イベントetc

「劇場版マクロスF ~イツワリノウタヒメ~」見に行ってきました。

 「劇場版マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~」を
見に行ってきました。
 シネマサンシャイン池袋で見たのですが、上映館が少ないと
いうのもあるのでしょうが、満席で好調な感じでした。

 上映中という事もあり、詳しくは書きませんが多少ネタバレも
含まれると思いますので、ちょっとした感想は、等身大パネルの
下にもで書こうと思いますw

1

 

 まず、上映時間約2時間という中で、マクロスFという世界観を
上手くまとめ上げてると思います。
 ただ、初めてでも楽しめるとは思いますが、テレビ版を見て
無いと、理解しづらい感はあります。
 まあ、これは時間の制約があるので、仕方が無いですけどね。

 展開的にはテレビ版を踏襲していて、一部使い回しと思われる
シーンもありますが、ほぼ新作ですし、一部のキャラの設定が
変わったり、ストーリー展開もオリジナルで、テレビ版と劇場版の
愛・おぼえていますか」の違いといったようなイメージです。

 そして、戦闘シーンもCGが格段にパワーアップしていて、
素晴らしいのですが、動きすぎてる為に、クネクネと動き回り
気持ち悪く感じる所もありましたw
 特にラスト数十分の戦闘は、メドレーはないものの、相変わらず
歌と戦闘の融合が絶妙ですgood

 エンドロールが流れ、続編はありえないと思える展開だった
ので、続編はデマなのか?と思ったら「完結編」との予告があり
ました。
 意味深なサブタイトルや、イメージイラストで、悲しい結末が
待っているのか?と思わせる感じで、どうなる事やら・・・。

 そ~いえば、テレビ版では、ちょこちょこ登場していた、あの
キャラが全然出て来ませんでしたが、続編ではでるのかな?
 それと、マクロス クロスオーバーライブで展示してあった、
痛セグウェイの意味がわかりましたw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

May’n 大学祭 LIVE’09 in NIT ”Please enjoy it!!”感想

 去年のモモーイこと、桃井はるこの大学祭より約1年、そして
マクロス クロスオーバーライブより2週間後、今度はMay’nの
ライブがあるので、再び日本工業大学にやってきました。
 May’nを呼ぶなんて、いい人選してるねgood

 ここのライブは体育館を満員に埋めるわけではなく、だいたい
半分ぐらいのキャパしか埋めないので、間近で見ようと思わな
ければ、後ろ側はゆとりがあり、ジャンプも、やりたい放題で
いい感じですhappy02
 最後に行われた、抽選会で、実行委員の方の話ですと、人数は
約1000人ぐらいだそうす。 
 という事で、後方に陣取り準備万端。

 1曲目はノーザンクロスかな?なんて予想を立ててみたものの
あっさり外れ『キミシニタモウコトナカレ』。
 次は新曲の『pink monsoon』で、なんと、いつもの男性ダンサー
2人も登場です。
 大学祭のライブなのに、手抜きは全然ありませんgood

 次の曲は、ちょっと思い出せませんが、それが終わると
『ダイヤモンドクレバス』と続きます。
 そしてMCを挟み『May’n☆Space』そして『ノーザンクロス』
『射手座☆午後九時Don’t be late』と一気にボルテージは
最高潮up
 大学祭ならではか?ちょっと前にカップルで見に来ていた
女性が「射手座~」の「持ってっけ~note 飛んでっけ~note」の
大コールに驚いて、完全に引いてましたねsweat02
 そして、ラストには自作曲である『my teens,my tears』で
終了です。

 そして、実行委員の2人の進行で抽選会の始まりです。
 プレゼントの品は『May’n 大学祭』のサイン入りポスター2枚、
そしてサイン色紙2枚と、May’nとロゴ入りのスタッフTシャツに
サインの入ったもの1枚。
 こういう、プレゼント抽選会って良くありますが一回も当たった
ことないのよね・・・crying
 と言う事で、当然全滅ですw

 MCでは、大学祭では定番の焼きソバなど、色々と食べ歩きした
みたいで、いっぱい食べちゃったみたいですw
 鯛焼きはなかったけどね。
 よく考えると部長も、20歳になったばかりですし、大学に通っても
全然おかしくない年ですもんねぇ。

 時間としてはライブが45分、抽選会が15分と1時間のイベント
でしたが、1500円と激安ですし、何よりも目の前で部長が
歌ってる・・・これが最高ですlovely 
 キャパの広い会場じゃ、考えられませんからね。
 ただ、最後に欲を言うならアンコールも無く、直ぐに抽選会に
なって終了してしまった事ですね。
 やっぱりライブって、アンコールが無いとなんか、拍子抜けと
いうか、締まらない感じがしてしまいました。

1_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マクロス クロスオーバーライブ」に行ってきました。(17日初日、感想)

 去年の「マクロスF」の武道館より、約1年。
 10月17日に幕張メッセ イベントホールであった、「マクロス
元年記念 クロスオーバーライブ」に行ってきました。

 オープニングはMay’nの『ノーザンクロス』からスタート。
 このノーザンクロスの振り付けが好きで特に「宿命に~」と
十字を切る姿が大好きで、気分は盛り上がりです。
 そして次には「わたしの歌を聴け~sign01」と叫ぶと、当然歌うのは
出し惜しみなしの『射手座☆午後九時 Don’t be late
 やっぱり「もってっけ~note とんでっけ~note」は何度やっても
飽きないし、会場のボルテージは一気にあがりますup
 次は劇場版の新曲『pink monsoon』と続きます。

 これが終わると、May’nはステージから去り、中島愛のソロと
なり『アナタノオト
 そして、キラッshineと『星間飛行』です。
 May’nの「射手座☆~」も一体感あるけど、このキラッshine
やっぱり、やってて楽しいscissors
 でも、サイリュームを持ってると、キラッポーズが難しいのが
弱点ですがw

 こんどはMay’nが再び加わり『What’bout my star @Formo
 「わたし? それともわたし?」バージョンの『トライアングラー』と
続き、最後に『ライオン』フロンティア組みの出番は終了。
 シークレットゲストもあるかもとの事で、武道館で登場したし
可能性は薄いかな?と思ってはいましたが再び、坂本真綾の
登場はなりませんでした。
 う~ん、残念。
  
 次は元祖、超時空要塞マクロスの懐かしい映像が流れ元祖
歌姫リン・ミンメイこと飯島真理の登場です。
 たぶん最新アルバムEchoの中からだと思いますが2曲オリジナル
を歌います。
 『わたしの彼はパイロット』『0‐G Love』そして『シンデレラ
 『ランナー』と続き、最後には大好きなリン・ミンメイに捧げ
ます
と、あの『愛・おぼえていますか』をみんなで歌いつつ
真理さんの出番は終了。
 すべての曲にアレンジを加え、ほぼピアノソロで歌った真理さん。
 オリジナルを歌ったり全ての曲にかなりのアレンジを加え
「あれ?」というような、会場には、ちょっと独特な雰囲気が
流れたように思えましたが、個人的にはリン・ミンメイに対する
過去にあった、真理さんの色々な思いを感じる事が出来ました。

 ステージにあるスクリーンには「マクロス2」の映像が流れ、
これは・・・もしかしてシークレットsign02
 笠原弘子登場。
 『もういちど Love you』を1曲だけ歌うと、MCも挨拶も何も
無しで、ステージから去っていきましたsweat01
 武道館の坂本真綾の時もそうだったので、シークレットとは
こういうものなのかなw

 素早い立ち去りに会場も残念な雰囲気が流れましたが、
 FIRE BOMBERの登場で、会場は一変し『PLANET DANCE』で
会場も自分も一気ボルテージ急上昇up
 次は、PSP「マクロスアルティメットフロンティア」の主題歌の
Buming Fire
 そして、福山芳樹のソロとなりアコギで『MY SOUL FOR YOU
 この熱唱に、本当に魂が届く感じで、一番印象に残ったと
言っていいかもしれません。
 もう、このあたりから、知らない曲もあったりしたし興奮状態で
曲や順番をほとんど覚えてませんsweat01
 それでも、覚えているのはチエ・カジウラがソロで歌った
MY FRIENDS』や、これは絶対聞きたかったというか、叫び
たかった『DYNAMITE EXPLOSION』で、もうノドは限界w
 そして、福山さんが『突撃ラブハート』以上にタイトルを言うのが
こっぱずかしいという、新曲の『弾丸ソウル』などなど。
 そして、スペシャルゲスト第2弾として、声バサラの神奈延年
(当時は林延年)と声ミレーヌの櫻井智(当時は桜井智)も
登場し、当時のエピソードや4人での歌(歌は忘れましたcoldsweats01)も
歌ってくれたりと、もう大判振る舞いですgood

 そして、アンコールでは、RIRE BOMBERとMay’nによる、
突撃ラブハート
 今年の1月29日に赤坂BLITZであった「May’n ACT」で
福山さんが、スペシャルゲストで登場した時の再現ですよ。
 しかも、こんどはチエ・カジワラさんもいる(当然ですがcoldsweats01
豪華バージョン。
 そして、今度は真理さんのソロピアノに合わせ、愛ちゃんとの
天使の絵の具
 最後には、5人で『超時空アンセム2009 息をしてる 感じてる
で〆となりました。

 この間、約3時間ぐらいだったでしょうか?
 席がステージから斜め上のスタンドで一部見難かったところも
ありましたが、それでも、この空間にいれて良かったと思える
十分な内容だったと思います。
 欲を言えば、せっかくのスペシャルな機会だったし、もっと
お互いが別の作品の曲を歌ったりしたら楽しかったかな?と
思ったりもしますが、贅沢な要望ですよねw
 それでも、個人的には元祖歌姫と言ってもいい笠原弘子や
櫻井智がスペシャルとして登場したのが嬉しかったです。
 最近ではあまり、表舞台に登場しなくなったお2人ですが、
色々と思い入れがある声優でしたからねnote
 それにしても、智さんは若かった。
 衣装のせいもあるのでしょうが、とてもアラフォーとは思え
なかったです。

 かなり曖昧な記憶をたどっていますので、曲順の違いや
曲目の間違いなどあるかもしれませんが、ご容赦をsweat01

 隣の会場である東京モーターショーの開催が近いからか
何故か、痛セグウェイが置いてありましたw

1
2
5    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

堀江由衣をめぐる冒険2~武道館で舞踏会~ A-day(20日)に行ってきました。

 堀江由衣、日本武道館であった『堀江由衣をめぐる冒険2
~武道館で舞踏会~』 2日目である20日の『A-day』に
行ってきました。

 ほっちゃんのライブを見るのは今回が初めて。
 今までも行きたかったのですが、タイミングが合わなかったり
チケットが取れなかったりで今回が念願の初参加です。

 結論から言ってしまうと楽しかったただ、その一言です。
 普通のライブとは違い、お芝居あり歌ありと、楽しめ、また
そのお芝居が面白く、1粒で2度オイシイそんな感じです。
 簡単な、あらすじはこんな感じ。

 由衣が、森の中の道を歩いていると舞踏会の看板を見つけ、
向かうとそこは、蜂の国でユイ20世という女王が、権力を握り、
我が物にし悪政をしいていた。
 そんな、国へやって来た由衣が悪政に苦しむ、蜂たちに伝説の
光りの勇者だと言われ、ユイ20世を倒し平和を取り戻す。

 そんな、ドラクエ風なRPG的展開で、RPGと言えば酒場で
情報を集めると、熊のバーテンダーであるクマスター
 このクマスターのとぼけた、面白さは最高ですsign01

 そして、光の剣を手にした由衣だが使い方が初めは分からず、
死んでしまい復活の呪文を唱えるのだが、その面白いこと。
 例えばこんな感じに文字がスクリーンに映し出されます。 
 ホッチャンのイチバンキョウミアルコトハ? 
 
会場は、おかね~。
 イマイチバンアイタイジョセイハ?
 会場は、ほっちゃ~んとコール。
 ホッシャン? ソレオトコジャネ?
 会場は爆笑。
 などなど。

 他にも、ほっちゃんのフライングがあったりと、さすが武道館
仕様といった感じでした。 

 19日のQ-dayには参加してないのですが、ほっちゃんによると
ストーリーはほぼ、同じだけど、1日目は、ユイ19世が悪政をしき、
それを倒した由衣がユイ20世となり、2日目に続くという仕掛けが
あり、お芝居で19世と言わないように緊張していたそうで、
武道館に到着早々、スタッフさんたちに頭にインプットしようと
ほっちゃんの事をユイ20世と呼ばせていたそうで、その甲斐
あって、ノーミスでしたよgood
 
 そして歌の方の選曲は当然、最新アルバムのHONEY JET!
中からやYAHHO!!
 この YAHHO!! の盛り上がり方は、凄かったですねぇ。
 ポンポンを使ったダンスもカッコかわいかったですheart01

 あとライブで一度は生で聞きたいと思っていた、ヒカリ
スクランブルも歌ってくれたのが嬉しかった。
 もう、自分の心を読んでくれたような選曲ですwww
 まだ、このあたりは、まだ可能性があるかな?とは思って
いたのですが、不意をつかれてしまったのが、まさかの
Love DestinyHappy happy*rice shower。
 
こんな懐かしい曲まで歌ってくれるとは、驚きです。

 ここまで歌ってくれると、初めて、ほっちゃんのイベントに
参加した思い出の曲・・・というか、ほっちゃんのデビュー曲
でもあるmy best friendも期待したのですが、さすがに
甘かったようですsweat02
 この時は、まさかこんな武道館でライブまで出来るように
なるとは思っていませんでしたし、お世辞にも歌が上手いとは
思ってなかったので(失礼・・・sweat01)、それから、どんどん歌が
上手くなって、もちろん声優としての演技もですが、すごい
努力したのだろうなぁって思わずにはいられません。
 この時、もらったサインは今でも大切に家宝となってますhappy02

 ちょっと、話題がそれてしまいましたが、このお芝居を
楽しめれば、楽しいこと間違いなしだと思います。
 そこには、普通のライブでは味わうことの出来ない、ライブ。
 エンターテイナーとしての堀江由衣が待っていますよnote

 ほっちゃん。
 永遠の17歳の誕生日おめでと~♪ 
1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメロサマーライブ 2009 1日目感想のようなもの。

 8月9日の「ヤングガンガンFes.」から始まって、13日のMay’n
サマーツアー「Love&JOY」や14日に新宿のLOFT/PLUS ONEで
あった、地味なイベント。
 14日から16日のコミケや、15日にあったコミケ内イベント?
「アルケ祭り2009 ぷち」。
 そして、昨日22日(1日目)、さいたまスーパーアリーナであった
「アニメロサマーライブ2009 RE:BRIDGE」は、個人的な夏の
イベントを締めくくるのに相応しい内容でした。
 おかげで、アニメの感想が遅れまくりですが・・・coldsweats01

 石川智晶&angelaの「残酷な天使のテーゼ」から始まって、
石川智晶が抜け、アスラクラインのOPである「Spiral」や蒼穹の
ファフナー
のOPである、あの「Shangri-La」でつかみはOK。

 モモーイ(桃井はるこ)が登場すると懐かしのナースウィッチ
小麦ちゃんマジカルて
の小麦ちゃんのコスプレ姿で登場note
 歌うはもちろん「愛のメディスン」のアニサマバージョン。
 そして、モモーイのイベントに始めていった、思い出の
WONDER MOMO-i」。
 去年は、ステージでコケちゃったけど、今回は転ばず無事
終了・・・よかったねscissors

 ほっちゃん(堀江由衣)の登場となると、ステージから向かって
右側の後方から大声援がsign01
 なんと、、観客席の中に設置された、小さなボックス状の上から
ほっちゃんが登場じゃないですかsign02
 「JET!!」を歌うと、そのボックス状のステージが移動・・・って、
人が数人がかりで押してるしwww
 「バニラソルト」を歌い終えると、まだ未発売のかなめものOP
である「YAHHO!!」を歌う前に、知らない人いますか?って
ほっちゃんが聞くと、ちらほらと知らない方が。
 「いい度胸ですね。」って、ほっちゃんのツッコミがナイスgood
 3曲終わると、こんどは、みのりん(茅原美里)の登場で
またまた大声援。
 ふたりで、「ハッピー☆マテリアル」を歌ってくれるなんて、
嬉しい誤算ってやつですね。

 May’nの登場では、大きな声援が。
 人気の高さが分かりますね~。
 去年は歌った「射手座☆~」は歌わなかったけど、「キミシニ
タモウコトナカレ
」と「ダイアモンドクレバス」。
 そして、奥井雅美とのおんたま!の主題歌である「ミラクル・
アッパーWL
」。
 この2人のツインボーカルの生歌を聴けるのは、今回で最初で
最後かもしれないので、貴重な体験です。 

 続けては、特別出演と言う形で、最後まではいませんでしたが
しょこたん(中川翔子)参上。
 しょこたんなら、アニサマに出ても、おかしくはないとは思いますが
2日目にはGACKTが参加するなど、アニサマの認知度も高く
なったなぁって思いますね。
 
 他にも、茅原美里の「Paradise Lost」や栗林みな実の黒神
1クール目OPの「Sympathizer」や2クール目のGRANRODEOの
tRANCE」などなど、聴きたかった曲を続々と歌ってくれたし
初めて、ビートまりおの「Help me, ERINNNNNN!!」も、生で聞け
ERINNN!ERINNN!おっぱい!おっぱい!ですよw

 本当は、もっと色々書きたい事(全員の方を)が、いっぱい
ありますが、長くなりすぎるのでやめておきますw

 2日目も水樹奈々や榊原ゆいなどなど、見たいアーティストは
多数いますが、桃井はるこ、堀江由衣、May’n、中川翔子、
茅原美里、そして奥井雅美とライブやイベントに行った事がある
アーティスト全てが、1日目に集結しているという偶然に驚きもし、
1日目にして良かったなって思いましたねnote
 しかし、相変わらず長時間で開演が16時で終わったのが
22時ごろと長時間なのですが、最近「ヤングガンガンFes.」や
LOFT/PLUS ONEのイベントも4時間ぐらいの長さだったりして、
イベント時間に麻痺している自分がそこにいましたw
1

 そして、余談ですが、ちょっと嫌なことがありました。
 友人と帰りに近くのデニ○ズに寄って食事をしたのですが、
その時、ジャ○バラヤと言うご飯物のプレートを頼んだのですが
それが、冷えきっててガッカリdown
 冷えたというより、周りだけじゃなく、中も冷たかったので温め
きれてない感じ・・・。
 食に対して、あまりこだわりが無いし、クレーマーでもないので、
例えば髪の毛が入っていても、特に気にしないで食べてしまう方
なのですが、こればっかりはクレームをつけたくなりました。
 ただ、時間も遅かったので、仕方なしに食べましたが、2度と
ここには、入らないでしょうcoldsweats01
 それとも、ファミレスでは、ご飯のプレート物を頼むのは初めて
だったのですが、冷たいのが当たり前なのかなぁ??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

May’n「LOVE & JOY」Zepp Tokyo ファイナルに行って来た。

 昨日、May’n「LOVE & JOY」Zepp Tokyoに行って来ました。

 May’nの単独(イベントは除く)ライヴを見に行くのも、今回で
2回目。
 新曲も多数含まれつつも、曲の多くは、やっぱり、マクロスFや
ミニアルバム「May’n★Street」が中心。
 まあ、持ち歌がまだまだ、少ないからしょうがないけどねw

 それにしても、やっぱり「射手座~」や「ノーザンクロス」などの
盛り上がり方は最高、ボルテージMAX状態。
 文化放送の無料ライヴの頃から見てますが、MCも格段に
上手くなり、成長したなぁって実感happy02

 ダブルアンコールの最後では「ダイアモンド クレバス」を半分
アカペラ状態で、最後のサビの部分では、マイクも無くし地声
だけで熱唱。
 後方の方から見てましたが、十分に声が届き、涙が出てきそうな
ほど感動しました・・・crying

 今回は、赤坂BLITZのように福山芳樹のような、サプライズ
ゲストは無かったけど、代わりに来年1月24日に、20歳最初の
ライヴ開催決定の大発表。
 場所は、な、なんとsign03

 日本武道館!!
 『BIG★WAAAAAVE!!』

 ついに、きましたかsign01 日本武道館sign03
 正直言って、ちょっとキャパが広すぎないかな?と思いは
しますが、頑張ってみんなで満員にしましょうhappy02
 頑張れ部長sign01
 当然、わたしは、部員の義務として参加しますw
1

最後に、ライヴお疲れ様でした部長note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「めいどりーみん」ビックバンはんばーぐ

 昨日、友人と秋葉原に行ってきた。

 どこかの、メイドキッサに行こうとなったので、一番最初に
チラシをもらったソフマップの上の「めいどりーみん さーど」に
入ることに決定。

 店内は赤と白基調の明るく、席と席の間隔も狭くなく、ゆったりと
した感じが、いいですね。

 メニューを見ると、別に1人じゃないとダメな訳ではないけど、
ギガントメニューという、チャレンジメニューの様な、アイスや、
オムライスがw
 その中でも目がいったのが、「ビッグバンはんばーぐ
 メイドさんに、その量を聞いたら「グラム数は分からないけれど
4~5人分ぐらいですかねぇ。
」とのお返事。
 量もそうだけど、値段もビッグバン(確か4800円)sweat01
 「かなり盛り上がりますよ。」と言う事だし、友人が前日に
パチンコで大勝したので、おごるから挑戦してとの指令により
スポンサーには勝てないと、挑戦決定coldsweats01

 店内のBGMが止み、メイドさんがテーマソング?と共に
はんばーぐを運んできて、絵をかきかきしてくれた後に
ステージに上がり、メイドさんとの集合ちぇき。
 う~ん、派手な演出。
 盛り上がるってこういう意味だったのね。
 そして、もくもくと食べること、数十分、とりあえず無事完食note

 これだけでも、十分なのに何を狂ったのか、今度は調子に
乗って「ギガント アイスタワー」を注文w

 これまた、派手な演出で「アイスタワー」のご入場。

 スイーツ大好き、量としても、いけそうな感じでしたが、ちょっと
アイスよりホイップが思ったより甘く、あえなく半分食べたところで
ギブアップ・・・crying
 友人に、譲るも少し残してギブアップ・・・。
 残念・・・普通の胃?の状態だったら絶対に余裕なのに。

 量としては、はんばーぐが、一番量があり、注文する人も
ほとんどいないとかw
 まあ、数種類あるギガントメニュー自体、1日に数個出るだけ
との事みたいですけどね。
 メイドさんにも「盛り上げてくれました。」なんて感謝の言葉を
もらったりして、めいどりーみんを後にしましたとさ。

1
 この写真は、メイドさんにブログにアップして構いませよと
許可を得て撮りました。
 ちなみに、メイドさんの撮影は禁止ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「お台場ガンダム」と「戦場のヴァルキュリア」公開録音

 昨日7月12日、東京ジョイポリスで「戦場のヴァルキュリア」の
Webラジオ公開録音があったので行ってきました。

 東京ジョイポリスと言えばお台場、お台場と言えば11日より
一般公開が始まった「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」。
 と言う事で、公開録音は17時30分からですが、少し早めの
14時ちょっと前に、お台場に到着。

 ゆりかもめからも、等身大ガンダムは見えていたのですが
近づいてみると、さすがにデカイsign03
 圧倒的な迫力です。

 14時前になると、いままで鳴っていたBGMが止み、雰囲気が
一変・・・これは、もしかして?
 噂ではしっていましたが、ミスト噴射が始まり、そして顔が
左右に動くと「おおぉsign01」と、みんなで驚きの声。
 そして、顔は上も向くじゃないですかsign01
 これは、凄い。
 ついでなら、片腕だけでも、動けば・・・とも、思いましたが
これは贅沢な要求かなw

 どうやら、14時とか00分の時に、ロングバージョン、30分の時に
ショートバージョンのギミックイベントがあるみたいですね。

 ガンダムも見たし、東京ジョイポリスに入ると、丁度コスプレ
コンテストが始まるタイミングで、ゲストにHIMEKAさんが。
 HIMEKAさんと言えば、戦場のヴァルキュリアのOPである
明日へのキズナ」でデビューした青い目をしたカナダ出身の
アニソン歌手で、フルコーラスで歌ってくれましたが、さすがに
コンテストで優勝しただけあって、生歌でも上手かったですね。

 さて、いよいよ戦場のヴァルキュリアの公開録音開始。
 公開録音直前に、パーソナリティであるウェルキンとイーディの
会話がながれ「今回はわたし達の出番はなく声優の千葉進歩と
鹿野優似がやるのよ。」とこんな感じのやり取りがw

 まず、千葉さんと鹿野さんが登場し、ゲストのアリシア役の
井上麻里奈さんと、セルベルア役、大原さやかさん登場。
 
 麻里奈さんは、かわいい、ムギワラ帽子にワンピ姿。
 そして、発売前のハンスも抱いて夏バカンスモードです。
 さやかさんは、夏イベントで定番の浴衣姿で登場。
 黒髪に、青色の浴衣・・・大人の女性って感じで、すてきです。
 さすが、着付け講師の資格を持っていらっしゃるだけあって
歩く姿や振る舞いにも慣れている感じがします。
 あれ?何故かホーマー・ピエローニ役の庄司宇芽香さんは
登場しないで、進行開始。
 良く見ると、机の前に進行表(台本?)も置いてないので
後からの登場かな?と思っていたら「義勇軍よろず相談室」
からの合流でした。
 う~ん、何故だろ?
 遅れたとか、他の仕事と少しバッティングしてたとか、何か
あったのかな??

 ネタバレの為、詳しくは放送で、と言う事になりますが、
さやかさんが、台本にもない、ムチャ振りな腕立て伏せを
千葉さんに振ったりとハプニング?もあったり、とても
楽しかった1時間30分でしたね。
 腕立て伏せは、千葉さん、かなり頑張ってましたgood
 
 途中、気のせいでしょうけど、2階(正確には4階)から見て
いてたら、さやかさんが、こちらに手を振ってくれたような気が
したので嬉しかったですheart01

 そして帰りに、もう一度、空が薄暗くなったガンダムを
撮ろうとガンダムを見て帰りましたw

 それにしても、こんなに真面目にガンダムを作ってしまう
日本・・・本当に平和な国だなぁって実感してしまいます。
1
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「うみねこのなく頃に」「プリンセスラバー」合同イベント感想

 7月に入り新クールの始まり、放送直前という事で?遅く
なりましたが、運よく当選し、参加する事が出来た、6月21日に
秋葉原であった「うみねこのなく頃に」「プリンセスラバー」合同
イベントの感想ですsweat01

 第1部は「プリンセスラバー」で第1話の試写で、オープニング、
エンディングともに入った、ほぼ最終状態で順調に作業が
進んでる感じです。

 試写の後はヒロイン、シャルロット・ヘイゼルリンク役の柚木
涼香さん、そして金澤洪充監督の登場です。
 監督はサービスショットに力を入れてるようで、キャラに色が
付くと、思ったより地味で、もっとサービスをと、やり直し作業中
だそうで、そういう作業が出来る事自体、順調に作業が進んでる
証拠なのでしょうけどねhappy01

 女性声優陣も、映像を見て、わいわい言いながら、サービス
ショットを楽しんでたりしてるそうですw
 そんな涼香さん、主人公の有馬哲平があっちの女性に
フラフラ、こっちにフラフラが気に入らないらしく、語ってるうちに
徐々にテンションアップ。
 ついには、後半で主人公が、他の女性とベッドの上にと、
慌てる監督を無視してネタバレ大暴走sweat01
 涼香さん、いいキャラしてますgood

 続いて第2部「うみねこのなく頃に」の番になり、試写から
スタート・・・と思ったら、今千秋監督、OPを歌う、志方あきこさん
そして、会いたかった最大の目的であるベアトリーチェ役の
大原さやかさんがいきなりの登場し、後ろの席から一緒に
試写を見る事になりビックリ。
 試写の方は、本編の完成が2日前で、OPも当日の朝まで
かかって、ようやく出来たという事で、なんだか遅れ気味で
エンディングの無い状態でしたcoldsweats01
 さて、ベアトリーチェ役の、さやかさんの出番は・・・と。
 あれーsign02 ベアトリーチェの姿は見えたものの、セリフも
無いまま終わってしまいましたよw
 1話どころか、ベアトリーチェの本格的な登場は5話目からで
8月に入ってからとの事です。
 開始当初はアフレコスタジオも総勢18名の大所帯でしたが
さやかさんが、参加された頃には数名に減っていたとか。
 ようするに、死んじゃったっていう事ですねcoldsweats02

 最後は、涼香さんや金澤監督も登場しプレゼント大会。
 さやかさん、ステージに穴が開いてるのに気が付かず
転びそうになるという、ハプニングsweat01
 捻挫とかしてなか、心配・・・というか、それ以前に、そんな
ステージ早く直してよね。

 「うみねこ」「プリラバ」と1話を見た感じでは、両作品とも
2話が気になり、今後とも視聴は決定です。
 「プリラバ」は順調そうなので問題ないでしょうが「うみねこ」は
EDが出来てなかったりと、遅れてる感じで、今後、作画が崩れて
いかないか心配な感じはしますけど、スタッフのガンバリに
期待です。
 アフレコの方は、逆に、かなり進んでる感じで、こちらの方は
問題無さそうですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中川翔子「マジカルツアー2009」 in JCBホール 感想

 ゴールデンウィーク最終日5月6日JCBホールに、しょこたん
ライブ「マジカルツアー」に行ってきました。

 ちょうど1年ぶりの、しょこたんライブnote
 天気はあいにくの雨・・・そういえば、茅原美里のパシフィコ
横浜の時も激しい雨で、ちょっと今年は運悪いかもsweat01

 会場は、男女比は半々ぐらいかな?コスプレで来てる方も
相変わらず多くて、嫌でもテンションがあがりますw

 構成は当然、今年発売されたMagic Timeが中心。
 前日、本人もレベル24になったし(おめでと~heart04)明らかに
ライブとしても経験値を積んで明らかにレベルアップしてる
感じで去年の「貪欲☆まつり」より、いい出来です。
 しょこたんも、かなりハイテンションですしねぇw

 アンコールでは、なんとマクロスFのシェリル・ノームの
コスプレをして登場sign02
 これにはビックリ、そして、こちらもテンションアップw
 
 私の歌をきけ~~sign03
 
 さすが、しょこたん、分かってるgood
 とアニソンメドレーでもってけ!セーラーふくハレ晴れ
ユカイ
God Knowsを選曲するあたりは、あ~や(平野綾)
と友達だからとか関係あるのかな。
 去年のJCBホールにも、確か、あ~やは見に来てたしね。
 ハレ晴れユカイでは、ちょっと振り付け忘れて曖昧でしたが
思わずやっちゃいましたw
 それとシェリルのコスだから、射手座☆午後九時Don’t
be late
とか期待していいのかな?と思ったら、何故かランカの
星間飛行キラッ☆

 そして、10月24日(土)の日本武道館大決定の重大発表sign03
 う~ん、土曜日は出勤日だけど、そんなの関係なしで絶対に
行かなくてはw
 HPには「1万の大コスプレが是非みたい!!」と、しょこたんの
お言葉なので、これはコスプレしないとねw
 っと、その前にチケット取れるかなぁ・・・coldsweats01

 時間としては2時間45分ぐらいかな?
 かなりのハイテンションモードと明日から仕事という現実の
鬱モードが交錯しながら、帰りましたとさw
1_4
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)