« 「咲‐Saki-」 第25話(最終回)『全国』 | トップページ | 「うみねこのなく頃に」 第14話『episode Ⅲ‐Ⅲ positional play』 »

「CANAAN」 第13話(最終回)『キボウノチ』

 第13話(最終回)「キボウノチ」

 「ごめんね・・・カナン。
 わたしはあなたを、照らす事が出来ない・・・ごめんね。

 そして、切り離された列車が爆破される。

 「なんだ?この目はsign02 
 怒りでもない、ただ、どこまでも見られている。

 「ただ、そのまま、ありのままを見つめろ。
 カナンに見つめられ、恐怖を感じるアルファルド。
 「見るな・・・見るな・・・わたしを見透かすなsign03
1
2
3

 アルファルドの銃弾がカナンを襲うが、それを見切ったように
かわし、カナンの銃弾ががアルファルドの右腕をかすめる。
 「わたしはここでも、亡霊を殺すことは出来ないのか?
 爆発によりマリアが死んだにも関わらず、心が乱れないカナンに
動揺するアルファルド。
 シャムの時と同じようにマリアを失ったカナンにアルファルドは言う。
 「わたしはまた、決着を付けられず置いていく・・・
 その時、蛇のヘリが列車を襲い、脱出をしようとするアルファルド。
 「マリアは死んでいない・・・死んでいない、わたしには分かる。
 
 「カナンsign01 わたしは約束を守る女っす。
 ボロボロになりながら、マリアを助け出すユンユン。
 「ごめんね、カナン。 でも、わたし守られてるんじゃなくて、
あなたの隣に立ちたいの。

 ユンユンに助けられ、意識が呆然とするなか思うマリア。

 「色は見えなくても、マリアのやさしさは伝わってくる。
 それが分かるのは、マリアはわたしにとっての・・・

 「光りsign01 それがお前の強さの正体だ。
 カナンはシャムに代わる光りを見つけ出し、シャムの亡霊から
解き放たれた
と言うアルファルド。
 マリアは光じゃない友達だ。
 アルファルドの言葉を否定するカナン。
 
 ヘリで逃げようとするアルファルドを捕らえ、殴打するカナン。
 「なんだ?この手応え、まるで、まるで白い闇を殴ってるようだ。
 アルファルド、お前は無敵だ。
 だが、もし目的で無く、個人としての欲望を持ったのなら、
 その時には、訪れるだろう、お前の新しい名が持つ意味。
 孤独が・・・。

 殴られながら、最後に1度だけ、シャムがアルファルドと呼んだ事を
思い出す。
4
5
6
7
8

 一瞬の隙をついたアルファルドだが、足を滑らせ落ちそうとなるが、
手を掴み助けるカナンに、手を離せばシャムの亡霊から逃れられると
いうアルファルド。
 「もう、お前は死んでいるからなんだ。
 シャムが死んだ時点で、お前は、お前の心は死んだ。

 アルファルドには色んな色がある、その理由が分かったとカナン。
 わたしは、あの日で止まっていない!!
 あの日からも、いろんな人と出会い、時を刻んでいる。
 しかし、アルファルドはその時点で止まっているとカナン。
 「決定権は生きている者にあるsign03
 生きている者として、これ以上アルファルドを死なせないと叫ぶ。
 「ここで、誰も救えなかったら、あの日と同じだ・・・
 「わたしはカナンとその化け物を造れば、シャムに・・・シャムに
近づけるとでも、思ったのか?
 カナンは当の昔に解き放たれていた、シャムの亡霊から・・・。
 繰り返す、あの日から・・・そして、わたしだけが・・・

 リャン・チーの言うように、シャムが死んだ、あの日から縛られ
続けていたと思うアルファルド。
 「シャム、お前はどこまでも、わたしに絡み付いてくる。
 わたしは蛇の呪縛を解き放つsign03
 屋根から落ちてきた、銃を手にしたアルファルドは、左腕に銃弾を
打ち込む。
 崖に落ちていくアルファルド。
 カナンの左手にある、手を残して・・・。 
9
10
11
12

 病院で目を覚ますマリア。
 「お供えは饅頭がいいっす・・・
 御法川は、ユンユンがマリアを助け、空腹から回復したら、
バイトに出かけたという。
 そして、カナンの携帯にはつながらなくなってると御法川。
 「どこまでいってもカナンはわたしを隣に立たせてくれない。
 カナンの望みはマリアを守る事・・・。
 境遇が違いすぎると御法川、そして続ける。
 「だけど、寄り添うことは出来るだろう・・・
 「心だけ寄り添うことなら・・・
13
14
15

 輝いていたマリア・・・そんなマリアの側に居なければ危険な目に
あわす事もなかったとカナンは思う。
 「でも、どこにいたって、マリアの優しさは分かるから・・・
 そう、どこにいたって、離れていたって、分かるから・・・


 上海を離れる日がやってきた、マリアと御法川。
 バイトで見送りに行けないユンユン。
 そんな彼女の薬は複製出来るというマリアの父。
 いつものタクシーで空港に向かう2人。
 ネネのラジオが聞こえる。
 ラジオネネーム、シルクロード饅頭から新しい世界に旅立つ
お友達に送る歌としてネネのLIFEが流れる。
 「まわりを凄いって思うだけじゃなく、自分が凄くならなくちゃって・・・
 久しぶりに凄いというマリアは思う。
 みんな、必死で、一生懸命・・・だからこその輝き、普通な無い、
手の届かない事は、本当は無い・・・だから、心は寄り添えると。

 「マリア、お別れの言葉は無しっすよ、きっと・・・また。
 「現世への未練の形です。
16
17
18
19
20

 この街で出会った人を忘れない・・・。
 忘れない・・・。
 この街で目にした出来事を忘れない・・・。
 この街で感じた思いを忘れない・・・。
 忘れない・・・。


 スコープに映る飛行機。
 「バーン・・・あれ、あたしのだ・・・
 飛び立つ、飛行機を見上げるカナン。
21
22
23
24

 渋谷のとある場所で、写真展が開かれていた。

 カナンは生きてる。
 その命は、激しく輝いて、
 この目で直接見るには眩し過ぎて・・・。
 でも、目がつぶれそうになっても、わたしは見つめる事が
出来たと思う・・・。
 それはきっと・・・。
 普通の女の子の物語・・・。


 カナンの元に夏目から仕事の依頼の電話が入る。
 そのターゲットは・・・片腕の女
25
26
27
28
29
30

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ネネLIFEをBGMに、マリアの語りに泣けてきます。
 出家したカミングズ、そして空港には、アルファルドぽい姿も
確認できたり、カナンが飛行機を見つめる姿。
 会えなくても2人の心は通じ合っていると絆を深め、成長した2人。
 後半の死亡者続出の陰惨な展開にも、最後の最後に救済があり
上手くまとまった、良いラストだったと思います。 
 そして、結局、一番利益を得たのは、UAの情報も手に入れ、
いまだにカナンを利用している?夏目だったのでしょうね。

 初めは、カッコいい爽快アクション系かと思っていましたが、
徐々にそういう展開の中にも、各キャラの心の中の葛藤など、
心理面も含めた展開になり、ストーリーとしては、マリアにカナン、
そしてアルファルドも含め精神的な成長をテーマとした作品だったと
思います。
 その中でも、シャムが死んだ(殺した)時点で、止まってしまった
アルファルドが精神的には一番弱かったのかなと。
 だからこそ、という組織を作り、そこに居場所というか、
逃げ道をつくったのかもしれませんね。
 シャムの亡霊を、過去を引きずっていたアルファルドに対し、
カナンは既に脱して前を向いて進んでいた事を知った、彼女は
自分の過去を、カナンという名を断ち切るために、あえて刺青が
入った左腕を切断したのでしょう。
  
 シャムを殺した明確な理由や、シャムの影を追い求め、カナンを
造ろうとした・・・結果的にはそうだと言ってますが、初動的な理由は
明かされず、曖昧にしているのは、見ている人、各人で想像して
欲しいという意図的なものなのでしょうか?

 各キャラのセリフや展開が、抽象的な表現で難解なのに、序盤に
撒き散らした布石を後半数話で強引に回収しようとした事にちょっと
無理があったと思います。
 1クール作品なので、もう少し、焦点を絞って展開していけば、
もっと良い作品になったと思うので残念ですね。
 あまりにも、広げすぎてしまった為に、各キャラの掘り下げが
足りなかった気がします。
 
 ある程度の、曖昧さや、細かいツッコミ所は、許せるのですが、
アルファルドが、思わせぶりに言っていたマリアの忘れている記憶。
 結局、思い出さずに終わってるのですが・・・sweat02
 スタート当初に適当に流しているのならともかく、後半の重大な
局面で、言っておきながら完全なスルー。
 これはいったい・・・???
 結局、マリアは過去を思い出さなくても、問題なく完結した訳で
何のためのセリフだったのか意味不明でした。
 
 ただ、作品自体はつまらない訳ではなく、むしろ個人的には、
秋の新番組がまだありますが、今年の上位にくるのは間違いなしの
良作だと思いますし、後半の鬱な連続展開はあるにしても、
一度は見て欲しいと思える作品なだけに、残念だったかな・・・と。
 3部構成の映画にもなるみたいですし、もう少し、脚本を練り
再構成した作品になる事を期待しています。
 なにはともあれ、出演者の皆様、スタッフの皆様お疲れ様でした。
 そして、TB等でお世話になった方々、読んでくださった方々、
ありがとうございました。

|

« 「咲‐Saki-」 第25話(最終回)『全国』 | トップページ | 「うみねこのなく頃に」 第14話『episode Ⅲ‐Ⅲ positional play』 »

CANAAN(カナン)」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222507/46359590

この記事へのトラックバック一覧です: 「CANAAN」 第13話(最終回)『キボウノチ』:

» 「CANAAN」最終話 [日々“是”精進!]
  CANAAN【1】(DVD)◆20%OFF!最終話「キボウノチ」マリアが瀕死の重傷を負っていることを感じたカナン。しかし、その表情は平静で、瞳は真っ直ぐ射るようにアルファルドを見つめていた。走り続ける列車の上で、かつてカナンと呼ばれた2人の少女が互いの運命を懸け、ぶ...... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 20時31分

» 『CANAAN』#13「キボウノチ」(最終回) [ジャスタウェイの日記☆ミラーブログ]
「マリアは光じゃない、友達だ!」 「ごめんねカナン。私はあなたを照らすことが出来ない」 時限爆弾のついた自分の車両を切り離し、列車は爆破してしまった。 当然カナンは取り乱すことだろうと思っていたが、 乱れるどころか、カナンは静かに見透かすような目でアル....... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 20時36分

» CANAAN 第13話(最終話)「キボウノチ」 [Happy☆Lucky]
第13話(最終話)「キボウノチ」 [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 21時13分

» CANAAN 第13話「キボウノチ」 [White wing]
ユンユンが頑張りましたねえ。 瀕死のマリアを爆発寸前の列車から救い出して、マリアを背負いながらどれだけ歩いたのだろう。 [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 21時39分

» CANAAN 第13話「キボウノチ」 [ミナモノカガミ]
希望の輝き。 [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 21時47分

» CANAAN 13話「キボウノチ」 [Spare Time 別館]
こちらはSpare Timeの別館です。 TBが反映されないため、別館から送らせてもらっています。 この記事へのTBは、本館へのTBが弾かれる場合にご利用下さるようお願いします。 http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2081.html... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 22時16分

» CANAAN 第13話(最終回)「キボウノチ」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
カナン、あなたは私の光----------!!さぁて、こちらの作品もいよいよ最終回。初回からなんだか分からないまま引き込まれ、そのままノンストップでここまで来てしまった感じのある「CANAAN」最後に勝つのはどっちの『カナン』なのか?そしてマリアは・・・。残された、3...... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 23時46分

» ■CANAAN【最終話】キボウノチ [此方彼方何方-コナタカナタドナタ-]
CANAAN #13の視聴感想です。 覚醒の瞳。 過去の払拭。 トモダチ。 孤独の意味。 二人のカナン。 フツウのオンナノコのモノガタリ。 ↑さぁポチッとな [続きを読む]

受信: 2009年10月 3日 (土) 00時15分

» CANAAN(428 the animation) 第十三話(最終話)「キボウノチ」 [無限回廊幻想記譚]
カナンという強い光を浴び、心に闇を感じた大沢マリアは、自己犠牲の道を選択する。ユンユン、Bダッシュ。切り離された列車の爆発に、カナンはマリアが消えるのを感じる。マリアが頭の良い少女だと笑うアルファルドは彼女がカナンから逃げたのだと語るが、カナンの瞳に怒りは灯ら... [続きを読む]

受信: 2009年10月 3日 (土) 02時18分

» CANAAN第13話(最終回)『キボウノチ』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
映画的な決着の付け方がお洒落な感じだったと思います。 仲良しこよしのまま終わらせる方法を選ばず、遠くにいても心は寄り添えるという結論で締めたのは、個人的にはちょっと水くさいなぁという気もするのですが、マリアとカナンのお互いを想う気持ちを考えるならベストの選択肢だったと思います。 その事をマリアに気付かせたミノさんの格好良さにグッと来ました。 (*^-^)b ミノさん自身もハッコーを失ったところで、もっと癒やしの時間が必要なところだと思うのですが、マリアの前では気丈に振る舞いつつ、ひとりでサンタナの... [続きを読む]

受信: 2009年10月 3日 (土) 12時14分

» CANAAN 第13話「キボウノチ」(最終話) [アニメレビューCrossChannel.jp]
ファクトリー壊滅以後のエピソードは余計かなと思っていたが、シリーズ中で尺を取った国際情勢のサスペンスもアクションも飾りに過ぎず、シンプルな人間ドラマとして最終話をまとめた。 アクション期待で見ているとドラマが物足りず、ドラマに期待しているとキャラクターの芝居が物足りない、そんな帯に短したすきに長しの状況も、一応は納得の行く形にして見せた。 悟りを求め歩む者、過去の呪縛から逃れられなかった者たち、以前と同じ日常を暮らす者、それぞれの心の中に少しの変化をもたらして上海での事件は幕を閉... [続きを読む]

受信: 2009年10月 3日 (土) 12時42分

» [アニメ]CANAAN #13 [Vanishing Point-バニシング・ポイント-]
CANAAN 公式サイト 『キボウノチ』 脚本:岡田麿里 演出・絵コンテ:安藤真裕 作画監督:関口可奈味 山下喜光 2人のカナンが対峙する。果たしてどちらが希望なのか。戦いの果てに見えるものとは。 ■mind as Judgment マリア(南條愛乃)のいる客車が爆発する。それはカナン... [続きを読む]

受信: 2009年10月 3日 (土) 13時25分

» CANAAN 第13話 「キボウノチ」感想 [物書きチャリダー日記]
最終回。2009年10月21日発売CANAAN【1】 Blu-ray Disc早速感想。アルファルドとカナンの戦いは相変わらずカッコイイ。すさまじく作画が素晴らしい・・・のかな?そして超絶な行動をとるユンユン。あんたすごすぎ。そしてスンバらしいアクションから電車の上での戦い。ど...... [続きを読む]

受信: 2009年10月 4日 (日) 23時17分

» CANAAN(カナン) 第13話(最終回) 『キボウノチ』感想 [カタコト日記〜日々の徒然〜]
CANAAN(カナン) 第13話(最終回) 『キボウノチ』より感想です。 約束された希望の地。 [続きを読む]

受信: 2009年10月 7日 (水) 04時51分

« 「咲‐Saki-」 第25話(最終回)『全国』 | トップページ | 「うみねこのなく頃に」 第14話『episode Ⅲ‐Ⅲ positional play』 »