« 「うみねこのなく頃に」 第11話『episode Ⅱ‐Ⅳ back rank mate』 | トップページ | 「咲‐Saki-」 第23話『本気』 »

「CANAAN」 第11話『彼女添』

 第11話「彼女添」

 マリアとユンユンに銃口を向ける夏目。
 「行け、カナンの元へ。
 影に隠れていたアルファルドがマリアたちを逃がす。
 NGO団体アウルの客員幹部、日本防衛省情報本部統合情報部
所属・・・これが夏目の正体である。
 リャン・チーとカミングズをけしかけ、ラングレイが犯した大統領
命令である12333のスキャンダルを押さえ、大沢賢治を表舞台に
登場させ、UAの情報を元に国家の軍事外交ゲームに参戦する
夏目を、愛国者と皮肉をこめていうアルファルド。

 氷漬けになった、カナンにそっくりのボナー
 共感覚の因子を持った人間がUAウイルスにより体質変換を
した際、髪の色が抜ける。
 「わたしが求めていたのは、ビジネスになるボナーという名の
生物兵器・・・。

 ただ、それだけの事だというアルファルド。
 これ以上、この研究をするつもりは無い。
 そして、他人が研究し、世の中に生物兵器が現れたら、それを
阻止できるのは蛇のみだと、夏目にデータを渡す。
 「あんな、恐ろしい子に似ているなんて、ぞっとしないわ。
 データを渡す代わりにこれは置いていけというアルファルドに
答える夏目。
 「・・・そう・・・たまたま似てしまっただけ・・・
 アルファルドはライターに火をつけ燃やし立ち去るのであった。
1
2
3

 ボナーのデータを手に入れたと、どこかに連絡する夏目。
 「全ては筋立て通り・・・違う・・・全てに気づいていて、その上で
わたしの言いなりになっていた・・・。

 カナンの事を理解できない夏目。
 そして、掃除を頼むと連絡をする。

 「つ、唾つけてあげます唾。」とユンユン。
 カナンと御法川の元に合流した、マリアとユンユン。
 怪我をしている御法川に気がつき心配する2人。
 「来る・・・ブラックホーク・・・
 敵が来る色を見るカナン。
 ハッコーそして、ユンユンの薬を探してくるとカナンはマリアたちに
車に戻るように話し、施設に向かう。
4
5
6
7

 米軍特殊部隊が施設急襲する
 テロ組織制圧後は人民解放軍の手柄にしても構わないと夏目。
 この作戦を了承してくれれば、日本政府は4153を了承する・・・
悪くない条件だと提示する。

 米軍の攻撃が始まる。
 カナンを心配するマリアに「カナンの写真を撮れ」と御法川。
 待つだけじゃなく、帰るのを当然として待てとマリアに言う。
 「わたしはカナンを待つ・・・カナンを信じて待つ・・・。

 壊れていく施設を見つめる夏目。
 気に入らない・・・まるでサンディ田中の意思を継いでしまった
ようだと、ヘリに乗り込み脱出する。

 「あはははsign01 あの女、裏切りやがった。
 特殊部隊の攻撃をモニターで見つめるリャン・チー。
 「愛は死なない・・・そう、ねえさまと、わたしは死なない。
 この状況を喜ぶリャン・チーの元へアルファルドが現れる。
愛を見せてくれると言う、カミングズと共に。
 「それ以上、近づくんじゃねぇよ・・・カスがよぉsign03
 戻ろうというカミングズの足に邪魔するなと銃を撃つ。
8
9
10

 「愛だって殺すっsign03
 アルファルドとの間に入ってくるものは何だって殺す。
 そう叫びながらカミングズを何度も殴打する。
 「なるほどなぁ・・・お前は今までそれなりにつくしてくれた。
 その愛にむくいてやろうか?

 アルファルドは、リャン・チーの短剣を奪うと喉元を傷つける。
 「姉さま・・・本気だ・・・本気でわたしを殺そうと・・・
 剣を抜き取るリャン・チー。
11
12

 「痛い・・・痛いです・・・姉さま・・・。
 もっと・・・もっと、痛くしてください。

 もっと~っ!!
 太ももを切られるリャン・チー。
 「姉さまが見てる・・・わたしは姉さまに殺される・・・heart01
 アルファルドに見つけられ、喜びの表情を見せるが、「後は
お前が。
」と短剣をカミングズの足元へ投げ、カナンが映る
モニターを見つめシャムの言葉を思い出す。

 あいつは絶望だ。
 お前には、俺のもてる全てを教えた。
 お前は俺の生む最高の戦士だ。
 だが、あいつは・・・俺の思いなど易々と飛び越えていく。


 「また、あの女がぁ・・・また、あの女がぁsign03
 そう叫び、別の部屋に入るリャン・チーは実験中の薬を飲む。
 「これで、わたしも認めてもらえる・・・
 悲鳴を上げ、苦しみ・・・そして白髪へと変化していく・・・。
 「音は体を切り刻み、色は毛穴を浸食し、香りはその目玉を
くりぬく・・・

 カナンと同じ共感覚の因子を持たない者の末路だと
リャン・チーを見つめるアルファルド。
 「痛い・・・痛い・・・姉さまはどこ・・・
13
14
15
16

 「リャン。 お前にこの礼を言わねばと思っていた。」 
 シャムから送られてきた手紙を見せる。
 シャムと落ち合う場所をCIAに知らせ、捕らえられたアルファルドを
リャン・チーが救出する・・・何故そんな茶番をと問う。
 死人からの呼び出しに応じるぐらい、カナンとシャムの時代に
捕らわれている
というリャン・チー。
 「シャムは、わたしをアルファルドとは呼ばない・・・。
 わたしの名はカナンだ。

 その名前を聞き、苦しみだすリャン・チー。
17
18
19

 「ほら。見てるじゃない・・・こっち見てsign03
 鏡に映る自分を見て、カナンだと取り乱す・・・
 「もう、長くはないなぁ・・・
 「殺せーっsign03
 アルファルドの言葉・・・そして、錯乱状態のリャン・チーを見て
カミングズが動く。
 「もし、その願いをわたしが聞き届けたならば・・・わたしを・・・
わたしを愛してくださいますか?

 カナンを殺せっー!!
 いくらでも愛してやると・・・そして、銃声が鳴り響き、血を流す
鏡に映る自分を見つめるリャン・チー。
20
21

 血ぃ、流して、ざまあ・・・

22
23

 ほめてやる、愛してやる・・・そう言い残し、息絶えるリャン・チー。
 そして、カミングズも後を追う。

 「愛とはやっかいなものだなぁ。
 リャン・チーの言うように過去に捕らわれている・・・本来の自分では
無い・・・本来の自分を取り戻すためには・・・
 部屋を立ち去り、モニターに映るカナンを見るアルファルド。
24
25
26

 「愛してるわ・・・こうして触って・・・
 ハッコーを見つけたカナンにユンユンの薬を渡す。
 帰ろうというカナンを拒むハッコー。
 「この人は、わたしの光り・・・
 「決定権は生きている者にある。
 サンタナを裏切ることになるというカナンを改めて拒む。
 「さようなら・・・
 崩れていく施設を後にするカナン。

 戻ってきたカナンを出迎えるマリアにユンユン。
 「カナン、写真、撮っていいかな?
 ファインダー越しにカナンが映る。
 「お帰りなさい・・・カナン。
 「こんな夕日は、日本じゃ見られないなぁ。
 夕日を見つめる御法川。
27
28
29

 そして、誰も居ないサンタナの店で人民解放軍がテロ組織の
拠点を制圧したとのニュースがテレビから流れる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 もう少し、謎を引きずるのかな?と思ったら、随分とあっさり、
カナンに似た正体が分かってしまいましたsweat01
 意味深に咲いてる花が、UAウイルスに関係するのかな?と
思っていましたが、それも関係なかったみたいですねcoldsweats01
 ただ、ラストのシーンには効果的に使われていましたけど。

 そして、今回はあまりの鬱っぷりに大ショック。 

 死亡フラグが立っていたとはいえ、リャン・チーがあんな
想像を絶する辛い死に方をするなんて・・・。
 当初は、変なキャラとしか見ていなかったですが、いつしか
田中理恵さんの演技もあって、憎らしくも何処となく愛すべき
キャラに、個人的には変化していったので、愛するアルファルドに
まるで興味が無いように見捨てられ、殺してももらえず、最後は
自分の変わり果てた姿をカナンと勘違いしてしまう。
 そして、見かねた、カミングズに撃たれ、血を流した自分を見て、
カナンが血を流してると勘違いし、喜ぶリャン・チー。
 もう、この最後は、辛くてまともに見られませんでした。
 
 そして続けて、ハッコーの死。
 物語的にリャン・チーの壮絶死の方を重要視してたようで
あまりにも簡単に流したような展開で、ハッコーは、それなりに
冷静に見る事ができました。
 死に方が、典型的な王道パターンで、綺麗な死に方だったと
いうのもありますけどね。
 それだけ、リャン・チーの死がインパクトが強すぎたと言えば
それまでですが、もう少し、上手く構成を考えれば、もっと良い
見せ方が出来たと思うので、ちょっと残念です。

 当初はクールなアルファルドにカッコ良さを感じていましたが
何をしたいのか、相変わらず不明だし、クールというよりか、
感情を持たない人間・・・そう思えてきます。
 とりあえず、蛇という組織ではなく個人的な目的は本来の自分を
取り戻す・・・つまり、カナンとお互いのカナンの名を賭けた戦い
 そんな感じでしょうか?
 そういえば第1話で何故、アルファルドが捕まったのか?と
思っていましたが、リャン・チーの作戦と知りながら、わざと
捕まったのね。
 お姉様を一時的とは言っても、CIAに売って、助け出し自分に
振り向かそうとする、リャン・チー。
 もう、完全なストーカーみたいなものですねw 
  
 もう1人、クールというか冷徹な夏目。
 彼女は、結局、サンタナを裏切り、リャン・チーも裏切り、漁夫の
利を得ようとしてる感じで、良い意味でも、悪い意味でも自分の
信念
をもって行動をしているリャン・チーや他の登場人物とは
違い、利益を得ようと画策する。
 ある意味、一番の悪は夏目かもしれませんね。
 日本の国家の為に、とも言えなくはないですけど。
 そして、彼女もいい死に方は出来そうもないですねsweat02
 そういえば サンタナ=サンディ・田中 こう解釈しましたが、
新たな登場人物の影もないのでこれで間違いないかな?

 次回の予告を見ると、アルファルドとカナン、そしてシャムの間に
何があったのか明かされそうですね。
 残すところ、あと2話、どんな鬱な展開にも負けず最後まで
見届けようと思いますcoldsweats01

|

« 「うみねこのなく頃に」 第11話『episode Ⅱ‐Ⅳ back rank mate』 | トップページ | 「咲‐Saki-」 第23話『本気』 »

CANAAN(カナン)」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222507/46204788

この記事へのトラックバック一覧です: 「CANAAN」 第11話『彼女添』:

» 『CANAAN』#11「彼女添」 [ジャスタウェイの日記☆ミラーブログ]
「愛とは厄介なものだな」 カナンそっくりな人物が氷付けになっているのを発見したマリアたちに、銃を向ける夏目。 しかし、その夏目にアルファルドが銃を向ける。 本家ブログ記事はこちらから↓ http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1801.html お手数です...... [続きを読む]

受信: 2009年9月14日 (月) 22時16分

» CANAAN 第11話「彼女添」 [White wing]
リャンとカミングズは夏目に踊らされていたんだな。 夏目の狙いはウーアウィルスに関する実験データ。機密を守る為にマリアとユンユンを始末しようと銃を向けると、格好いい登場のアルファルドがマリアとユンユンを逃がし、データを夏目にプレゼントをして退散。 アルファルドは夏目の筋書きを読んでいたようですね。... [続きを読む]

受信: 2009年9月14日 (月) 23時29分

» CANAAN 11話「彼女添」 [Spare Time 別館]
こちらはSpare Timeの別館です。 TBが反映されないため、別館から送らせてもらっています。 この記事へのTBは、本館へのTBが弾かれる場合にご利用下さるようお願いします。 http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2063.html... [続きを読む]

受信: 2009年9月14日 (月) 23時43分

» CANAAN 第十一話『彼女添』 [風庫~カゼクラ~]
夏目女史が思いのほか女王様気質で吹いてしまいました。 『人のセリフを盗らないで欲しいな』 …それでもアルファルドの方が上手なんだけどネ。 428 ~封鎖された渋谷で~ 特典 プレミアムファンディスク付きスパイク 2009-09-17by G-Tools ... [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 00時40分

» [アニメ]CANAAN:第11話「彼女添」 [所詮、すべては戯言なんだよ]
 ハッコーらの死に様を笑い、自分も笑われる結末へ。 [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 01時55分

» CANAAN 第11話 [日々徒然なるままに]
CANAANの第11話を見ました。カナンたちを追いかけた、 マリアとユンユンが目にしたものとは? 第11話-彼女添- カナンたちを追って、 ファクトリーへ潜入を試みたマリアとユンユンは、 地下の空洞で氷漬けになった、 カナンそっくりのボナーを見つける。 かつての実験の跡を見られた夏目に、 命を狙われるマリアとユンユンだったが、 二人を救ったのはカナンの宿敵でもあるアルファルドだった。 目的の代物を入手することに成功した夏目は、 米軍と中国政府に対して事件の後始末を要請する。 負傷した実を連れ... [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 02時58分

» 「CANAAN」第11話 [日々“是”精進!]
  CANAAN【1】(DVD)◆20%OFF!第十一話「彼女添」恐怖、絶望、悲しみ・・・、さまざまな思いが交差するファクトリー。カナンのクライアント、夏目もまた“フラワーガーデン計画”の全貌に迫るため、その場所を訪れていた。目的のデータを手に入れた夏目は、施設を破壊す...... [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 05時23分

» [アニメ]CANAAN #11 [Vanishing Point-バニシング・ポイント-]
CANAAN 公式サイト 『彼女添』 脚本:岡田麿里 演出:安藤剛文 絵コンテ:安藤真裕 作画監督:石井百合子 フラワーガーデンでマリア(南條愛乃)たちが見た光景。アルファルド(坂本真綾)の本当の狙いとは。 ■姿を似せたわけではない フラワーガーデンに現れたのは、夏目... [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 09時59分

» ■CANAAN【第十一話】彼女添 [此方彼方何方-コナタカナタドナタ-]
CANAAN #11の視聴感想です。 エージェント。 狂気の行方。 愛の終着点。 希望と絶望。 決定権は生きている者にある! ↑さぁポチッとな [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 15時32分

» CANAAN 11話 彼女添 [日常のぼやき]
それぞれの愛の結末は・・・ [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 18時39分

» CANAAN 第11話「彼女添」 [Boundaryline]
童貞の自分には「愛」の崇高さがよくわからない・・・。リャンの印象が強すぎて夢に出てきそうな勢い。そんな状態になっても、彼女を愛するカミングス。真性のMですね・・・。そんな彼も最期のリャンに「愛している」と言われて報われました。何故彼がそこまで彼女を慕い...... [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 20時31分

» CANAAN 11話「彼女添」 [Spare Time 別館]
こちらはSpare Timeの別館です。 TBが反映されないため、別館から送らせてもらっています。 この記事へのTBは、本館へのTBが弾かれる場合にご利用下さるようお願いします。 http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2063.html... [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 21時14分

» (アニメ感想) CANAAN 第11話 「彼女添」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
CANAAN【1】 [Blu-ray]クチコミを見る リャン・チーという狂キャラがこの作品にいてくれた事に感謝。この作品で、誰よりも存在感を放っているのが彼女・・・しかし、今回は・・・。 ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きま....... [続きを読む]

受信: 2009年9月17日 (木) 14時05分

» CANAAN(428 the animation) 第十一話「彼女添」 [無限回廊幻想記譚]
オープニングなしなので、一瞬最終回かと思ったよ。カナンによく似た人物が凍りづけにされているのを目撃した大沢マリアとユンユンに対して、銃を向ける夏目は口封じのために殺そうとするも、アルファルドが二人を逃がしてしまう。夏目はNGOであると同時に日本政府のために、ウー... [続きを読む]

受信: 2009年9月17日 (木) 20時45分

» CANAAN 第11話 「彼女添」感想 [物書きチャリダー日記]
無理矢理なサブタイが結構カッコイイ。CANAAN【3】(BD)◆20%OFF!早速感想。愛とは厄介なものだな・・・と。リャンチーのぶっ飛びっぷりも今回で最後。アルファルドをCIAに捕らえさせ、それを助ける。そんなことをリャンチーが考えていたのもお見通し。だからこそ見限...... [続きを読む]

受信: 2009年9月18日 (金) 00時04分

» CANAAN(カナン) 第11話 「彼女添」 感想 [コツコツ一直線]
 今回でファクトリーの話も終わり。カナン達は無事脱出することはできるのでしょうか。今回はとにかくリャン、そして田中さんの演技がすごかったです…。愛というのは恐ろしいものですね…。... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 22時39分

« 「うみねこのなく頃に」 第11話『episode Ⅱ‐Ⅳ back rank mate』 | トップページ | 「咲‐Saki-」 第23話『本気』 »