« 「そらのおとしもの」 第2話『天翔ける虹色下着』 | トップページ | 「君に届け」 第2話『席替え』 »

「君に届け」 第1話『プロローグ』

 第1話「プロローグ」

1
2
3

 「あの~、これ落としましたよ。
 すいませんと驚き、逃げ出す生徒たち。
 「どうぞ、開きましたよ。
 トイレから逃げ出す生徒たち。
 恐怖心から逃げ出す生徒たちを見て、期待を裏切って悪いけど、
霊とかは見えず名前も貞子じゃなく(黒沼)爽子
だと思う。

4
5_2
6

 陰気な見た目から恐怖心を与えてしまうけど、本当はもっと、
みんなと打ち解けたいと思う爽子。
 そんな、爽子とは正反対にみんなの中心にいる、明るく爽やかな
風早翔太
 「おはよう、黒沼note
 爽子にも、みんなに同じように接する翔太。

 「あ・・・あの、もしかして北幌高校だとしたら、あっちです。
 「ありがとう。
 あやまられてばかりいた爽子に、笑ってありがとうと言って
くれた翔太との始めての出会いであった桜咲く入学式。
 この時から、翔太は爽子のあこがれになった・・・。
 「いつか・・・風早くんみたいな人になりたいな・・・

7
8
9
10

 「貞子も来んのかね?
 「来たら、本物でそうだねnote
 終業式の前日に肝試しをする事になり、爽子の事を噂する
矢野あやね吉田千鶴
 2人の会話を聞き、霊感がなく、何も出ないと盛り下がるのかな?と
期待に答えられない事を考える爽子。
 夏季講習の手伝いを募集する先生。
 嫌がるみんなの為にと立候補しようとする爽子。
 「知っててくれた・・・わたしがやっていた事までheart01
 そういう雑用みたいのを3つもやってると翔太が代わりにやろうと
するが、自分もやると爽子。

 「良かった。 俺、黒沼に嫌われてるんだと思ってた。
 翔太の事を、さわやかさから出来てると噂する爽子と詩乃。
 2人の話を聞いた翔太に、ほめ言葉だという爽子。
 そんな気持ちを分かってくれた、嘘じゃないって信じてくれた
翔太を嬉しく思う。
 「ちゃんと喋ったら、ちゃんと自分の気持ちいったじゃん。
 誤解が解けたのは始めてかもと爽子。
 
11
12

 「その役、やらせてもらえないかな?
 お化け役が居たほうが、そして貞子(爽子)が立ってるだけで
盛り上がるという、あやねと千鶴の会話に入る爽子。
 無理することは無いと、あやねたち。
 嫌々やった事はない、仲良くしたい、役に立てば嬉しい・・・。
 「ただ・・・これは、みんなの期待に答えられなくて心苦しいの
だけど・・・本物は出ません

 霊感は無いと落ち込む爽子を笑う、あやね。
 分かってくれた、少しだけと変われた気がすると爽子。
 「風早くん・・・風早くんのおかげだよ。

13
15
16

 みんなに内緒にして楽しんでもらおうとガンバル爽子。
 次々と悲鳴を上げ、逃げるみんなを見て、役に立ってると
喜ぶ爽子。

17
18
19
20

 「言えよな・・・俺、一応幹事なんだからさ。
 来ねえかと、思ったじゃんよ。

 お化け役をやってた、爽子に驚き、そう言う翔太の言葉に
顔を赤くする爽子。
 爽子と2人きりで座ってる、翔太をからかう、あやねたち。
 あやねたちと打ち解けてる姿を見て喜ぶ翔太に、気持ちを
言えたのは翔太のお蔭だと爽子。
 そんな爽子を実は明るく前向きだと言う翔太に、生まれて
初めて言われたと翔太をじっと見つめる。
 「そんな、見んなsign01
 慌てて、もう3秒以上見ないように気をつけるという爽子。 
 「じゃなくて・・・照れんだろ・・・言わせんな・・・」 

21
22
23

 肝試しでゴールしなかった翔太に罰ゲームとして、爽子と1週間
付き合える権利だと、一緒にいた事をからかうみんな。
 「それ以外は何でもやるよ。
 それが罰ゲームなのは失礼だと笑えないと翔太。
 2人でいた事の誤解を必死に解こうとする爽子。
 特別な事ではなく、翔太は誰にでも接してくれるからだと。
 だけど、優しさ、爽やかさ、明るさ、正直さに惹かれたのは事実。
 「それだけは、何の誤解もありません。」 

24
25
26
27

 誤解は解けたはず・・・
 嘘は無かったはず・・・
 翔太の名誉は守れたはず・・・。
 正しいことをした・・・そう思う、爽子。
 だけど、寂しい・・・もう目を合わせられないかもしれない・・・
 避けられるかもしれない・・・そう思うと涙が止まらない爽子。
 「そんなの、慣れてたつもりだったのに・・・

 「これ、影のMVPだって・・・みんな謝ってた。
 夏休みなのに爽子を待ってた翔太。
 気を使わなくても良いと言う爽子の言葉に翔太は自分の事を
良く分かってないと言う。
 「俺、期待しちゃっても良いんだよね?
 夏休みも黒沼に会えるって・・・。

 あの時、感じたあの気持ちは・・・
 そのまま、大きくなった今のこの気持ちは・・・
 いつか・・・君に届くだろうか・・・


 入学式のあの日、爽子と出会った、あの日を思う翔太だった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 原作がなじみのあまりない、少女マンガであったりして特に期待も
してなかったのですが、能登麻美子浪川大輔が主役であった
事とシリーズ構成が金春智子だったので、とりあえず見てみようと
思ってみただけの作品でしたが、これが大当たりの予感。

 全体的な感じは当然と言えば当然ですが、偏見はありますが、
爽やかスクリーントーン多用の背景や、くさいセリフが多い、イメージ
する少女マンガのイメージそのもので、いまいち馴染めませんが、
ちびまる子ちっくなデフォルメキャラ(ちびまる子も少女マンガと
言えば少女マンガですがsweat01)の使い方が上手かったり、次を期待
させる展開で、見逃さなくて良かった・・・そう思えました。
 能登ヴォイスも、もうこれ以外、誰も有り得ないと思えるぐらい
バッチリですしねgood
 浪川大輔さんの翔太は、合っていると思うのですが、ちょっと
違うかな?って思う時もあったりします。
 これも数回みれば慣れるとは思いますけどね。

 君に届けというタイトルは、爽子が翔太やみんなに、気持ちを
届けたい
というより、翔太が爽子に好きだという気持ちを届け
たい・・・
そういう意味だったのですね。
 当然、実際は片方からだけじゃなく、両方にかかってはいるの
でしょうけど、大げさですが実は以外に深いタイトルだな・・・
なんて感じました。    

|

« 「そらのおとしもの」 第2話『天翔ける虹色下着』 | トップページ | 「君に届け」 第2話『席替え』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

君に届け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222507/46462184

この記事へのトラックバック一覧です: 「君に届け」 第1話『プロローグ』:

» 君に届け #01 プロローグ [在宅アニメ評論家]
ピュアでポジティブ…しかし貞子な爽子の青春ストーリー。 2009年10月新番レビュー第五弾です。 [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 01時23分

» 君に届け 第1話「プロローグ」 [ミナモノカガミ]
膨らんだ想い。 [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 03時08分

» 新アニメ「君に届け」第1話 [日々“是”精進!]
   別冊マーガレットにて連載、椎名軽穂原作のコミックをTVアニメ化。陰気な容姿のせいで、「貞子」と言うあだ名が付いている黒沼爽子。そんな自分にも変わらず接してくれる風早翔太に憧れを抱き、そんな自分を後押ししてくれるクラスメイトたちとの関わりの中で、少...... [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 06時22分

» 君に届け episode.1 [Brilliant Corners]
「プロローグ」 能登祭り〜(*´д`*)アハァ なんかすごくいいお話でした 原作 [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 10時58分

» 君に届け 第1話「プロローグ」 [マリアの憂鬱]
「陰気な女の子の恋物語」 [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 13時54分

» 君に届け 第1話「プロローグ」 [のらりんクロッキー]
ちょっと絵が苦手な範疇だったのですが、フタを開けてみればぜんぜん気になりませんでした。 これはよい作品…って昨年の講談社漫画賞受賞作じゃん\(゜□゜)/ 爽子のCVがまみまみというのが最初ピンと来なかったんですが、 実際見てみて納得。 まみまみしかいませんw... [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 17時26分

» 君に届け第1話「プロローグ」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
新作アニメ第10弾。こちらは原作を読もうと思いつつ、機会を逃しているうちにアニメ化されてしまいました(^^;)ここまで来たらアニメを楽しんでしまおうと思います♪北幌高校に入学して以来3ヵ月。口数が少なく陰気な容姿の黒沼爽子は、霊感が強いと思われ、"貞子"...... [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 00時19分

» ◎君に届けepisode.1「プロローグ」 [ぺろぺろキャンディー]
少女マンガ系のアニメはじまった。三秒以上目が合うと一週間後に不幸がオトヅレルらし。そして、貞子でてくる。声がノトマミコじゃないか・・・。これじゃあ、まるで、地獄少女じゃないか・・・。名前、サダコじゃなくてサワコだった・・・。閻魔愛かとおもってた・・・。...... [続きを読む]

受信: 2010年3月20日 (土) 17時19分

« 「そらのおとしもの」 第2話『天翔ける虹色下着』 | トップページ | 「君に届け」 第2話『席替え』 »