだが……。 *....... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 01時23分

« 「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHIMIST」 第14話『地下にひそむ者たち』 | トップページ | 「うみねこのなく頃に」 第2話『episode Ⅰ-Ⅱ first move』 »