« 「CANAAN」 第11話『彼女添』 | トップページ | 「うみねこのなく頃に」 第12話『episode Ⅲ‐Ⅰ casting』 »

「咲‐Saki-」 第23話『本気』

 第23話「本気」

 鶴賀の東横桃子に振り込みをする龍門渕の沢村智紀。
 「ここからでは分からない何かが、あの卓上で起こって
いると言うのか・・・

 藤田プロも違和感を感じる。

 「・・・カンも出来ないし、どうすればいいの?
 苦戦する咲。
 久のタンヤオドラ2のツモ和了で桃子を追いかける。
 「同巡(※1)に当たり牌sign01 この見逃し、わたしのステルスを
警戒している
sign02
 既にオーラスを向かえ、勝利の確信をする桃子。
1
2
3

 公式戦とは、団体戦であり、個人戦には興味が無かった久。
 「わたしも勝ちたいsign01
 しかし、咲たちとの出会い、風越の福路美穂子との再会が
気持ちを変化させる。
 「燃えるわsign01」と気合が入る久。

 「ネット麻雀を打ってみてはどうかしら?
 牌が見えてこない咲。
 牌の情報以外見えない相手と戦うネット麻雀。
 合宿の時の久の言葉を思い出す。
 「感じる・・・
 場が見えてくる咲。
4
5
6

 「でも、今のわたしなら通せるsign01
 カンの可能性のある、生牌(しょんぱい※2)の南。
 ステルスモードの桃子は強気に牌を捨てる。
 「見えたsign01 ポンsign03
 咲のポンに驚く桃子、そして場の空気が変わった気配を感じる
久に智紀。
 「この一巡で和了牌が出れば・・・
 ポンをし、タンヤオをテンパイした久は、一巡に賭ける。
 「・・・ここまで・・・かな?
 牌を閉じる久、そしてカンをする咲。
 「嶺上開花ダブ南(※3)三色ドラドラ・・・3000、6000です。
 咲の大逆転で幕を閉じる。
 
 「わたしのステルスが、そんな事でsign01
 久にネット麻雀を思い出し、集中したら南が見えたという咲の
言葉を聞く、桃子。
7
8
9

A卓 福路美穂子、龍門渕透華、加治木ゆみ、竹井久。
B卓 原村和、井上純、国広一、池田華菜。
C卓 南浦数絵、蒲原智美、吉留末春、宮永咲。
D卓 片岡優希、染谷まこ、東横桃子、沢村智紀。
 
 ついに、最後の10回戦の半荘が始まる。

 「全国に行くにはトップしかない。」と咲。
 明カンの可能性を減らす為、東場は生牌を切らずに耐える
麻雀
に徹しようとする数絵。
 そして、末春のツモで幕が上がる。
10
11
12

 A卓で先制和了する加治木ゆみ。
 「各校部長対決か・・・負けられない戦いだなぁ。
 「あのぉ・・・鶴賀の部長は蒲原ですが・・・
 団体決勝の時も言ったと、藤田プロにツッコミをいれる実況。

 「またカンが出来ない・・・
 またもや、苦戦する咲。
 「カンsign01
 「ロン
 数絵の捨牌にカンをする咲だが、末春のロンが邪魔をする。
 末春のトップで東場が終了し南場が始まる。
 「あたたかい風・・・今のは?
 「さあ、始めましょう。
 南場になり、異変を感じる咲たち。
 そして数絵の本気が始まる。
13
14
15

 「うぅ・・・逆転されたしぃsweat01
 「こいつ、流れを変えても、そんなのお構いなしだ。
 B卓では華菜を抜かしトップに上がる和に驚く純。

 「白の生牌・・・だが、南場は前へ出るsign01
 白を捨てリーチを賭ける数絵。
 「いい鳴きでしたよ・・・わたしにとっては。
 白をポンする咲だが、それが裏目に出て、数絵にツモられる。
 南場になり、勢いを増す数絵。
 「まだ手が生きているのか?
 西をポンする咲を見て数絵。
 「ツモ、嶺上開花sign01 500、1000
 「あの決勝の時と似てるsign02
 西をカンし嶺上開花する咲を見て末春は思う。
 「清澄の大将・・・。
 南場のわたしの支配を受けて、なおカン出来るのか?
 やはり全国クラスの化け物。

 咲を倒し、全国クラスだと証明したいと気合の入る数絵。
 「約束だよ・・・原村さんheart04
16
17 

 B卓では和の勝利で全国行きを、ほぼ決める。

 「通った、これでわたしの勝ちです。
 筒子①の捨て牌が通り、勝利を確信する数絵。
 「嫌な予感がする・・・
 それとは、対照的に不安に思う末春。
 「カンsign01
 筒子⑦を暗カンをする咲。
 「ツモ、嶺上開花・・・清一色(※4)ドラドラ、4000、8000です。
 再び、嶺上開花で大逆転勝利し、総合でも3位に浮上する。
18
19
20
21

 「ここが勝負どころね。
 美穂子の右目が開く。
 「そして対面の上埜さんは2順目から逆転手をテンパイしている。
 これで勝負と筒子①を切る。
 「ここで、この牌が来た意味は?
 久はドラであり両面待ちが可能な萬子③を切り萬子⑨の単騎待ち
リーチで勝負を賭ける。
 「降りてないのね。
 そのドラをポンする美穂子。
 そして・・・
 「ツモsign01 リーチツモ三色同刻三暗刻(※5)ドラ1・・・3000、6000
 「上埜さん、最後の最後で、きゅーわん(9萬)単騎に切り替え・・・
 久は、美穂子を抜き、ダントツトップで終了する。
22
23
24

 全国行くが決まった。
 1位 福路美穂子、2位 原村和、3位 宮永咲

 「残念、届かなかったわ。
 4位で終わった久。
 「全国出場おめでとうnote
 久は美穂子に握手を求め、握手する2人。
25
26
27

 「今度は最初から本気を出してくださいねheart01
 全国行きの約束を守れたという久に答える和。
 「のどちゃん。 おっぱいでは1位だじょnote

 個人戦どうだったと、たずねるまこに久はこう答える。
 「そうね・・・最初は興味は無かったわ。
 でも、悪くなかった。
 個人戦、楽しかったわ。

28
29

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 個人戦を、数話で上手くまとめたなと思う反面、消化不良と
感じる所もありました。
 せっかく、団体戦にはいない未知なる強敵として登場した
南浦数絵ですが、結局は咲の嶺上開花にあっさりと敗れて
しまい、強さがあまり見えずに終わってしまったな・・・と。

 久たちとの対局でも、そうでしたが、カンが出来ずに困る咲
ですが、最後の最後に役満を和了し、あっさり逆転・・・sweat02
 いままで、こつこつと点数を稼いでいた、他の対戦相手は
何だったんだろうと思ってしまいます。
 これだと、咲の相手が強いのではなく、咲が嶺上開花が
出来なければ、ただの雑魚、運のみに頼る弱い打ち手

ように見えてしまいました。
 プラマイ0に出来る才能があるのだから、もう少しと言うか
かなり上手な打ち回しが出来るはずなのにね。
 まあ、団体戦が決着した時点で事実上の咲は終了で、中途
半端な話数を残してしまい、おまけ的な要素だと言ってしまえば
それまでですが、強引な幕引きで決着がついたのが残念です。
 
 逆に良かったと思うのは、お互いライバルではなく、百合~な
関係でもなく、だけどお互い意識してしまう、気になる相手である
上埜(竹井)久と福路美穂子。
 団体では美穂子の勝利、そして今回は久の勝利、だけど全国を
手中にしたのは美穂子と、無難でありがちな展開ですが、綺麗に
上手く決着をつけたと思います。
 ただ、透華は目立つ場面のなければ、加治木ゆみにさえ負けて
ビリになったりとボロボロと散々でかわいそうですcoldsweats01
 残り2話で是非、活躍の場を期待してます。

 ところで、桃子のステルスモード。
 和の時もそうでしたが、咲がネット麻雀をやってるように牌に
集中するだけで、やぶれる弱点があるということは同じ高校にいる
妹尾佳織も、「みっつずつ」とか数えるぐらいのド素人な訳ですから
他人の心理を読んだり、捨て牌で待ちを読むなど高等技術や
余裕は、当然無い訳ですから、ステルスは通じなかったはずで、
もし佳織相手に部活の時に少しでも、ステルスを発動してたら、
この弱点に気がついていたと思うので、その時はまた違った展開に
なっていたのでしょうね。
 まあ、あまりにも素人で使う機会がなかったのでしょうけど・・・sweat02

※1 自分の番が来るまでの1周の間に、他人の捨て牌に和了牌が
  あること。
   この場合、智紀が筒子②を捨て、久が筒子④のツモ和了した
  訳ですが、②③④、⑤⑥⑦、③③と智紀の②でも和了だった訳
  ですね。
※2 場に1枚も出ていない牌の事。
※3 南を3枚以上揃える役で、南場の南家にいる咲は、役がダブる
  ので2飜、つまりダブ(ル)南の役になる訳です。
   ちなみに東場の東家の場合はダブ東ですね。
※4 同じ種類の字牌で、つくる役。
   数字が一杯で良く分からないかもしれないので、分解すると。
   ①②③、②③④、③④⑤、⑦⑦⑦⑦、⑤⑤となります。
※5 三色同刻(さんしょくどーこー) 萬子、索子、筒子の3種類を
  同じ数字で各3個集める役。
   三暗刻(さんあんこう) 同じ絵柄を、鳴かずに3種類集める役。

|

« 「CANAAN」 第11話『彼女添』 | トップページ | 「うみねこのなく頃に」 第12話『episode Ⅲ‐Ⅰ casting』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

咲-Saki-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222507/46231060

この記事へのトラックバック一覧です: 「咲‐Saki-」 第23話『本気』:

» 咲 -Saki- 第23局 「本気」 [つれづれ]
 見飽きるぐらい嶺上開花だらけでした。そういう感じなので咲は本気なのでしょうけど、どこかゆるいですね。 [続きを読む]

受信: 2009年9月17日 (木) 20時23分

» 咲-Saki- 第23局「本気」 [気ままに日日の糧]
 京ちゃんの夢の通りになったなあ。しかも、残りの一人が先行したキャプテンと和を追 [続きを読む]

受信: 2009年9月17日 (木) 20時45分

» 咲‐Saki- 第23話「本気」 [破滅の闇日記]
咲-Saki- 3 [DVD](2009/09/02)植田佳奈小清水亜美商品詳細を見る 宮永 咲VS竹井 久VS沢村 智紀VS東横 桃子。久部長の策略の次は、桃子のステルス... [続きを読む]

受信: 2009年9月17日 (木) 20時57分

» 咲 -saki- 第23話「本気」 [ミナモノカガミ]
三人の勝者。 [続きを読む]

受信: 2009年9月17日 (木) 21時49分

» 咲 -Saki- 第23局「本気」 [藍麦のああなんだかなぁ]
咲 -Saki- 第23局「本気」です。 えっと、「咲 -Saki-」って全何話 [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 02時12分

» 咲-Saki- 第23話「本気」 [のらりんクロッキー]
黄金カード続出だったけど、咲と和と当たったキャラたちが、 ことごとく 噛ませ犬 なのが(^_^;) 前回の続き、予想通りモモは咲のリンシャンの餌食に。 続いて最終局、ポニテおねーさんも同様にやられちゃいました。 同じ卓だったみはるん、カマボコは噛ませも噛ませ(^... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 07時53分

» 咲-Saki- 第23話 [パズライズ日記]
県大会個人戦に決着がつき全国行きの上位3名が決まるお話でした。 終わってみればアニメ的にも実力的にも順当そうな結果、堅い勝負は好きなはずなのに何だか面白くない結果(笑)。 それでも上位に清澄勢が揃っているあたり、団体戦優勝は当然という内容だったと思います....... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 17時33分

» 咲 -Saki- 第23話 『本気』 感想 [カタコト日記〜日々の徒然〜]
咲-Saki- 第23話 『本気』より感想です。 個人戦、終幕。 [続きを読む]

受信: 2009年9月20日 (日) 03時28分

» 咲-saki- 第23局 「本気」 [アニメを考えるブログ]
 池田は全国にいけなかったし…  最後の対局で和と同組になったのを見て、終わったなと思いました…。  予想通り見せ場は最初だけで、... [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 19時57分

« 「CANAAN」 第11話『彼女添』 | トップページ | 「うみねこのなく頃に」 第12話『episode Ⅲ‐Ⅰ casting』 »