CANAAN(カナン)

’09.7月~’09.9月

「CANAAN」 第13話(最終回)『キボウノチ』

 第13話(最終回)「キボウノチ」

 「ごめんね・・・カナン。
 わたしはあなたを、照らす事が出来ない・・・ごめんね。

 そして、切り離された列車が爆破される。

 「なんだ?この目はsign02 
 怒りでもない、ただ、どこまでも見られている。

 「ただ、そのまま、ありのままを見つめろ。
 カナンに見つめられ、恐怖を感じるアルファルド。
 「見るな・・・見るな・・・わたしを見透かすなsign03
1
2
3

 アルファルドの銃弾がカナンを襲うが、それを見切ったように
かわし、カナンの銃弾ががアルファルドの右腕をかすめる。
 「わたしはここでも、亡霊を殺すことは出来ないのか?
 爆発によりマリアが死んだにも関わらず、心が乱れないカナンに
動揺するアルファルド。
 シャムの時と同じようにマリアを失ったカナンにアルファルドは言う。
 「わたしはまた、決着を付けられず置いていく・・・
 その時、蛇のヘリが列車を襲い、脱出をしようとするアルファルド。
 「マリアは死んでいない・・・死んでいない、わたしには分かる。
 
 「カナンsign01 わたしは約束を守る女っす。
 ボロボロになりながら、マリアを助け出すユンユン。
 「ごめんね、カナン。 でも、わたし守られてるんじゃなくて、
あなたの隣に立ちたいの。

 ユンユンに助けられ、意識が呆然とするなか思うマリア。

 「色は見えなくても、マリアのやさしさは伝わってくる。
 それが分かるのは、マリアはわたしにとっての・・・

 「光りsign01 それがお前の強さの正体だ。
 カナンはシャムに代わる光りを見つけ出し、シャムの亡霊から
解き放たれた
と言うアルファルド。
 マリアは光じゃない友達だ。
 アルファルドの言葉を否定するカナン。
 
 ヘリで逃げようとするアルファルドを捕らえ、殴打するカナン。
 「なんだ?この手応え、まるで、まるで白い闇を殴ってるようだ。
 アルファルド、お前は無敵だ。
 だが、もし目的で無く、個人としての欲望を持ったのなら、
 その時には、訪れるだろう、お前の新しい名が持つ意味。
 孤独が・・・。

 殴られながら、最後に1度だけ、シャムがアルファルドと呼んだ事を
思い出す。
4
5
6
7
8

 一瞬の隙をついたアルファルドだが、足を滑らせ落ちそうとなるが、
手を掴み助けるカナンに、手を離せばシャムの亡霊から逃れられると
いうアルファルド。
 「もう、お前は死んでいるからなんだ。
 シャムが死んだ時点で、お前は、お前の心は死んだ。

 アルファルドには色んな色がある、その理由が分かったとカナン。
 わたしは、あの日で止まっていない!!
 あの日からも、いろんな人と出会い、時を刻んでいる。
 しかし、アルファルドはその時点で止まっているとカナン。
 「決定権は生きている者にあるsign03
 生きている者として、これ以上アルファルドを死なせないと叫ぶ。
 「ここで、誰も救えなかったら、あの日と同じだ・・・
 「わたしはカナンとその化け物を造れば、シャムに・・・シャムに
近づけるとでも、思ったのか?
 カナンは当の昔に解き放たれていた、シャムの亡霊から・・・。
 繰り返す、あの日から・・・そして、わたしだけが・・・

 リャン・チーの言うように、シャムが死んだ、あの日から縛られ
続けていたと思うアルファルド。
 「シャム、お前はどこまでも、わたしに絡み付いてくる。
 わたしは蛇の呪縛を解き放つsign03
 屋根から落ちてきた、銃を手にしたアルファルドは、左腕に銃弾を
打ち込む。
 崖に落ちていくアルファルド。
 カナンの左手にある、手を残して・・・。 
9
10
11
12

 病院で目を覚ますマリア。
 「お供えは饅頭がいいっす・・・
 御法川は、ユンユンがマリアを助け、空腹から回復したら、
バイトに出かけたという。
 そして、カナンの携帯にはつながらなくなってると御法川。
 「どこまでいってもカナンはわたしを隣に立たせてくれない。
 カナンの望みはマリアを守る事・・・。
 境遇が違いすぎると御法川、そして続ける。
 「だけど、寄り添うことは出来るだろう・・・
 「心だけ寄り添うことなら・・・
13
14
15

 輝いていたマリア・・・そんなマリアの側に居なければ危険な目に
あわす事もなかったとカナンは思う。
 「でも、どこにいたって、マリアの優しさは分かるから・・・
 そう、どこにいたって、離れていたって、分かるから・・・


 上海を離れる日がやってきた、マリアと御法川。
 バイトで見送りに行けないユンユン。
 そんな彼女の薬は複製出来るというマリアの父。
 いつものタクシーで空港に向かう2人。
 ネネのラジオが聞こえる。
 ラジオネネーム、シルクロード饅頭から新しい世界に旅立つ
お友達に送る歌としてネネのLIFEが流れる。
 「まわりを凄いって思うだけじゃなく、自分が凄くならなくちゃって・・・
 久しぶりに凄いというマリアは思う。
 みんな、必死で、一生懸命・・・だからこその輝き、普通な無い、
手の届かない事は、本当は無い・・・だから、心は寄り添えると。

 「マリア、お別れの言葉は無しっすよ、きっと・・・また。
 「現世への未練の形です。
16
17
18
19
20

 この街で出会った人を忘れない・・・。
 忘れない・・・。
 この街で目にした出来事を忘れない・・・。
 この街で感じた思いを忘れない・・・。
 忘れない・・・。


 スコープに映る飛行機。
 「バーン・・・あれ、あたしのだ・・・
 飛び立つ、飛行機を見上げるカナン。
21
22
23
24

 渋谷のとある場所で、写真展が開かれていた。

 カナンは生きてる。
 その命は、激しく輝いて、
 この目で直接見るには眩し過ぎて・・・。
 でも、目がつぶれそうになっても、わたしは見つめる事が
出来たと思う・・・。
 それはきっと・・・。
 普通の女の子の物語・・・。


 カナンの元に夏目から仕事の依頼の電話が入る。
 そのターゲットは・・・片腕の女
25
26
27
28
29
30

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ネネLIFEをBGMに、マリアの語りに泣けてきます。
 出家したカミングズ、そして空港には、アルファルドぽい姿も
確認できたり、カナンが飛行機を見つめる姿。
 会えなくても2人の心は通じ合っていると絆を深め、成長した2人。
 後半の死亡者続出の陰惨な展開にも、最後の最後に救済があり
上手くまとまった、良いラストだったと思います。 
 そして、結局、一番利益を得たのは、UAの情報も手に入れ、
いまだにカナンを利用している?夏目だったのでしょうね。

 初めは、カッコいい爽快アクション系かと思っていましたが、
徐々にそういう展開の中にも、各キャラの心の中の葛藤など、
心理面も含めた展開になり、ストーリーとしては、マリアにカナン、
そしてアルファルドも含め精神的な成長をテーマとした作品だったと
思います。
 その中でも、シャムが死んだ(殺した)時点で、止まってしまった
アルファルドが精神的には一番弱かったのかなと。
 だからこそ、という組織を作り、そこに居場所というか、
逃げ道をつくったのかもしれませんね。
 シャムの亡霊を、過去を引きずっていたアルファルドに対し、
カナンは既に脱して前を向いて進んでいた事を知った、彼女は
自分の過去を、カナンという名を断ち切るために、あえて刺青が
入った左腕を切断したのでしょう。
  
 シャムを殺した明確な理由や、シャムの影を追い求め、カナンを
造ろうとした・・・結果的にはそうだと言ってますが、初動的な理由は
明かされず、曖昧にしているのは、見ている人、各人で想像して
欲しいという意図的なものなのでしょうか?

 各キャラのセリフや展開が、抽象的な表現で難解なのに、序盤に
撒き散らした布石を後半数話で強引に回収しようとした事にちょっと
無理があったと思います。
 1クール作品なので、もう少し、焦点を絞って展開していけば、
もっと良い作品になったと思うので残念ですね。
 あまりにも、広げすぎてしまった為に、各キャラの掘り下げが
足りなかった気がします。
 
 ある程度の、曖昧さや、細かいツッコミ所は、許せるのですが、
アルファルドが、思わせぶりに言っていたマリアの忘れている記憶。
 結局、思い出さずに終わってるのですが・・・sweat02
 スタート当初に適当に流しているのならともかく、後半の重大な
局面で、言っておきながら完全なスルー。
 これはいったい・・・???
 結局、マリアは過去を思い出さなくても、問題なく完結した訳で
何のためのセリフだったのか意味不明でした。
 
 ただ、作品自体はつまらない訳ではなく、むしろ個人的には、
秋の新番組がまだありますが、今年の上位にくるのは間違いなしの
良作だと思いますし、後半の鬱な連続展開はあるにしても、
一度は見て欲しいと思える作品なだけに、残念だったかな・・・と。
 3部構成の映画にもなるみたいですし、もう少し、脚本を練り
再構成した作品になる事を期待しています。
 なにはともあれ、出演者の皆様、スタッフの皆様お疲れ様でした。
 そして、TB等でお世話になった方々、読んでくださった方々、
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

「CANAAN」 第12話『忌殺列車』

 第12話「忌殺列車」

 「なんだろう? この顔・・・ちくっと痛い。
 カナンを撮ったネガを見て思うマリア。
 「あの時、カナンは・・・きっとそう、この顔は・・・
 マリアと抱き合うカナンの手は震えていた事を思う。
 そして、ホテルから走り出し出て行くマリア。
1
2

 あなたのせい・・・。
 お前の本当の名は絶望・・・。
 本当の力はいつ見せる? 見せる前に死ぬな。

 「何故、みんな、わたしを責めるんだ・・・何故、死ぬんだ。
 ハッコー、サンタナ、そしてアルファルドの言葉を思い出す。
 そして、抑えようとも手の震えが止まらないカナン・・・。
 「大丈夫、ちょっと休んでたんだ。
 カナンを見つけたマリアにそういうと2人手をつなぎ歩き出す。

 「分かってた、カナンはわたしに何か言って欲しがっているって。
 「初めてなんだ・・・こんな・・・
 「わたしの知っているカナンは、わたしが見えないものを見て、
わたしが知らない世界に立ち向かって、それでも走って、輝いて、
でも今のカナンは・・・

 「マリアと一緒なら・・・
 「わたしカナンと一緒なら・・・
 カナンと一緒に寝る、そう言うマリアに笑顔を見せるカナン。
3
4

車が壊れ御法川は、列車でマリアたち3人で先に帰れという。

 「さあさあ、朝の残りのパン、サンドイッチにしたっすよhappy02
 暗い2人に気をつかってか、明るく振舞うユンユン。
 そして、突如、列車が停止し、検問なのか?軍服を着た一団。

 シャムがアルファルドに殺された事を思い出すカナンは突如、
銃を抜き、先頭車両に走りだす。
 「何だ? これは・・・この感じ・・・これは、あの日。
5
6
7

 「ここで、俺は死んだ。
 「アルファルドに殺された・・・
 「どうだろうな?
 とある車両で、シャムを見るカナン・・・そして、その周りには
死んだはずのサンタナ、ハッコー、そしてボナーたちの姿が。
 「俺たちは、誰に・・・殺されたんだろうな?

 その頃、マリアとユンユンが乗る車両に現れるアルファルド。
 「カナンは原始人だ。 それに比べお前は頭の良い女だな。
 守るべき者がいるカナンは強く、恐ろしいとアルファルド。
 「カナンのあの顔、わたしの知らない顔だった。
 迷いも、憎しみも、怯えも、苦痛も、懺悔も全て持ち合わせた。


 「あなたのせい・・・あなたのせい・・・あなたのせい・・・
 ハッコーの言葉に苦しむカナンはハッコーの額に銃を撃つ。
 「目を逸らすな。 持ち合わせの奇異な感覚に頼らず、
ただ、そのまま、ありのままを見つめろ。

 違うと否定するカナンにシャムは言う。
 そして、列車が再び動き出し、そこには多数の見知らぬ死体。
 「死が怖いか? どんな危険な仕事も引き受ける鉄の逃走
代行人が死を恐れる・・・違うな。 今のお前は・・・


 「普通の女の子だった。
 親しくなった人の死に怯え、心に痛みを感じるカナン。
 「わたしは、あんなカナンを・・・
 「お前はカナンの本当の力を目覚めさせる起爆剤となる。
 マリアの言葉を聞き、アルファルドは言う。
 「その代わり、あなたの写真を撮らせてください。
 選択の余地はないと、覚悟を決めたマリア。
8
9
10

 「お前は鋭敏な感覚を持ってるが故に、時にシンプルな
真実を見失う。

 古びた列車や血の臭いに刺激され別の何かが見える
 「代わりに真実が見えていない。
 シャムの言葉を否定するカナン。
 「あの日も見えていたか?
 「・・・」言葉につまるカナン。

 「大沢マリアの目で、あなたを見たいんです・・・逃げずに、
カナンに、頼らずに・・・

 そうでないとカナンの隣を歩けないとマリア。
 アルファルドにファインダーを向けるマリア。
 着ているコートの中に手が伸びるアルファルド。
 そして1発の銃声が響き渡る。
 「あの日、わたしはシャムから・・・光から離れた・・・。
 そして!!

 光を失いたく無い・・・マリアたちのいる車両に走り戻るカナン。
 「ただ、そのまま・・・ありのままを・・・見つめろsign01
 「遅かったじゃないか?
 そこにいたのはアルファルド。
 「いつかと同じように旅の途中で消えるかもな。
11
12
13

 「絶対、ユンユンが助け出してみせるっすsign01
 守ってみせるっす
sign03
 左の脇腹から血が流れるマリアを助けようとするユンユン。
 「守ってもらったりしたら、むずむずしちゃうよ。
 この気持ちにウソは無いと思っていた・・・しかし、知らずの内に
自分を照らしてくれるカナンを求めていた事に気がつくマリア。
 
 マリアたちの車両には時限爆弾がセットして、マリアは傷を
負っているとカナンにいうアルファルド。
 お遊びが長引けば死ぬぞ!!
 2人の戦いが始まる。
 「いいぞ、これでこそだsign01
 これでこそ、シャムが、わたしが見た絶望だ
sign03
 カナンを名乗る2人。
 アルファルドの左腕に刻まれた、シャムと同じ刺青。
 アルファルドは言う。
 シャムの理想どおり強くなり、復讐を糧に空を舞う蛇だと。
 「復讐からは何も生まれない。
 憎しみから生まれた兵士はただの敗北者だと
sign03
 こういわされた時点でシャムの死は決まっていたと、カナンが
来なければ、あの場で死ななかったとアルファルド。
14
15
16

 駆け引きも無しで、ただ、ひたすら求め、他者を傷つける。
 赤ん坊と同じだとアルファルド。
 「カナンが普通の女の子になったら、わたしは無力で、
あなたを受け止める事が出来ない。
」とマリア。

 「そうだろうなぁ。 わたしはお前を殺したいとは思っていない。
 殺意の青色になると生まれる一瞬の隙。
 それを待つカナンの心を読んだように、アルファルド。
17
18
19

 「あの頃、わたしはシャムにとってのカナンだった。
 シャムの求める性能を求め続けたアルファルド。
 身体能力が違う超人という者が存在する。
 そんな超人と戦場で出会ってしまったら、己の無力に絶望する
しかないと、シャムの言葉を思い出すアルファルド。
 「シャムはおまえを見ていた。
 自分の性能をはるかに超えた絶望を

20
21

 「教えてやろう、わたしが殺したいのは、お前じゃない。
 お前を、絶望を殺して、わたしはシャムの亡霊を打ち抜く
sign03
 
 「ごめんね・・・カナン。
 わたしはあなたを照らす事が出来ない・・・わたしはあなたを・・・
 ごめんね・・・カナン・・・。

 銃を向け合い対峙する2人。
 爆弾のある車両を切り離し、1人そこに残るマリアであった。
22
23
24_2
25

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 内面的な描写で曖昧に展開され、解釈が難しいですねsweat01

 シャムは、才能もあり自分の想像以上に強くなってしまった、
カナンに惚れ込みもしたし、敵わないという絶望を抱いてしまった
のでしょうか?
 そして、アルファルドはシャムの求める極限とはなったものの、
それを超える絶望には成りえず、自分の方に気を向ける事が
出来なかった。
 そして、絶望であるカナンを超える事により、自分こそが、
絶望であると、証明したいのでしょうか?
 
 その為には、100%の力を発揮しているカナンを倒さなければ
ならず、その起爆剤がマリア。
 まあ、時限爆弾は本物なのか怪しいところですけどね。
 そして、なぜシャムを殺さなければならなかったのか?
嫉妬心が一番無難な所ですが、アルファルドは愛はやっかい
否定的だし、関心も無さそうですしねぇ。
 愛の感情は過去に捨てたとベタで安直なパターンなのかな。

 そのカナンは、マリアや他の仲間たちとの出会いが鉄の
逃走代行人
と呼ばれた感情の無いカナン赤ん坊のような
カナン
から様々な感情が生まれ始め、普通の女の子になり
かけているカナンにマリアはどう接していいか、戸惑ってる
ようですね。
 そのカナンは、共感覚者であるが故に、その能力に頼り、
ありのままの現実から、結果的には目をそらし、苦悩しマリアを
窮地に追い込んでしまいました。
 もしかしたら、今回のカナンのように鋭敏な感覚により、
結果的には、幻覚のようなものを見てしまい、シャムを殺したのは、
実はカナンだったとか、衝撃の展開だったりしてsign02
 シャムとの会話でも曖昧な話しをしていましたしね。

 精神的に成長したと思えた2人でしたが、最後の最後にきて
アルファルドも含め、3人の精神的な成長が問われるような
展開になり、次回最終回「キボウノチ」では、どういう結末が
待ってるのか気になります。
 ともかく、カナンとアルファルドの決着は生死を賭けた決着
というより、お互いシャムとの、過去と決別し、自分を照らす光、
そして、未来を見つけだす「キボウノチ」を探すことにあるの
でしょう。

 ところで、未だにアルファルドが言った過去を思い出さない
マリア
ですが、どうなったのでしょうか?
 まさか、伏線を収拾せず終わりなんて事は・・・sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (10)

「CANAAN」 第11話『彼女添』

 第11話「彼女添」

 マリアとユンユンに銃口を向ける夏目。
 「行け、カナンの元へ。
 影に隠れていたアルファルドがマリアたちを逃がす。
 NGO団体アウルの客員幹部、日本防衛省情報本部統合情報部
所属・・・これが夏目の正体である。
 リャン・チーとカミングズをけしかけ、ラングレイが犯した大統領
命令である12333のスキャンダルを押さえ、大沢賢治を表舞台に
登場させ、UAの情報を元に国家の軍事外交ゲームに参戦する
夏目を、愛国者と皮肉をこめていうアルファルド。

 氷漬けになった、カナンにそっくりのボナー
 共感覚の因子を持った人間がUAウイルスにより体質変換を
した際、髪の色が抜ける。
 「わたしが求めていたのは、ビジネスになるボナーという名の
生物兵器・・・。

 ただ、それだけの事だというアルファルド。
 これ以上、この研究をするつもりは無い。
 そして、他人が研究し、世の中に生物兵器が現れたら、それを
阻止できるのは蛇のみだと、夏目にデータを渡す。
 「あんな、恐ろしい子に似ているなんて、ぞっとしないわ。
 データを渡す代わりにこれは置いていけというアルファルドに
答える夏目。
 「・・・そう・・・たまたま似てしまっただけ・・・
 アルファルドはライターに火をつけ燃やし立ち去るのであった。
1
2
3

 ボナーのデータを手に入れたと、どこかに連絡する夏目。
 「全ては筋立て通り・・・違う・・・全てに気づいていて、その上で
わたしの言いなりになっていた・・・。

 カナンの事を理解できない夏目。
 そして、掃除を頼むと連絡をする。

 「つ、唾つけてあげます唾。」とユンユン。
 カナンと御法川の元に合流した、マリアとユンユン。
 怪我をしている御法川に気がつき心配する2人。
 「来る・・・ブラックホーク・・・
 敵が来る色を見るカナン。
 ハッコーそして、ユンユンの薬を探してくるとカナンはマリアたちに
車に戻るように話し、施設に向かう。
4
5
6
7

 米軍特殊部隊が施設急襲する
 テロ組織制圧後は人民解放軍の手柄にしても構わないと夏目。
 この作戦を了承してくれれば、日本政府は4153を了承する・・・
悪くない条件だと提示する。

 米軍の攻撃が始まる。
 カナンを心配するマリアに「カナンの写真を撮れ」と御法川。
 待つだけじゃなく、帰るのを当然として待てとマリアに言う。
 「わたしはカナンを待つ・・・カナンを信じて待つ・・・。

 壊れていく施設を見つめる夏目。
 気に入らない・・・まるでサンディ田中の意思を継いでしまった
ようだと、ヘリに乗り込み脱出する。

 「あはははsign01 あの女、裏切りやがった。
 特殊部隊の攻撃をモニターで見つめるリャン・チー。
 「愛は死なない・・・そう、ねえさまと、わたしは死なない。
 この状況を喜ぶリャン・チーの元へアルファルドが現れる。
愛を見せてくれると言う、カミングズと共に。
 「それ以上、近づくんじゃねぇよ・・・カスがよぉsign03
 戻ろうというカミングズの足に邪魔するなと銃を撃つ。
8
9
10

 「愛だって殺すっsign03
 アルファルドとの間に入ってくるものは何だって殺す。
 そう叫びながらカミングズを何度も殴打する。
 「なるほどなぁ・・・お前は今までそれなりにつくしてくれた。
 その愛にむくいてやろうか?

 アルファルドは、リャン・チーの短剣を奪うと喉元を傷つける。
 「姉さま・・・本気だ・・・本気でわたしを殺そうと・・・
 剣を抜き取るリャン・チー。
11
12

 「痛い・・・痛いです・・・姉さま・・・。
 もっと・・・もっと、痛くしてください。

 もっと~っ!!
 太ももを切られるリャン・チー。
 「姉さまが見てる・・・わたしは姉さまに殺される・・・heart01
 アルファルドに見つけられ、喜びの表情を見せるが、「後は
お前が。
」と短剣をカミングズの足元へ投げ、カナンが映る
モニターを見つめシャムの言葉を思い出す。

 あいつは絶望だ。
 お前には、俺のもてる全てを教えた。
 お前は俺の生む最高の戦士だ。
 だが、あいつは・・・俺の思いなど易々と飛び越えていく。


 「また、あの女がぁ・・・また、あの女がぁsign03
 そう叫び、別の部屋に入るリャン・チーは実験中の薬を飲む。
 「これで、わたしも認めてもらえる・・・
 悲鳴を上げ、苦しみ・・・そして白髪へと変化していく・・・。
 「音は体を切り刻み、色は毛穴を浸食し、香りはその目玉を
くりぬく・・・

 カナンと同じ共感覚の因子を持たない者の末路だと
リャン・チーを見つめるアルファルド。
 「痛い・・・痛い・・・姉さまはどこ・・・
13
14
15
16

 「リャン。 お前にこの礼を言わねばと思っていた。」 
 シャムから送られてきた手紙を見せる。
 シャムと落ち合う場所をCIAに知らせ、捕らえられたアルファルドを
リャン・チーが救出する・・・何故そんな茶番をと問う。
 死人からの呼び出しに応じるぐらい、カナンとシャムの時代に
捕らわれている
というリャン・チー。
 「シャムは、わたしをアルファルドとは呼ばない・・・。
 わたしの名はカナンだ。

 その名前を聞き、苦しみだすリャン・チー。
17
18
19

 「ほら。見てるじゃない・・・こっち見てsign03
 鏡に映る自分を見て、カナンだと取り乱す・・・
 「もう、長くはないなぁ・・・
 「殺せーっsign03
 アルファルドの言葉・・・そして、錯乱状態のリャン・チーを見て
カミングズが動く。
 「もし、その願いをわたしが聞き届けたならば・・・わたしを・・・
わたしを愛してくださいますか?

 カナンを殺せっー!!
 いくらでも愛してやると・・・そして、銃声が鳴り響き、血を流す
鏡に映る自分を見つめるリャン・チー。
20
21

 血ぃ、流して、ざまあ・・・

22
23

 ほめてやる、愛してやる・・・そう言い残し、息絶えるリャン・チー。
 そして、カミングズも後を追う。

 「愛とはやっかいなものだなぁ。
 リャン・チーの言うように過去に捕らわれている・・・本来の自分では
無い・・・本来の自分を取り戻すためには・・・
 部屋を立ち去り、モニターに映るカナンを見るアルファルド。
24
25
26

 「愛してるわ・・・こうして触って・・・
 ハッコーを見つけたカナンにユンユンの薬を渡す。
 帰ろうというカナンを拒むハッコー。
 「この人は、わたしの光り・・・
 「決定権は生きている者にある。
 サンタナを裏切ることになるというカナンを改めて拒む。
 「さようなら・・・
 崩れていく施設を後にするカナン。

 戻ってきたカナンを出迎えるマリアにユンユン。
 「カナン、写真、撮っていいかな?
 ファインダー越しにカナンが映る。
 「お帰りなさい・・・カナン。
 「こんな夕日は、日本じゃ見られないなぁ。
 夕日を見つめる御法川。
27
28
29

 そして、誰も居ないサンタナの店で人民解放軍がテロ組織の
拠点を制圧したとのニュースがテレビから流れる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 もう少し、謎を引きずるのかな?と思ったら、随分とあっさり、
カナンに似た正体が分かってしまいましたsweat01
 意味深に咲いてる花が、UAウイルスに関係するのかな?と
思っていましたが、それも関係なかったみたいですねcoldsweats01
 ただ、ラストのシーンには効果的に使われていましたけど。

 そして、今回はあまりの鬱っぷりに大ショック。 

 死亡フラグが立っていたとはいえ、リャン・チーがあんな
想像を絶する辛い死に方をするなんて・・・。
 当初は、変なキャラとしか見ていなかったですが、いつしか
田中理恵さんの演技もあって、憎らしくも何処となく愛すべき
キャラに、個人的には変化していったので、愛するアルファルドに
まるで興味が無いように見捨てられ、殺してももらえず、最後は
自分の変わり果てた姿をカナンと勘違いしてしまう。
 そして、見かねた、カミングズに撃たれ、血を流した自分を見て、
カナンが血を流してると勘違いし、喜ぶリャン・チー。
 もう、この最後は、辛くてまともに見られませんでした。
 
 そして続けて、ハッコーの死。
 物語的にリャン・チーの壮絶死の方を重要視してたようで
あまりにも簡単に流したような展開で、ハッコーは、それなりに
冷静に見る事ができました。
 死に方が、典型的な王道パターンで、綺麗な死に方だったと
いうのもありますけどね。
 それだけ、リャン・チーの死がインパクトが強すぎたと言えば
それまでですが、もう少し、上手く構成を考えれば、もっと良い
見せ方が出来たと思うので、ちょっと残念です。

 当初はクールなアルファルドにカッコ良さを感じていましたが
何をしたいのか、相変わらず不明だし、クールというよりか、
感情を持たない人間・・・そう思えてきます。
 とりあえず、蛇という組織ではなく個人的な目的は本来の自分を
取り戻す・・・つまり、カナンとお互いのカナンの名を賭けた戦い
 そんな感じでしょうか?
 そういえば第1話で何故、アルファルドが捕まったのか?と
思っていましたが、リャン・チーの作戦と知りながら、わざと
捕まったのね。
 お姉様を一時的とは言っても、CIAに売って、助け出し自分に
振り向かそうとする、リャン・チー。
 もう、完全なストーカーみたいなものですねw 
  
 もう1人、クールというか冷徹な夏目。
 彼女は、結局、サンタナを裏切り、リャン・チーも裏切り、漁夫の
利を得ようとしてる感じで、良い意味でも、悪い意味でも自分の
信念
をもって行動をしているリャン・チーや他の登場人物とは
違い、利益を得ようと画策する。
 ある意味、一番の悪は夏目かもしれませんね。
 日本の国家の為に、とも言えなくはないですけど。
 そして、彼女もいい死に方は出来そうもないですねsweat02
 そういえば サンタナ=サンディ・田中 こう解釈しましたが、
新たな登場人物の影もないのでこれで間違いないかな?

 次回の予告を見ると、アルファルドとカナン、そしてシャムの間に
何があったのか明かされそうですね。
 残すところ、あと2話、どんな鬱な展開にも負けず最後まで
見届けようと思いますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (16)

「CANAAN」 第10話『想執』

 第10話「想執」

 消えた村の被害者を運び込んだ施設ファクトリー
 CIAが手を組んでいた証拠を掴み、告発する・・・。
 これがサンタナの償いだと言う。
 そして、フラワーガーデン計画が公になれば、政府も無視
できなくなり薬も手に入るだろうという。

 「伝言だ、お前の本当の名は絶望
 目を覚ましたカナンにアルファルドからの伝言を伝えるサンタナ。
 「乳はもっと太ったほうがいいっよ~。
 絶望と言うより、健康だというマリアやユンユン。
1_2
2_2
3_2

 「まったく。 待ちくたびれてババァになったらどうしてくれるのよ。
 姉さまに、この身をかわいがって頂く前に、カナン・・・あんたを
アンチエイジングしてあげる。

 監視モニターを見つめ、カナンたちの侵入を見つめるリャン・チー。
 
 「アルファルドは嘘をついていないと思う。
 ファクトリーを破壊すると言う言葉を、鵜呑みに出来ないという
サンタナに、色を感じるというカナン。
 「感じる・・・でも。
 突如走り出したカナンは、ある部屋に入るが何も無い。
 光りが照らし出され、窓越しに苦しむ人々。
 それは、感情も失われてしまった、アンブルームたちだった。

 「出来るか出来ないかはやってみなくちゃ分からないよ。
 居残りをさせられ、アヤトリをするユンユンにマリアだったが、
カナンを見ると勇気が出るから見に行こうというマリア。

 「あいつを見ているとヘドが出そうになる・・・どう思う?
 ある男を見ていても同じ気分になったとカミングズにいう
アルファルド。
4_2
5_2
6_2

 アンブルームを見て逃げ出したハッコーは部屋に逃げ込む。
 そこにあるモニターに映し出されるリャン・チー。
 この場所が生まれた理由をしってるね?とリャン・チーは言う。
 それは第2のカナンを造るため。
 UAウイルスにより、カナンの持つ共感覚を更に昇華させ、
ボナーたちをカナンのたどった道と同じ道を強引に歩ませ、
人としての尊厳を失い、クリーチャーに成り果てたという。
 カナンさえ居なければ、悲劇はなかった。

 御法川を連れアンブルームから逃げるカナン。
 壁が突如、崩れ光が当たると苦しみだすアンブルーム
 「なんで、あなたが?
 「わたしにも贖罪をさせて欲しいのよ。」と夏目。
7_2
8_2
9_2

 「さあ、一緒に戦いましょう・・・。
 消えた村のみんなに、弔いの花をたむけましょう。
 カナンの血の花を、このフラワーガーデンに咲かせましょう。

 ハッコーは言う、カナンが始まりかもしれないけど、こんな運命に
したのはあなたたちだと。
 苦しみだすリャン・チー。
 「カナンは大切な者を守るため戦っている・・・大切な者を
奪おうとする、あなたたちとは違う
sign03
 声が人を苦しますのなら、守るために使うとハッコー。
 さらに苦しむリャン・チー。
 「なぁ~んてね。
 こちらの声が聞こえるからと、そちらの声が聞こえるとは限らないと
苦しみを止めるリャン・チー。
 空気中の振動を伝い脳髄に影響を与える・・・そんな危ない
声を聞く気はないという。
 
 「あの場から、おめおめ逃げおおせた男を愛せるはずなどない。
 ハッコーとの出会いを思い出すサンタナ。
 そしてモニターに映るサンタナを見つめるハッコーにリャン・チーは、
この施設には色々仕掛けがあると・・・その言葉を聞いて部屋から
慌てて飛び出していくハッコー。
 
 「あの部屋は・・・間違いない。 あの人は、わたしが守る。
 ステンドグラスのある教会?に入るハッコー。
 「わたしは、わたしは、あなたをかわいそうな人だと思っているわ。
 ハッコーはリャン・チーの座っているイスに向かって歩く。
 しかし、驚き、哀しみの顔になる。
 座っていたのはイスに縛られ苦しみの表情をするサンタナ。
 「そいつ、耳から血流してない?あんたが壊したんだ。
 モニターからリャン・チーの笑い声が聞こえる。
10_2
11_2
12_2

 「いいんだ・・・。
 お前を不幸に突き落とした男を・・・憎んでるんだろ?

 涙を流し、首を振るハッコー。
 「・・・なら・・・愛して・・・いる?
 何度も、頷くハッコー。
 「愛・・・してる・・・。
 もう助からないと死を覚悟したサンタナは、ハッコーに大きな声で
聞かせてくれと言う。
 「もっと・・・もっと・・・
 「愛して・・・
 施設全体にハッコーの涙声が響き渡る・・・。
13_2
14_2
15_2

 「紫外線100パーセントカットsign01 嫌な音もバッチリ遮断するsign01
 ウルトラバイオレット
 ア~ンド
 ノイズキャンセリングヘルメット~
sign03
 ユンユンは、マリアと施設に潜入し、ヘルメットを自慢する。

 「あははは、笑わせてくれるわ・・・ボナーが愛を語るなんて、
1万年と2千年はやいのよっsign01
 あなたは、ただの道具・・・カナンを成敗する為のね。

 そう言うと、スイッチを入れるリャン・チー。
 能動型声音制御装置・・・音に真反対の波形をぶつけ音を消し、
ある感覚を別の感覚に変換し、カナンを除きハッコーの声により
死なないという。
 「姉さま・・・heart01
 
声無き世界の中心で、わたしは愛を叫びますheart04
16_2
17_2
18_2

 サンタナを引きずり呆然と歩いてくるハッコー。
 「愛してる・・・愛してる・・・愛してる・・・
 音は無いのに苦しむカナン。
 共感覚は全ての感覚が繋がっている・・・無音でもハッコーの
嘆きを感じ取り、音に変換してるのであった。
 
 御法川たちの前で、呆然と座り込み銃を撃つハッコー。
 「もし、俺に何かあった時には、頼むハッコーをこの夢から
目覚めさせてやってくれ。

 サンタナを見つめ、約束を守るためハッコーに向かって
歩いていく、御法川。
 1発の銃弾が左腕をかすめるが、ふたたび歩き出す御法川。
 カナンの目には赤く変化していく御法川の姿が・・・そして、
緑色のハッコーを抱き締めると、赤く輝きだす2人・・・。
19
20
21

 薄暗い道を降りていく、マリアとユンユン。
 足を滑らせ、着いた所は花が咲き、木が生い茂る。
 「冷蔵庫みたいな臭いっす。
 花を摘むマリアは氷の下にある1人の女性を見つけ、驚愕の
表情をするマリアとユンユン・・・。
 「あら・・・先客がいたの? ごめんなさいね。
 そう言い、銃を構える夏目であった。
22
23

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 辛い・・・見ていて辛すぎるっす。
 暗めのBGMが、更に鬱感を増してくれますね・・・sweat02

 9話で死亡フラグを立ててしまったサンタナ。
 まさか、愛するハッコーに、このような形で結果的には殺されて
しまうなんて、悲しすぎます・・・crying
 ただ、最後に言葉でハッコーに「愛してる」と言ってもらえ、そう
いった意味では幸せな最後だったかな・・・と思います。
 
 8話でハッコーが「あなたのせい。」とカナンの首を絞め殺そうと
しますが、今回ではリャン・チーに対し「カナンは大切な者を~」と
カナンは悪くないとかばっていますね。
 初めは確かに憎んでいたのでしょうが、これは数日間?の旅で
カナンと接することで心境の変化が、あったみたいですね。

 リャン・チーは能動型声音制御装置を使ってカナンを攻撃しますが、
もし色が見えない状態が続いていたら、この大げさな装置も空振りに
終わる訳で、ファクトリー侵入直前にカナンが色を見えるように
なるあたりは、一時的な疲れからだと、言ってはいましたが、ちょっと
タイミングが良すぎて、ご都合主義かなと思えます。
 そもそも、ハッコーと同じ能力を持つボナーが多数いるとは思えず、
ハッコーの為だけの装置にしては大げさだと思えるのですがcoldsweats01
 
 こんな辛い展開が続く中でも、間違いとはいえ自らの手で
サンタナを殺し、自我崩壊しそうなハッコーを、サンタナとの
約束があったとは言っても、救った御法川の勇気。
 色が見えるようになったカナンの目から見てハッコーの緑色が、
御法川の温かさに触れ、赤く光るあたりは、なんか救われた
気持ちがしますね。

 そして、最後に物語の核心に迫るような、マリアとユンユンが
見つけてしまった、1人の女性。
 あれはやっぱり、カナンと関係ありそうですね。
 アルファルドの言うカナンの本当の名は絶望とも関係あるのか?
 例えばカナンは双子で、この氷に眠る女性が犠牲になった
代わりに共感覚者に目覚めた究極のボナーとかだったりして?
 この花こそがUAの花であり、全ての元凶のような気がします。
 一応、仲間かと思えた夏目に銃を向けられたり、う~ん、謎が
深まりますね。
 そして、この女性を見た事により、マリアの過去の記憶が蘇って
きそうな感じもしますが、どうなることでしょう。

 それにしても相変わらず、田中理恵嬢の演技が際立っていて、
憎らしくも愛らしい、リャン・チーを演じきっていて、他のキャラが
霞んで見えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

「CANAAN」 第9話『過去花』

 第9話「過去花」

 マリアたちと出会い、慌てて逃げるユンユン。
 「乗って行け、ついでに饅頭人数分だ。
 お前の分も含めてな。

 サンタナに言われ観念したように一緒に車に乗るユンユン。

 シャムの手紙を見つめるアルファルド。
 リャン・チーがファクトリーに着いたと報告するカミングズ。
 「勘違いするな。
 切って捨てろ・・・リャンを殺せと言ったんだよ。

 動揺するカミングズを見て自分が向かうとアルファルド。
1
2
3

 「殺される為に生きるんだったら、いっそ自分でひんだほうが・・・
 話すユンユンのホッペを引っ張るハッコーsweat02
 「組織抜けるって言う事は・・・そう言うことっす。
 薬が無くなると死ぬ・・・それならば、生まれ育った村で死にたい
そう思ったユンユン。
 「impact なんて言うか・・・よく暴力にさらされる一日っすねsweat01
 死んじゃイヤだと、ユンユンをポコポコ叩く、マリア。
 「命を諦めてるような感じ・・・なんかイヤだよ。
 ユンユンが死に悲しむマリアを見るのは悲しい気がするとカナン。
 
 突如、カナンたちを襲うヌイグルミ?を被った男。
 殺しちゃダメだとユンユン。
 ハッコーの「殺さないでsign01」と叫ぶ声で血を出し倒れる男を見て
サンタナは言う。
 「こいつはアンブルーム
 けして、花を咲かせる事のない種・・・出来損ないさ。

 御法川は、死んだ男の写真を撮れとマリアに言うと嫌がるマリア
だったが、御法川の真剣な顔で、決心したように写真を撮る。
4
5
6

 誰一人いない、村に着いたカナンたち。
 サンタナは御法川に過去を語り始める・・・。

 サンタナはかつてラングレー、CIAに在籍してた。
 そして、この村である実験をおこなった。 
 それは、この村で伝染病が感染拡大するからとCDCを装い
消毒剤を散布した・・・UAウイルスという名の消毒剤を。
 そして、そこで行われたのはUAウイルスの副作用を利用した
クリーチャー製造の為の実験、フラワーガーデン計画である。

 抗ウイルス剤の実験だと信じていたサンタナはCIAを離れ、再び
村へ訪れ、何をしたのか調べに向かった。
 そこで出会ったのがNGOの夏目であり、CIAの犯した罪を
調べる事が表向きで、CIAを強請る事であったが、結果的に
サンタナと夏目は利害が一致し、この村で何が起こったのか?
そして死体の行き先を調べる事にした。
7
8
9

 家族が死に1人生き残ったユンユンは施設に連れて行かれた。
 そして、その施設を造ったのが・・・アルファルドであった。
 「あの人・・・そういう事をする人じゃない気がして・・・」とマリア。
 ユンユンやハッコーのようなボナー、つまり特別な体を持った者は
まだ良い方で、ボナーにすら成れなかったアンブルームは失敗
理由を調べるため飼い殺しにされているという。
 
 過去に決着をつけると決意するサンタナは御法川に言う。
 「もし俺に何かあった時には、この悪夢から彼女を・・・
 そう言いかけた時、リャン・チーのヘリがカナンたちを襲う。
 「愛の障壁っsign03
 ミサイルがカナンを襲う。
 しかし、アルファルドのヘリが今度はリャン・チーを急襲する。
 「姉さまが・・・姉さまが、わたしを殺そうとしている・・・。
 カナンではなく、わたしを・・・

 怯えるリャン・チー。
10
11

 「リャン・チー様を殺されるおつもりなんですね?
 アルファルドに震えながら銃を向けるカミングズ。
 「お・・・お覚悟ーっsign01
 丸い黄色い弾がアルファルドの肩に当たる。
 決死の思いで引き金を引くが、アルファルドが交換したエアガン
であった。
 「最後に一言だけ許してやろう。
 アルファルドの銃口がカミングズに向けられる。
 「あ・・・あ・・・あ・・・。
 愛~っ!!
12
13

 
だって、だって、愛なんだろ?
 自らの命を省みず、求め焦がれるもの・・・その正体に興味が
あると、カミングズを許すアルファルド。

 「いつかと同じ・・・
 瓦礫に埋もれたカナンはアルファルドの姿にシャムを重ねる。
 「もしかして、わたしの色が見えないのか?
 驚くカナンを見て異変に気が付くアルファルド。
 「シャムはわたしの光りだった。
 「だった?過去形だな。
 シャムを殺したアルファルド。
 「わたしには新しい光がある・・・
 本当の力を見せてみろ、見せる前に死ぬなとアルファルド。
 「薄い・・・茶色・・・シャムと同じ色・・・
 色が見えるようになったカナン。
 色を言ってみろというアルファルドを拒むカナンだったが、観念し
そういうと気絶する。
 「お前が、シャムの希望だなどと、とんだ勘違いだ。
 カナンの名を持つ存在は2人はいらない・・・

 気絶したカナンを外へ連れ出すアルファルド。
14
15
16

 銃口をアルファルドに向けるサンタナ。
 「わたしはファクトリーへ向かう。
 あの場所に、汚れた花が咲かぬよう、全てを破壊する。

 同じ目的なら、逃がしたほうが得策だというアルファルドは
続ける。
 「目覚めたら伝えておけ。 お前の本当の名は絶望だと。
 「次の舞台は決まったな。 呪われし花園だ。
 立ち去るアルファルドを見届け、サンタナは言うのであった。
17
18

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 消えた村、アンブルームなど重要なキーワードが色々と明かされ
ましたが、あまりにも辛すぎで悲しすぎる展開ですcrying

 久々に登場したユンユンも『組織を離脱=死 』と言う事実を
受け入れ、覚悟をした組織との決別だったのですね・・・。
 そんな悲愴な決意のユンユン。
 死亡フラグは消えてませんが、施設であるファクトリーに行く事で
新型抗ウイルス剤とかで、生き延びる希望を見つけて欲しいもの
ですね。

 震えながらもリャン・チーを助ける為、アルファルドに銃を向けた
カミングズの勇気に感動good
 ただ、愛~って叫んでポーズをとるあたりは、お笑い担当から
抜け出せないのねsweat02
 ともかく、利害を超えた感情に興味を持ったアルファルドは
気が変わった」と言いつつも、初めからエアガンを持っていて
カミングズを撃つあたりは、初めから許すつもりだったのね。
 そして「だって、だって、愛なんだろ?」と、いたずらっぽい
笑みで許すところは、冷酷で完璧主義っぽく見えるアルファルド
ですが、人間らしさが見えたような気がします。
 
 シャムの手紙を大切に持ってるところを見るとアルファルドは
シャムが憎くて殺したとは思えず、むしろ愛してたのかな?と
思えます。
 その愛ゆえに、カナンにシャムを取られたと疎外感を感じてか?
ゆがんだ愛の形として、結果的にはシャムを殺す方法を選んで
しまったように思えます。
 だからこそ、カミングズの行動に興味を持ったのかな?と。

 一方で、愛するハッコーに、そして犯した過去にケジメをつける
決意をしたサンタナですが「俺に何かあった時には・・・」なんて
鉄板な死亡フラグを自ら、発生してしまいました。
 
 残り数話ですが、この展開から考えると重く辛いストーリーが
続いていきそうですね・・・sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (4)

「CANAAN」 第8話『乞』

 第8話「乞」

 「行くな・・・行くな、マリアsign01マリアsign01
 「カナン?
 マリアが居なくなる・・・そんな夢にうなされ目覚めるカナン。

 大沢賢治と連絡を取る御法川。
 UAウイルスが体組織に影響を与える可能性はあるとは言うが
その前に死んでしまうと賢治、そんな人間が、もしいるとしたら
それはUAの亡霊だと言う。
 UAの亡霊消えた村・・・御法川はが抗ウイルス剤を手に
入れ人体実験として利用する・・・。
 手がかりは消えた村にあると考える賢治と御法川。
1
2
3

 「テロリストが何用だ?
 テロに対抗するには国際協力は無意味であり、第三世界の
保護という名の威嚇をし、テロとの戦いという兵器ビジネス
永遠に続くことを望んでいる、そして紛争が必要なら連絡を・・・と
副大統領に連絡するアルファルド。
 他人への疑念が憎しみを生み、そして争いが起こり、闘争が
疑念を生む・・・負の連鎖が蛇の望む事なのか?とアルファルドに
問うカミングズに、これはただの流れで、利益を考える資本主義の
本能でかしかないという。
 「いい機会だ。あれを廃棄しておけ。
 リャンが残したあの場所を・・・ファクトリーを。

 その言葉を聞き、表情が変わるカミングズ。
4
5
6

 色が見えなくなったと夏目に報告するカナン。
 そんな、カナンを励まそうとしてか街へ遊びに誘うマリア。
 「今まで色が教えてくれた・・・人の考えを、気持ちを。
 すれ違いに人とぶつかったカナン。
 そして、目を閉じて歩いているようだという。
7

 ネネのライブを見るカナンとマリア。
 真っ赤だったよ~note
 同じようにライブを見ていたハッコーが一緒に歌う。
 耳を押さえ苦しみ倒れだす観客、そしてカナンやネネたち。
 子供の泣き声を聞き我に返り歌うのを止めると苦しみから
開放される観客たち。 
 「守れない・・・色が見えないと、何かがあった時にマリアを。

 御法川はサンタナにハッコーは消えた村出身のUAウイルス
実験体であり、サンタナは蛇の人間だと確信に迫る。
 店に戻ったハッコー。
 「ハッコーは行きたいと言っている。
 お前達を連れて。

8
9
10

 そこ~にゆけば~ どん~な夢も~ 叶うというよ~note
 ホントかーっsign03
 
歌を歌いながら自分でツッコミを入れる、御法川とサンタナcoldsweats01
 カナンとマリアと合流した御法川たちは、消えた村へ向かう。
11

 宙を見上げ星を見るカナンとマリア。
 「カナンの側にいれば、いつか、わたしも輝けるんじゃないかって。
 自分の良い所も悪い所も分からず旅に出たけど、何も無かった
カラッポだったとマリア。
 そんな時に出会ったカナンは、辛い事があっても輝いていた。
 頼ってる上に、助けて貰っては申し訳ない。
 「カナンはただ、そこにいてくれればいい。
 「わたしも、いつか自分で輝けるようになりたい・・・。
 そんなマリアの言葉を聞いて、色は見えなくてもマリアの優しさが
伝わってくる・・・そう思うカナン。
12
13

 車で仮眠するカナンたち。
 カナンが寝たのを確認し、突然、クビを絞めるハッコーだが、
抵抗するカナンから車を飛び出し逃げ、それを追いかけるカナン。
 2人が居なくなった事を知り心配するサンタナに、一時も
離れたくのかとからかう、御法川にサンタナは言う。
 「あいつは俺を許してないはず・・・。
 消えた村を消したのは自分だと告白するサンタナ。

 「わたしが憎い?・・・それとも。
 ハッコーを追いかけるカナンは言う。
 色が見えないから気持ちが分からないと。
 「あなたのせい?
 声には出さず、口を動かすハッコーの言葉を復唱するカナン。
 それを遠くから見つめるサンタナと御法川。
14
15

 夜が明け、消えた村へ再び向かいだすが歌を歌わず重い
雰囲気の御法川とサンタナ。
 何も無い道でシルクロード饅頭をうる1台の自転車。
 その自転車の運転手の顔を見て驚く御法川。
 「はい、いらっしゃいnote
 元気に答えるユンユンであった。
16
17

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 って、いったいどのようなテロ組織なのでしょう?
 アルファルド個人のカリスマ性によって・・・とも考えられなくも
ないですが、あれだけの規模を、このカリスマのみで組織
出来るとも思えず、良くも悪くも国家とか世界に対して、不満が
あり、その思想に同意した者たちが集まって組織されると
思うのですが、幹部クラスと言ってもいいカミングズですら、
アルファルドのしようとしてる事が分からないなんて、普通
ありえないと思うのですが・・・。
 特にカミングズは今はアルファルドに従ってますが、忠誠心は
リャン・チーの方に分があるのかな?と思えますしね。

 御法川の執念が実ってか?ついに謎を解く鍵といっていい
消えた村へ向かうことになった御法川たち。
 そして「あなたのせい」とカナンの首を絞めるハッコー。
 その真意は分かりませんが、共感覚者として成功?したカナンの
二匹目のドジョウを狙って、UAウイルスを村で、実験した。
 カナンが居なかったら、村は消えなかったと恨んでるのかな?
  
 そんな、ハッコーの能力は、ジャイアンもビックリ。
 ある意味、カナンの力を凌駕するほど、大量殺人も可能な凶悪な
能力で、最後に笑顔で再び登場した、落ちこぼれであるユンユンとは
大きな違いです。
 このユンユンの笑顔を見ると5話を思い出して心が痛くなって
きますねぇ・・・sweat01
 を抜け出したのに相変わらずのバイト生活してるのかな?
 しかも、こんな荒れた道を自転車で走るなんて、過酷さが
倍増されてるし・・・coldsweats01
 
 そういえば、以前からバレバレでしたが、今まで、挿入歌が
ネネと出てるだけでしたが、今回セリフがあった事によりネネが
高垣彩陽だと正式にエンドロールで流れました。

 そして、もう一つ忘れてならないのは、ゴダイゴの名曲である
ガンダーラにツッコミを入れた事でしょうw
 この勇気に拍手しかないですね。 ( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ

| | コメント (0) | トラックバック (8)

「CANAAN」 第7話『慕漂』

 第7話「慕漂」

 テロ組織の隠れ蓑であるダイダラ社によってUAウイルス
使用された。
 その事を知った合衆国副大統領たち。

 「判断力を欠いた駒が手元にあると計算が狂う。
 マリアを助ける為、やって来るカナンを倒そうと、リャン・チーに
カナン抹殺は計画外だとし、好きなようにしろと無関心そうに言う
アルファルド。
 悔しそうにアルファルドにおもちゃの拳銃を向け、外へ出て行く
リャン・チー。
1_2
2_2
3_2

 UAウイルスに感染してると思われる会議場。
 人質が開放されたら香港全域にUAウイルスに感染してしまう、
それを阻止する為、合衆国は秘密裏に開発された抗ウイルス剤を
大越製薬の所長である、ある男から入手しようとする。
 その男の名前は大沢賢治大沢マリアの父である。
 抗ウイルス剤を持った大沢賢治が車に乗り込み、出発すると
車が爆破されてしまう。
 によって阻止された、それを知った合衆国はある決断を
迫られる。

 「教えて、あなた達はどうして、UAウイルスを?
 「・・・本当に忘れたのか?
 マリアの質問に、アルファルドは答え、蹴り、踏みつける。
 「おまえのような欺瞞に満ちた女が、あいつにとってのカナン
だと言うのか?

4_2
5_2
6_2

 閉じ込められた大統領たちに、あと数時間でUAウイルス
死んでしまう・・・そう告げるアルファルド。
 「だが、あなたたちの優秀な部下たちは、それが気に入らない
らしい・・・誇り高き大統領に相応しい特別な死に方を用意した
ようだ。

 表情がこわばる大統領。
 ステルス爆撃機がグアムから飛びだったとアルファルド。
7_2

 昔、間の悪い傭兵が居たと昔話をマリアにするアルファルド。
 その男は、銃も持てないような小娘を一人前に鍛え上げる
仕事を2人の娘にしたという。
 そして、その娘たちは2人とも同じ名前で呼ばれたと。
 「あなたは・・・カナンの何?
 「おかしな事を聞く・・・わたしの名もカナンだ。
 今はその名を、捨てたがな・・・

 アルファルドの言葉を聞き、表情がこわばるマリア。

 どんな事があっても、テロに屈してはならない。
 それが、誇り高き、合衆国大統領の意思。
 死しても、対テロという名の墓標に刻まれるだろう。
 「爆撃を許可する。
 副大統領は、決断をする。

 「最後まであがくことだ・・・2人でな。
 カナンはマリアを救えず、爆弾も阻止できないか?
 それとも、再び立ちふさがる為に現れるかの?
 多分、後者だろう・・・そう言い残し、出て行くアルファルド。
 そして、カナンがマリアのもとへ現れる。

 「あの部屋はまだ使える?
 大沢賢治が殺され、禁じ手を使う・・・それを阻止しようとする
夏目はサンタナと共にある部屋に向かう。
 カナンと連絡をとった夏目は、偶然にもカナンたちがいるメイン
コントロールにネットワークを繋げ米軍のナムスター衛星郡に
ハッキング
を開始する。
8_2
9_2
10_3

 ビルから離脱しようとするアルファルドたち。
 「いや、切り捨てる。
 まだ、来ないリャン・チーを心配するカミングズに冷たくいう
アルファルド。

 上空に迫るステルス爆撃機。
 電波妨害でGPSを麻痺させても、INS誘導により誤差は30mで
完全目標を変更させる必要があると夏目。
 
 その頃、死んだと思われた大沢賢治が抗ウイルス剤を持って
現れ、「爆撃は中止だーっsign03」叫ぶ副大統領。
 しかし、ステルス爆撃機から爆弾が投下される。
11_2
12_2

 目が赤く光りモニターを見つめるカナン。
 「間に合え・・・

 爆弾は落下し、黒い煙が立ち上がる。

 目を覚ますマリアとカナン。
 「爆弾は?
 「わたしたち生きてるって事は・・・カナン、カナン、カナン
 生きている・・・安堵する2人。

 爆弾は50m手前で着弾した。
 「そうだ・・・失敗は許されない・・・許されないからこそ、1発で
決めるべきだった・・・。

 外したことを喜ぶべきなのか?
 副大統領はステルス爆撃機の撤退を命令する。
13_2
14_2
15_2

 ハッキングし誤爆させた夏目の手腕に関心するサンタナは
何のメリットがあると問う。
 「過去と向き合うため。
 夏目は逆に問う。
 過去から逃げて、許しがくるのか?・・・と。
 そう言われ、表情が険しくなるサンタナ。

 「好きにしろ・・・そんなものは無理です・・・姉さま。
 もはや好きでは、おさまらない・・・愛は・・・愛は・・・たまらない。

 夕焼けを見つめ、自らの右腕を強く握り締めるリャン・チー。

 「お日様、風、酸素sign01 生きてる~sign03
 屋上に出て、生きている事を実感するマリア。 
 「色が・・・色が見えない・・・いや、これが本当の・・・色・・・
 マリアを見て微笑むカナンだったが、目を押さえ倒れこむ
のであった・・・。
16_2
17_2

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 超大作のハリウッド映画を見ているようでした。
 今までの展開を見ても、実写化しても十分いける・・・そう
思えるストーリー展開だと思います。

 ついに、おもちゃといってもアルファルドに銃口を向けてしまった
リャン・チー。
 好きになればなるほど、悪化していくように見える2人の関係が
毎回、気になってしまいます。
 アルファルドを意識すれば、するほど判断力を欠いた駒
なってしまっている、リャン・チー。
 相手はカナンなのか?アルファルドなのかは別にして、死期が
徐々に近づいてきているように思えます。

 アルファルドもカナンだった・・・。
 自ら、マリアにカナンとの過去を少しだけ明かしたアルファルド。
 それは、もしかしたら過去にあったアルファルドとの重要な事を
思い出させる為にしたことなのでしょうか? 

 いまいち、実態が掴めなかった夏目は、はっきりと明らかに
なってませんが、過去にUAウイルス消えた村をつくり上げた
実行犯の1人のようで、その贖罪の為に行動を起こした・・・という
事なのでしょう。
 そして中立を保っていて、関わることを避けていたサンタナも
夏目の「許しがくるのか?」この言葉により、動き出しそうですし
同時に、ハッコーも動き出しそうです。
 マリアの父である、大沢賢治も登場し、クライマックスに向けて
役者が揃った感じですね。

 力の使いすぎからなのか?
 共感覚の力を失ってしまったカナン・・・。
 アルファルドが無意味にカナンと争わなかった理由はこの能力
には、いつか限界が来ると予測でもしていたのでしょうか?
 シャムに育てられたという、同じ境遇を持つアルファルドですから
もしかしたら、同じように共感覚を失った過去があるとか??
 ともかく、最強と言ってもいい武器を失ったカナン。
 今後、どうやって戦っていくのか?
 または能力が復活していくのか?
 気になりますね。

 そして、相変わらずアルファルドはUAウイルスによって何がしたい
のか?テロの目的がまったく分かりませんsweat02
 少なくても、世界を支配する・・・という事では無さそうですし
希望の地であるカナンを求めている・・・という事なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

「CANAAN」 第6話『LOVE & PIECE』

 第6話「LOVE & PIECE」

 カシミール地方に存在する小さな村、ある日を境に住民たちが
忽然と消えた村・・・家財道具や一切をそのまま残して。
 その原因は、おそらく以前、渋谷を騒がせたのと同じUAウイルス。
 だが、彼らは再び現れた・・・致死率100%と言われるウイルスに
感染してなお、生き続けている・・・それどころか、体組織に強烈な
変異をきたし、人ならざる能力を有していた。
 体に浮かび上がった、奇妙な模様と共に・・・彼らをボナー
呼ばれる存在だったのか?
1
2
3

 証拠さえ押さえれば、これほどのスクープは無いと御法川。
 
 ドアの隙間に挟まれていた手紙。
 それは、上海報道事業団より対テロ国際会議の記者として、
参加可能なパスが入っていた。
 なぜ、場所が?と怪しむ御法川だが、マリアの、ノー天気な
凄腕の記者が、上海入りしている。」と噂があるのでは?その
言葉にニヤける御法川だが、消えた村の取材があるとして、
マリアに、国際会議の参加を頼むのであった。

 「おおさわマリアは~note 死んじゃうんだよ~note
 取材に来たマリアを監視しならが、歌うリャン・チーは思う。
 完璧で、憧れの女性・・・アルファルドが変わった・・・。
 カナンが現れ変わった・・・と。
 「姉さま、今日こそ、その心の内、拝見させて頂きます。
4
5
6

 「マリアを失わない為にって、そう思ってた。
 でも・・・なんか違う・・・。

 が関わってる対テロ国際会議の情報を集めるカナン。
 マリアの為・・・そう思ってた、しかし、その想いに違和感を感じる
カナンに思春期になったと言い残し立ち去る夏目。

 「知りたいのなら・・・
 消えた村の出身にも関わらず、組織に管理されないハッコーに
何故だ?と質問する御法川に、心の声が聞こえたのか耳を押さえ
苦しみだす。
7
8
9

 合衆国大統領の演説を撮影をするマリアは、1人の女性を
ファインダー越しに見つける。
 「久しぶりだな。」マリアに声をかける女性。
 「忘れたのか? それとも忘れたフリをしてるのか?
 困惑するマリアにそういうアルファルド。
 LOVE & PIECE!
 LOVE & PIECE!!
10
11
12

 合衆国大統領の酔いしれる演説の中、爆発する会場impact
 「ここで、倒られては困る。 お前には役目があるのだから。
 マリアを助けるお礼を言われるアルファルドはそう答える。
 さらに入り口も爆破され閉じ込められるマリアたちは、更に
ECMにより外部との連絡も閉ざされる。

 「懐かしい・・・この憎悪に満ちた空間・・・。
 アルファルド、お前は無敵だ。
 だが、もし目的ではなく個人としての欲望を持ったのなら・・・

 シャムの言葉を思い出しながら、銃弾飛び交う通路を平然と歩く
アルファルド。
 「シャム・・・証明してみせよう。
 個人の欲望を持って、なお、わたしはわたしであり続ける。


 聞いてるんだよ~note
 テロを知った御法川はタクシーに乗り込み、会場へ向かうが、
そのタクシーの運転手はネネちゃんの新曲だというsweat01

 「カナン・・・ごめんね・・・わたし、また捕まっちゃった・・・。
 カナン・・・ごめんね・・・カナン。

 に捕まったマリア。
 リャン・チーはマリアの携帯を奪い、カナンに電話する。
 マリアの言葉を聞きながらマリアを見つめるアルファルド。
13
14
15
16

 「カナン? 希望の地ですって? こんな薄汚い小娘に
大層な名前をつけるのね?

 「お前には両親が残した資産があり、人脈がある・・・。
 弱小組織である彼らにとっては、文字通り救いの女神
なんだろうさ。

 そうなる為にアルファルドを鍛えるのが契約だというシャムに
その期待に答えてあげる。」と手を差し出すアルファルド。
 手を見つめ、シャムとの会話を思い出す。

 「お前は、何をしたい?一体なにを求める?
 愛!!
 
アルファルドは、カナンに来なくていいというマリアに、八つ
当たりするリャン・チーを見ての問いかけに、こう答える。
 「きぃても~、こなくてもぉ~、
 
いま、お前は、ここで死ぬんじゃっsign03

48
49

 マリアに銃口を向けるリャン・チー。
 そして鳴り響く銃声。
 手を押さえ、銃を手放すリャン・チー。
 「憎しみに呑まれる者は、兵士として二流だ。
 飼いならせない憎しみなら、早々と捨て去るといい。

 「ならば、に呑まれる者は?
 「さぁな? 面白いんじゃないか? コッケイでな・・・。
 アルファルドの、お前には、まだ、するべき仕事があるという
言葉を聞き、手を震わせるが、急に無表情な顔になり冷静に
仕事を続け始める。
 「間違えるな。 お前の役目は生きること。
 そうマリアに言うアルファルド。
18
53

 「始まったな。
 突如、苦しみだす事務次官は、首筋からは血管が浮かび上がり
吐血して倒れる。
 「まさか・・・これって?
 モニター越しに見ていたマリアは言う。
 「お察しの通りだよ。 UAウイルスだ。
 そう、答えるアルファルドであった。
19
20
22

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 敵だけど、冷静にそして、冷酷にリーダーとして仕事をこなす
アルファルドってカッコいい~note
 そして、その正反対のリャン・チー 
 このリャン・チー役の田中理恵さんの熱演がGOODsign03
 理恵さんの、綺麗な顔で、この演技。
 どのような表情をして演技をしているのか?考えただけで、
いい意味で、すごいギャップがあり想像できませんw
 それにしても、マリアへの、スピンキックはヤバいでしょw
 側頭部にモロに入ってるし、その時点で普通の人なら死んで
しまいますよsweat01

 1クール、全13話のまだ中盤になったばかりなのに、既に
クライマックスを向かえるかのような、展開でした。

 このような中、リャン・チーのアルファルドへの愛が、憎しみに
変化
してきているような、危険で微妙な関係になってきました。
 愛に呑まれるのはコッケイ、このアルファルドの言葉を聞いた
チャン・チーは、心の内を見て、諦めの気持ちなのか?急に
無表情になった顔が、逆に内面の怖さを感じました。

 カナンも夏目が思春期と言ってるように、マリアを守りたい
だけではなく別の感情も出てきて、中盤になり、心情的な変化が
出てきました。
 それに、アルファルドはカナンだけではなく、マリアとも接点が
あった事が分かり(このあたりはゲームをやれば分かるのかな?)
前半の布石が、色々と分かってきた代わりに、今度は後半へ
向けての布石も出てきました。
 ハッコーも声は出ない代わりに、テレパシーのような能力
なのか?直接、脳に話しかける事が出来る事が分かったのも
当然、今後の展開に密接に関わってくるでしょうしね。

 そういえば今回、初めてユンユンが出てきませんでした。
 出番は少しでも必ず出てたのにね。
 これは、やっぱり、蛇の組織を抜けバイトもしなくなったから
なんでしょうcoldsweats01

 その代わり?歌うタクシーの運転手が今回も登場し、現在6話で
今回で3回目の登場と2回に1回の割合と、完全に準レギュラーに
なってますねw

| | コメント (0) | トラックバック (13)

「CANAAN」 第5話『灯ダチ』

 第5話「灯ダチ」

 フラフラになりながら、街を徘徊するカナン。
 
 対テロ国際会議を週末に控える、ダイダラ社。
 「わたしの心根をお疑い? ならば、わたしの腹を裂き、その骨に
刻まれた文字をお読みください。
 そこには、こう書かれてるはずです。
 姉さまは、わたしの全てと・・・。

 作戦の最後の仕上げに誰かいないか?とアルファルドの言葉に
作戦に加わらないはずの、チャン・チー立候補し、そう答える。

 船の上で暮らしてるユンユンに世話になるマリア。
 不気味な魚の鍋を振る舞いユンユンは言う。
 「お前に足りないのはDNAっすsign01
 「DNA?
 「あんな、危険なとこ、のこのこ歩くなんて頭わるすぎなんす。
 DNAは目にも、いいし。

 「DHA・・・のこと?
 「・・・sweat02

 ここは、出稼ぎの人たちが集まって暮らす場所で1人でも
寂しくない、そしてユンユンはバイトの時間だから、そろそろ家に
帰りなという。
 「・・・なんだか、ここは居心地よくて帰りたくないなぁって・・・
 「そういうセリフは女子相手に、言うもんじゃないっすよぉ。
 笑いながらマリアの肩をたたき、合い鍵を渡すユンユン。
 「鍵・・・?
 鍵が無くても、入れる船の家を見るマリア。

 バイト先であるチャン・チーの元を訪れたユンユン。
 日本から来た事務次官UAウイルスに感染させる・・・それが
出来たら特別ボーナスを払うという。
 「あいつがもし、来たらどうします?
 あいつ・・・あの女・・・わたし死んじゃいますよ~
sweat01
 重要任務を任され、動揺するユンユン。
 「死ねばいい。
 その時は死ねばいい、それぐらいしか、とりえがないのだから。
 チャン・チーの冷酷な言葉に震えるユンユン。
1_2 2
3_2

 スタンドプレーは良くないと言いつつも、の動きが分かったと
カナンに言う、夏目。
 対テロ国際会議の警備にダイダラ社が参加するのは企みが
あるという夏目に「能書きはいい・・・暴れればいいんでしょ。」と
カナン。
 そして手駒として使用されるボナーの1人が分かったと夏目。
 その名はソン・ユンミン

 サンタナが経営する日式にバイトに来たユンユンは、ハッコーと
偶然再会する。
 「やっぱ、ここはオーソドックスに睡眠薬を飲ませて・・・それでも
ダメなら・・・最後の最後は・・・

 事務次官に対する作戦を考えるユンユン。
 色仕掛で行くしか、ないっすね!!
 服を脱いで鏡をみる。
 「・・・あっsweat02
14
4

 「ゴミも捨てなければ、いずれ再利用出きる。
 カナンとマリアが一緒に写ってる写真を退かすと、ユンユンと
写ってるマリアの写真を見て、つぶやくチャン・チー。

 マリアが御法川の元へ戻ると、血管が同じ模様に浮かび上がる
あのアザを調べようとサンタナの店に向かう2人。

 日式に訪れた事務次官たち。
 ユンユンは、ビールを注ぎながら、睡眠薬を入れ事務次官に
差し出すが・・・。
 「わたしの酒はこちらの女性に作って、いただこうかな。
 ハッコーを見る事務次官。
 「・・・sign01」ビールを落とし呆然とするユンユンsweat02
 「詰めるべし、詰めるべし・・・詰めるべし・・・
 胸に詰めものをするユンユンcoldsweats01
 「あいつら、何処でこの店を知った・・・あの女・・・。
 つぶやく、サンタナ。
 そこへ、現れた御法川たち、マリアを見つた、ユンユンは慌てて
外へ出て行く。

 「で、でた~sign03
 訳が分からず、外でボ~っとしていた、ユンユンの横にカナンが
座っていて、驚き倒れた、ユンユンは慣れない手つきで銃を構える。
 一方、サンタナと御法川は子供のような口喧嘩をしていて、呆れる
マリアは外へ出ると、ユンユンに銃を向けるマリアがそこに。
 「この子はいい子なのsign01 とっても。
 こんな事やめてsign03
 ・・・お願い・・・殺さないで・・・

 ユンユンを涙目でかばうマリア・・・。
 「わたしは、マリアにとって殺人者なんだ・・・。
 殺してた、マリアが来なかったら、きっと殺してたと思う・・・。

 カナンは、寂しそうな目つきをし、その場を立ち去る・・・。
 「わたし・・・またカナンを・・・
 立ち去るカナンを見つめながら、涙を流すマリア。
5
6
7

 「死ね・・・泣いて・・・わたしを・・・死なせたくないって、泣いて
くれた人がいるんす。

 「それで?
 「・・・それだけっす。
 ユンユンの携帯にチャン・チーからの電話が入り、マリアを
利用しカナンと一緒に死ねと言われ、寂しそうに話す。

 「カナーンsign01カナーンsign01出て来いカナーンsign03
 ユンユンはマリアを連れ、橋のアーチの上に登り叫ぶ。
 カナンは来ないとマリア。
 必ず来るとユンユンは言いコートを脱ぐと150本のダイナマイトが
体に巻き付いていたbomb
 「どうして・・・」カナンが現れ、つぶやくマリア。
 ダイナマイトに火を付けカナンに突進するユンユン、しかし・・・。
 軽くかわされ、落ちそうになるユンユンの手を掴み助けようとした
カナンを道連れに、川に落ちる2人。
 「いや・・・いや・・・いや・・・。
 ナイフを取り出したカナンだが、マリアを思い出しナイフをしまう。
 爆発により、水しぶきが上がる。
  「お前を助けたいからじゃない・・・
 マリアを悲しませたくないからだ。

 どうして助けたと聞くユンユンにそう答えるカナン
 そして、2人の元へ駆け寄るマリア。

 夜のツボにもを刺しておきましょうと、事務次官の背中に
刺す、はり師は不気味な笑みを浮かべる。

 巨乳が好みじゃなかったんですか?
8
9
10

 御法川が部屋に戻ると、マリア、カナン、そしてユンユンがいて
ユンユンに飛びつく御法川に叫ぶマリア。
 違うと御法川は、ユンユンのお尻のアザを指差す。
 ボナーになると浮かび上がり、消えた村であの事件に遭遇したと
いうユンユンの言葉を聞いて、男の子の事を思い出すマリアsweat01
 UAウイルス、消えた村、浮かぶ印・・・この3つが繋がり、どんな
能力があるのかと聞く御法川。
 「盲腸が2つになったっす。
 「・・・はっ??」
 盲腸が2つになっても、何の能力もない役立たない・・・だから
役立たずだと、寂しそうにいうユンユン。
 「それに、それに・・・ユンユンのお陰で、カナンと仲直りできた。
 仕事も頑張ってるし、美味しいお汁も作れるし、役立たずじゃないと
マリア。
 「それに・・・わたしたち、もう友達だよ。

 「必ず、戻ってくる・・・例え、いかなるボナーでも、薬が無ければ
生命を維持する事が出来ない。

 戻ってこないなら、それは自ら死を選ぶと同じ事・・・。
 蛇から逃げる決心をした、ユンユンを知り、どうするのか?と
カミングスの質問にそう冷酷に答えるチャン・チー。
11
12
13

 船の家に南京錠を掛け立ち去る決心をしたユンユン。 
 そして、その表情は明るく前を見て歩き出す。

 一方、マリアたちの部屋には、1通の手紙がドアの隙間から
差し込まれるのであった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ついに物語に本格参入してきたユンユン。
 その豊かな表情は、見ていて飽きなかったですし、完全に主役を
奪った感がありますw
 戸末遥のハイテンションな演技も、さすがですねnote

 そんなユンユンですが、死亡フラグの最大有力者なのは
間違いなく、ユンユンの明るさがBパート最後の、チャン・チーの
セリフとBGM、そして元気良く歩く姿が見ていて辛かったです。
 
 ボナーになったものはが無いと生きられない。
 チャン・チーが「エサ」と評してユンユンに渡したものは、これ
だったんですね。
 ユンユンは役立たず・・・役立たずだからこそ、チャン・チーから
薬の真の意味(効用)を聞いて知っているのか?いないのか?
気になります。
 それによって、覚悟を決め、生きるという事より、友情を大切に
したのか?
 ただ単に、冷たく言うなら、一時の感情に流されマリア側に付き
生きたいが為に、生死の選択を迫られた時、どう行動するのか?
 大きく意味合い、そして展開が異なってくると思います。
 ただ、チャン・チーはユンユンの事を「ゴミ」と言ってるところを
考えると、何も知らされて無いような気がしますが・・・。

 最初の第1話では、まったく分からなかった内容が回を重ねる事に
明らかになってきて、上手く物語りを進行してると思います。
 ただ、進行が遅いような感じで、この調子で、ちゃんと上手く
まとまるのか?とちょっと心配だったりはしますけど・・・coldsweats01
 既に、2期を前提に作ってるとか??

 カナンとマリアは仲直りしたし、ユンユンも特派員として
仲間になり、これで主要キャラのポジションが明確になった
かなって感じでしょうか。

 事務次官をUAウイルスに感染させたり(薬が無いと生きられ
ない事を利用して、何か取引をするつもりかな?)マリアたちの
所在も把握して、手紙を送ったりと、今までは受身的であったが、
能動的な行動に移り、緊迫した展開が待っていそうですね。

 そういえば、ハッコーはUAウイルスに感染してるのに薬は
どうしてるのかな?
 サンタナが、代わりに仕事をしから薬をもらってるのか?
それとも、夏目とも接点があるようなので、夏目ルートでも薬を
手に入れる事が出来るのか? 気になる所です。
 夏目ルートでも薬を手に入れる事が出来れば、ユンユンも
助かりそうですが、そんなに甘く無さそうですものねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (20)

「CANAAN」 第4話『呉れ泥む』

 第4話 「呉れ泥む」

 カナンは普通の女の子、どんな過去があったって、
どんな今を生きていたって、でもそれは・・・わたしの
欺瞞だった。
 あの時、カナンは・・・普通の女の子じゃ・・・なかった。


 
遊園地での出来事を思い出す、マリア。
 そして、カナンも同じであった。
 過去を思い出すカナン・・・。
1
2
3

 わたしはまた、失ってしまうのか・・・。

 「無理に見なくてもいい・・・目を逸らすべきものは、逸らしても
構わない。

 「燃えてる・・・青い炎が燃えてる・・・
 焼き野原となった、村。
 そこでシャムと出会った。
 シャムから戦闘訓練を学ぶカナン。
 「好きだよ、銃は好きだ、色が無いから。
 太陽は青いから嫌いだ・・・それは憎しみの色、青のオーラを
探せば、そこに必ず敵が居るから。

 カナンはいつしか、立派な戦士になっていた。

 カナン・・・希望の地か?

 もう・・・失いたく無い・・・。
 「わたしの名前か・・・?カナン
 誰のせいで失った?
 「名前、おまえ本当はなんて言うんだ?
 「アルファルド・・・お前にならなかった、何処にでもいる、
テロリスト。

4

 憎しみに憎しみであたっても、意味が無い・・・カナン、
憎しみには義務で当たらなければ救われない。
 憎しみは何も生み出さない。


 シャムとの出会い、アルファルドとの出会い、そしてシャムを
アルファルドに殺された記憶を思い出だす。
 「分かってる・・・分かってるよ、シャム・・・でも、わたしは
もう、
失いたく無いんだ。

 女の機嫌は腹で治ると、落ち込むマリアを、単純じゃないと
否定されつつも、食事にとタクシーで、連れて行く御法川。
 「女の子のきもち~note わかあってないのよ~note
 旦那、そんな事じゃネネのハートは掴めねぇぜ。

 「いや・・・掴みたくないから。
 タクシーには、あの時の運転手が乗っていた・・・sweat02
5
6
7

 レストランで食事をする、夏目とサンタナ。
 「過去を消して? あなたが消した、あの村と同じように。
 任務に失敗し、報酬を夏目に返すサンタナに、将来の成功
報酬と受け取りを拒否するが、将来は、日式の店のエロジジイに
なる事という、サンタナ。
 「あのボナーは元気? あなたの心に咲いた花。
 報酬でネックレスでも買ってあげればと言う、夏目。
 「その分、ベッドで喜ばせるさ・・・。」と店を出て行くサンタナ。

 誰のせいで、失った・・・そして、誰のせいで失う?
 月夜の晩に、走るカナン。

 おいしいと、落ち込むマリアは、何処へ行ったのか?
 カニを元気いっぱいに、食べる。
 「確かに見覚えが・・・でも、あんな貧乳だったかなぁ?
 楽器を弾くバイト少女(ユンユン)を見つけ、見覚えが無い?と
御法川に尋ねるマリア。
8
9

 「ステキ・・・heart02 自信に満ち、その存在感だけで他を威圧する。
 これこそ、私の姉さま・・・
heart04
 ホテルでダイダラ社の晩餐会があり、それに筆頭株主として
参加する、アルファルドのドレス姿を見て、うっとりと見つめる
リャン・チー。
 そして、もう1人、アルファルドを見つめる・・・その名はカナン。
10
11
12

 食事が終わり、1人、散歩をすると御法川と別れるマリア。
 血管が共通する形で浮かび上がる・・・マークと言うより血管が
浮かび上がる、そう表現する編集長の言葉を思う、御法川。

 「そうだ・・・あの時も、あの時も・・・そして、あの時も・・・。
 カナンはわたしが、危険にさらされると助けに来た。
 もしかして、今度も・・・わたしがカメラを持つようになった理由、
 それは、カナンに出会ったから・・・分からない事、目をそむけたく
なる出来事も、見つめたかったから・・・。
 カナンを分かりたかったから・・・なんて甘えていたんだろう。
 あの子を撃ったのは、わたしを守ってくれる為だった・・・。
 なのに、わたしは罪の意識から逃れたくて、
どこかでカナンを
責めていた・・・。

 地元の男たちを見て、カナンの事を思い出す。
 その男たちは、マリアを不審に思ったのか?近づいてくる。
 「わたしは平気なんだからsign01
 自分の目で見て、自分の気持ちで判断するsign01
 全ての本当から、目をそらさない。
 ・・・逃げない、大沢マリアはカナンの・・・カナンの・・・

 友達なんだからーっ!!
13
14
15

 男の手がマリアに伸びた、その時、助けに入り、マリアを連れて
逃げていくユンユン。
 「・・・世界、不思議発見sweat01
 大沢マリアと名前を連呼し、色々な事を知りたいと、まくし立てる、
マリアに困惑する・・・coldsweats01
16
17

 「ありがたいね。
 トイレに潜むカナンに、アルファルドは言う。
 「あの男が言っていた。
 恐怖を知っている者は、憎しみでは動かない・・・。
 カナンは、俺やお前とは違う。

 シャムの言葉を思い出すアルファルド。
 「ありがたい・・・わたしと同じ所まで、堕ちて下さった。
 憎しみに満ちた瞳だ。
」  
 カナンの銃がアルファルドを襲う。
18
19
20

 「どうした? 反応が、ぶれてるな。
 あの頃のお前は、ここまで、もろくは無かった・・・。

 わたしが、シャムを殺した後でも。
 その言葉に、動揺するカナン。
 憎しみから戦う気分はどうか?泥のようだろ?とアルファルド。
 そして、アルファルドの銃口が、カナンに向けられる。
 「まだ、楽しめる・・・まだ、殺さない。
 従業員が駆けつけ、アルファルドが目を逸らした隙を見つけ、
逃げ出すカナン。
 
 アルファルドの言葉を思い出しながら、倒れ、そして、よろめき
怯えながら逃げ出すカナンであった。 

21
22
23
24

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 複雑になってきた、人間関係に混乱してますsweat01
 
 カナンとアルファルドの過去は親友で、何かの意見の相違で
違う道を歩むようになった・・・そう、思っていたのですが違い
ました。
 ただ、アルファルドとシャムは、カナンと出会う以前に、既に
出会って、何かあったようですね。
 シャムはアルファルドを、カナンのような戦士に育てようとしたが、
シャムをいつしか怨むようになり、憎しみを持って行動する彼女と、
敵対するようになった・・・そんな感じでしょうか。

 夏目とサンタナの関係は?サンタナに何を依頼していたのか?
 ハッコーとは、面識があり、しかもボナーである事もしってますし、
夏目の今後の行動から目が離せません。
 それにサンタナの過去・・・『村を消して』・・・もしかしたら、昔は
シャムと戦友(テロリスト?)であり、カナンの村を焼け野原に
した、1人なのかもしれませんね。

 自分を、そして現実を見つめ直し、逃げていた自分に気が付き、
カナンとの友情を再認識し、現実と見つめ合う決心をしたマリア。
 一方、シャムを過去に失い、今度はマリアを失う・・・。
 そんな元凶を作ったアルファルドに対し、憎しみは何も生み
ださない
・・・言葉では分かっても、憎しみの感情を押さえつける
事が出来ず、憎しみを持って襲うカナン。
 マリアが精神的に立ち直ったと思ったら、今度はカナンが・・・coldsweats01
 この物語は、マリアとカナンが、どうやって、精神的に成長して
いくのか?そういう、2人の成長物語なのかもしれません。

 先に、精神的に大きくなったマリアが、今まで、助けてくれた、
カナンに、マリアが今度は、精神的に支えていく・・・そういう
展開になっていくのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (20)