« 「君に届け」 第3話『放課後』 | トップページ | 「そらのおとしもの」 第4話『愛と三角地帯ふたたび』 »

「うみねこのなく頃に」 第17話『episode Ⅲ‐Ⅵ promtion』

 第17話「episode Ⅲ‐Ⅵ promotion」

1
2
3
4
5

 「人を亡くした時の悲しみは、その後の人生を共にする
はずだった時間が長ければ長いほど大きい、辛い・・・

 秀吉や留弗夫、そして霧江の死を見つめるメタ世界の戦人。
 魔女とは違い、人間は有限の時を過ごしている・・・。
 そんな人間の命をもてあそぶ、ベアトが許せない戦人だが、
碑文通りに殺人を犯さないと復活できないベアトを理解するも
不要な行為は残酷趣味だと否定する。

 無限の魔女には壊す、殺すという有限の概念が無いと、
ワルギリア、そして人間に幸福を与える為に存在すると言う。
 「だとしたら、お前は無限の魔女、失格だな。
 無限の魔女だと認められるための試験じゃないか?そして
魔女にもなってないベアトには、戦う資格がないという。
 「ならば、わらわは、いつそなたの対戦相手だと再び、
認められる?
 どうすれば、お前の許しを得る事が出来るのか?

 涙ながらに戦人に問うベアト。
 自分で考えろ、そしてゲームを降りない・・・魔女となり好敵手と
して現れるのを待ってると戦人。 

6
7
8

 コーヒーをもらって来ると1人、部屋を出る譲治。
 「右代宮譲治・・・それほど紗音に会いたいか?
 「あなたが本当の魔女ならば、どんな対価にも応じるsign01
 どうか、紗音を生き返らせて欲しい、お願いだ
sign03
 対価はいらないとベアト。
 しかし、魔力が足りず、力を貸して欲しいと外へ出て行く2人。
 誰かがゲストハウスから出て行く気配を感じる、エヴァトリーチェ。

9
10
11

 当主の座を得られれば満足だと思っていた絵羽。
 しかし、黄金を見て欲が出たという絵羽に恥じることは無いと
言うエヴァトリーチェ。
 少女時代の心と同時に欲望と邪まな心がエヴァトリーチェを
生んでしまった
と絵羽。
 「なら、わたしが殺した楼座と真里亞、留弗夫と霧江も、あたなの
責任って事になるわ。
 それに・・・秀吉もね。

 2度と現れるなと言う絵羽に、好き勝手にするとエヴァトリーチェ。
 「あんたなんか、ヘソでも噛んで死んじゃえばぁsign01
 そして、自分が殺したのか?と苦しむ絵羽。

12
13
14
15
16

 絵羽に気を使う蔵臼。
 父のようになりたくて、横柄に接してきたが、父には及ばな
かったと、後悔する蔵臼。
 「悪いと思うなら、今すぐヘソでも噛んで死んじゃえばぁsign01
 シエスタ姉妹である410と45に攻撃を命じるエヴァトリーチェ。
 光りの矢?が蔵臼と夏妃の首を絞める。
 そして、体に巻きつけどこかに移動させるシエスタ姉妹。  

17
18
19

 「さあさ、思い出してごらんなさい。 
 あなたがどんな姿をしていたのか?

 紗音に魔法をかけるベアト。
 冥府の扉に隙間は開ける事が出来るが、魂を連れ出す力は
無いと言うが、譲治の紗音を思う心が魔力に変えると言う。
 「人はたった1つの命にここまで、必死になれるのだな・・・
 割れたツボのように、2度と戻らない魔法の無い世界の人間なら
命に全身全霊をかけるのは当たり前だと思うベアト。
 そして、ゆっくりと目を覚ます紗音・・・。
 「こうも鮮やかに成功するとは・・・これが、人間の
有限の存在しか起こせない奇跡の力か・・・


20
21

 生き返った紗音。
 しかし、光りの矢が譲治と紗音を襲う。 

22
23
24
25

 譲治を探しに、そして朱志香の両親である蔵臼と夏妃を探しに
バラ庭園に向かう戦人たち。
 バラ庭園で死んでいる蔵臼と夏妃を見つけ、泣き叫ぶ朱志香。
 
 「7月15日は俺の誕生日だけど・・・
 譲治を探しに屋敷に入る夏妃と戦人は07151129と数字の
書かれた扉を見つけメモを取る夏妃。
 そして、中に入るとそこには、倒れてる、譲治と紗音が・・・。

26
27_3

 「これで、第8の晩までの生贄が作られた訳か・・・
 俺ももうすぐ、親父たちの所に行くのかな・・・

 あきらめそうになる戦人だったが、妹のえんじゅの面倒は
誰が見るのか?と死ねないと思う戦人。

28_2
29_2

 「絵羽おばさんが犯人だsign03
 ゲストハウスの1階に居たのは、父さんたちと絵羽だけだと、
朱志香が詰め寄る。
 「じゃあ、どうして譲治は死んでるのよ?
 あんたたちが譲治を殺したんじゃないの?

 「殺してやる・・・殺してやるっsign03
 絵羽の言葉に切れた、朱志香は絵羽に襲い掛かろうとすると
絵羽が発砲し、その炎で目を傷める朱志香。
 「わたしは、悪くない・・・わたしは、悪くない・・・
 楼座は部屋を飛び出していき、それを追いかける戦人。
 
30
31

 「第9の晩に魔女は蘇り、誰も生き残れはしない・・・
 部屋を出た、南條を襲うエヴァトリーチェ。
 視力を失った人間は反魔法力も、対魔法抵抗力もゼロになると
エヴァトリーチェ。
 南條に飽きたら殺すという、その声に驚き、恐怖する朱志香。

32
33

 朱志香の嘉音に対する恋心をもてあそんだ事を反省するベアト。
 朱志香を助けようとするベアトは嘉音の力を借りようと考える。
 戦人に認められたい・・・本当の魔女にならなければならないと
決意するベアト。
 「願わくは、それが最後の魔法とならぬ事を・・・
 「さらばだ、我が友よ。
 ロノウェにそう、言い残し消えていくベアトだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 徐々にですが人間の、そして有限の力を理解していき、生まれて
きた優しさが、穏やかな表情からも見えてくるようになって、戦人に
認められたいと頑張るベアトの姿がいいですね。
 ただ、紗音をせっかく生き返らせたのに、直ぐに死んでしまい
裏目に出ちゃいましたが、朱志香救出作戦でも、失敗しなければ
良いのですけど・・・coldsweats01

 その正反対に今回も大暴走のエヴァトリーチェ。
 いつの間にか「ヘソでも噛んで~」って決めセリフまで考え
ちゃってるし・・・sweat02
 自分自身である、絵羽まで殺しそうな勢いですし、邪まな心が
生んだとはいえ、元人間?とは思えませんねw
 殺し方も、光の矢?攻撃で密室状態も関係なしの相変わらずの
メチャクチャでトリックも推理もあったものじゃありませんが、
シエスタ姉妹が、かわいいので良しとしましょうnote
 特に喜多村英梨さん演じるシエスタ410は最高ですねgood

 こんな展開の中にも07151129という数字が出てきてこれが
意味するものは何でしょう?
 戦人は7月15日が誕生日だと言っていますが、11月29日
生まれもいるのかな?

 両親たちが死に極限状態になり、絵羽を犯人と問い詰める
朱志香ですが、以外と真実かもと、思えます。
 エヴァトリーチェは絵羽本人が言ってるように、少女時代の
自分と邪まな心が実体化したようなもの

 ジキルとハイドのように絵羽が二重人格的な性格であったらと
考えれば、有り得るかな?と思います。
 「私が殺してしまったの?」とわざわざ、文字として表現してる
のも、気になりますし、絵羽も多少なりとも思い当たる節があるの
でしょう。
 ただ、譲治が殺される必要は無い訳で、このあたりは疑問が
あるところですが・・・。
 譲治に犯人じゃないか?とか言われたとか、殺害現場を
目撃され、つい・・・ということかな?
 朱志香に、驚いたからと言いつつも、ライフルを発射する
あたりは、あやしいですよね。               

|

« 「君に届け」 第3話『放課後』 | トップページ | 「そらのおとしもの」 第4話『愛と三角地帯ふたたび』 »

うみねこのなく頃に」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222507/46579224

この記事へのトラックバック一覧です: 「うみねこのなく頃に」 第17話『episode Ⅲ‐Ⅵ promtion』:

» うみねこのなく頃に 第17話「EpisodeⅢ-Ⅶ swindles」 [無限回廊幻想記譚]
秀吉の死に嘆き悲しむ絵羽。譲治は自分の哀しみを堪えて両親を失った戦人を気遣うも、戦人は譲治こそもっと哀しみを表に出しても良いと語る。メタ戦人は無限の魔女として碑文通りの殺害をする事は認めても、それ以外の残酷なところはベアトの趣味でしかないと、彼女を対戦者として... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 21時59分

» うみねこのなく頃に17話 EpisodeIII−VI [無常の流れ]
うみねこep3も6話目、いよいよ佳境に入って参りました。今回の見所はやはり、戦人に魔女として認められる為に、譲治や朱志香を助けようと行動するベアトと、ますます残虐な本性を顕わにしていくエヴァ、2人の魔女の対比でしょう。かつての傍若無人っぷりが嘘のようにしおらし...... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 22時04分

» うみねこのなく頃に Episode III-VI [ぶろーくん・こんぱす]
 戦人に不必要な残酷趣味を糾弾され、ワルギリアに無限の魔力に溺れ、命をあまりにも [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 22時48分

» うみねこのなく頃に 第17話「Episode3-6 promotion」 [ミナモノカガミ]
復活への試練。 [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 23時28分

» 「うみねこのなく頃に」第17話 [日々“是”精進!]
  第17話EpisodeIII-VI promotionベアトリーチェは、魔女の師匠・ワルギリアから、本来、魔法は人の世に幸福をもたらすためにあるのだと諭される。さらに、魔法の意義を見失った者は、本物の魔女ではないと戦人に指摘されてしまう。本物の魔女になる方法がわからず、...... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 06時22分

» うみねこのなく頃に 第17話 『Episode III - VI promotion』(感想) [アニメ-スキ日記]
命の尊さに気付いたベアト 愛を玩んだことも悔いている様子。そんなに戦人に魔女とし [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 07時08分

» うみねこのなく頃に 第17話 [パズライズ日記]
Episode III-VIの今回は、魔女エヴァが更なる殺戮を続けるお話でした。 ベアトの心境変化は進み続けたものの、紗音復活後に殺すとは何処までも残酷な魔女エヴァ。 新たな家具のシエスタ達も絶好調な殺しっぷりでしたねぇ。 上位世界でのベアトと戦人との対話はすっかり....... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 12時33分

» うみねこのなく頃に第17話『EpisodeIII-VI promotion』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
ベアトリーチェの改心が進み、戦人の心にも少しずつ許してあげようとする気持ちが芽生えてくる…というお話です。 具体的に行動を起こし始めたベアトですが、エヴァトリーチェがそれを阻止するかのように惨殺を続けていく様子が見所かと。 殺すものから一転、限定的な状況とはいえそれに立ち向かうものとなったベアトは、譲治を紗音に引き合わせたりと良い魔法を使う訳ですが、無限の魔女の称号を譲った彼女は以前のように思う存分力をふるうことが出来ない状態。 自分が無限の魔女である故に有限の存在や死に対する考えが大きく異なっ... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 12時52分

» (アニメ感想) うみねこのなく頃に 第17話 「Episode3-6 promotion」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション lt;初回限定版gt; Note.01 [DVD]クチコミを見る ベアトの明らかな変化にはちょっと戸惑ってしまったけど、まあ戦人に怒られてしおらしくしている彼女がちょっと可愛いく思えてきてしまった。 ...... [続きを読む]

受信: 2009年10月27日 (火) 09時57分

» うみねこのなく頃に 第17話「EpisodeIII-VIpromotion」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
人を亡くした時の悲しみは、深く辛い---------。魔女と違い、命が短い故、一生懸命生きている人間の人生を奪い、弄び、あざ笑ったのを許さないという戦人。自分の復活のためにベアトが碑文の通り殺人を続けなければならない事は分かる。だが、それ以上の行為は、ベアトの...... [続きを読む]

受信: 2009年10月27日 (火) 16時36分

» うみねこのなく頃に 第17話「Episode III - VI promotion」 [のらりんクロッキー]
今週もしおらしくて乙女なベアト様♪ ちょっとくらっとと来てしまった(笑) 「魔法は人を幸せにするためにある」 ベアト様このまま改心? …これで最後魔女エヴァ以上に大暴走したら凄いな(ぇ 絵羽と魔女エヴァのシーンは圧巻! これ1発録りで美紀さんやったんだろ... [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 11時36分

» ◎うみねこのなく頃に第17話「promotion」 [ぺろぺろキャンディー]
バトラは、ベアトに怒鳴る。そして、対戦相手だと認めない。ワルギリアが無限の魔女の説明を始める。そして、ベアト、汐らしくなる。そして、ベアトは、ジョージの前にあらわれる。そして、シャノンを生き返らせるという。そして、二人ででていく。新ベアトリーチェが気づ...... [続きを読む]

受信: 2010年1月22日 (金) 00時41分

« 「君に届け」 第3話『放課後』 | トップページ | 「そらのおとしもの」 第4話『愛と三角地帯ふたたび』 »